Coolier - 新生・東方創想話

境界線姫 プロローグ

2022/06/15 20:54:26
最終更新
サイズ
50.03KB
ページ数
3
閲覧数
604
評価数
8/11
POINT
920
Rate
15.75

分類タグ

 怪異とは何か。
 それは、人によって作り出された、この世界の一部である。
 この世がまだ知的生命体と呼ばれる存在、即ち人間が生まれるまでは、怪異なんてものは存在しなかった。多くの動物にとって火は『よく分からないけど熱くてゆらゆら動いている何か』であり、暗闇とは『身を顰める場所』でしかない。病に罹ったとして、それが病だと認識出来る動物はどれほどいるのだろうか。
 数多の動物にとって、自然現象とは単なる現象でしかなく、目の前で起こる何かでしかなかった。
 だが、人間は違った。
 暗闇に火。そういったものに恐れを持った。単なる自然現象でしかなかったそれらに、自然現象以上の意味を見出し、そして信仰した。火は神聖なものだと、暗闇には何か恐ろしいものが潜んでいると、病は自然現象ではなく災いなのだと、そう認識した。
 そしてその祈りは、いつしか世界の理そのものを変えた。この世ならざるものはこの世のものとなり、そうした人々の信仰・恐怖そのものを喰らう〝怪異〟が生まれたのだ。
 しかし人は、その恐怖を乗り越えてきた。
 科学は世界を解き明かした。怪異なんてものは存在しないのだと分かった。街を覆う暗闇は街灯によって照らされ、火は完全に制御され人々に利用され、病は薬によって克服された。妖怪だの幽霊だの、そんな曖昧な存在は科学的根拠という言葉によって駆逐された。
 そして時代は科学世紀となり、発展した科学は怪異なんてものをとうの昔に置き去った。もはや怪異は創作物に存在するだけの空想上の存在となった。
 いや、そうでなければならないのだ。そうであってもらわなければ困るのだ。
 空想は空想でしかない。その現実を現実のままとするべく、京都の夜で戦う少女たちがいた。

コメントは最後のページに表示されます。