Coolier - 新生・東方創想話

幻想郷名人伝

2020/08/08 03:27:04
最終更新
サイズ
3.3KB
ページ数
1
閲覧数
506
評価数
4/4
POINT
380
Rate
16.20

分類タグ

幻想郷住人達の敗北により魔界のプリンセスの地位を捨て人形遣いとなったアリス。 
こつこつと人間の里などで人形劇を行い、ちまたで評判の人形使いと呼ばれるに至り、高貴なる紅魔館に呼ばれ人形の制作を打診される。パチュリー、小悪魔、フランフラン、紅美鈴、などの注文は当たり前のように収まったことをうけ、遂に評判が主レミリアの耳に届く。レミリアは咲夜人形を作るように打診。アリスはコレを受ける。
咲夜人形を作る。見事なできばえで魔理沙や霊夢は口を極めて褒め、咲夜当人もうなずく。
ところが、レミリアはこんな物は当館に置けるかと、紅美鈴に与える。紅美鈴は満面の笑顔で等身大咲夜人形を抱きしめた。アリスと十六夜咲夜さんはそれぞれ別の恥辱で顔真っ赤。再び作り直すこととなる。
アリスは再び作る。今度も見事な咲夜っぷりの咲夜人形。しかしレミリアには収まらずこんどはフランにあたえる。自分にそっくりな人形が粉々になるであろうことを予測し青ざめる咲夜。そして、渾身の作が二度も拒絶され病み始めるアリスちゃん。
再び作り直す。
いい咲夜っぷりだが、やはり収まらずゴブリン達に投げ与える。咲夜はコレを阻止して自室に運ぶ。これにより自分の人形は三体。紅美鈴とフランとゴブリンから取り上げたまでは良かったが、自室は狭くなるしなにより不気味だ。もうこれきりにしてほしい。
代理人の魔理沙はアリスの腕が固まっちゃっているから見込みは無いと言うし、咲夜は咲夜の事情でこれきりにしたかったが、主命であるのでお願いは続く。
病むアリスちゃんはやけになって請け負う。
自分ぐらい名人になれば見なく立って作れると部屋にこもりきり。
魔理沙は心を鬼にしてアリスを叱咤する。
「見に行かずとも作れるなんて言っているが、本当は否定され続けて怖くなり表に出られないんだろう。そんな弱虫友達じゃ無い。」
アリスは反発もせず、ぐすぐす泣きながら魔界に帰ろうとする。
魔理沙はあわててアリスを引き留めながら初心に戻り、ちゃんと観察して咲夜人形を作れという。もし今度も収まらなかったら、そのときは一緒に魔界に行って添い遂げてあげるという。
燃え上がるアリス。
魔理沙が添い遂げてくれるならばもう依頼なんぞ糞食らえ、もう、むしろなにがあっても収まってくれるなという気持ちで立ち上がり、一応魔理沙への面目のために咲夜を観察に行く。
だがそこは御職人。いざ観察を始めると損得を忘れ仕事に熱中してしまう。そして、それこそトイレやベッドの時にさえ付きまとう二週間を終え、咲夜人形を作る。その間一切睡眠をしなかったアリスはぼろぼろで、咲夜は精神的にぼろぼろ。
作り始める刹那、魔理沙との約束が胸裏に去来する、しかし、職人魂が燃え上がり、雑念よ消えよとばかりに集中し、遂に新たな咲夜人形が作られる。
魔理沙はコレを見て内心だめだと思う。今度の咲夜人形は以前のより酷い。完全でも瀟洒でも無いどころか、未だ見たこと無いほどふやけきっている咲夜さん。
でもそんなこと口に出したなら、アリスは今すぐに泣きながら魔界に帰ってしまうだろうし、コレなら大丈夫だと心にも無いことを言いながら預かり紅魔館へ赴く。
咲夜は新しい十六夜咲夜さん人形を見て、さすがに瀟洒な十六夜咲夜さんだけに表情はあまり動かなかったが、眉間に一本隠しがたい筋が浮かんだ。
レミリアが咲夜人形の前に立ち、かすかに笑みを浮かべた。そして人形の周囲をゆったりと飛んで回り、手を持ち上げて握り感触を確かめ、最後に正面に回りぎゅうとだきしめた時オヤッという顔をした。レミリアは自身の頬をなで、なでたその手を見てうなづく。
「合格よ」
あのレミリアが咲夜の人形を作らせ満足した。
アリスの人形作りの腕前は幻想郷中にとどろく。
アリスと魔理沙は抱き合って泣いた。
魔理沙は友人の努力と成功に泣き、アリスは魔理沙と一緒に魔界に帰れなかった悔し涙に泣いた。
しかし、何故前の三作品がだめで、今回の作品が収まったのか、
最後の人形は、ぎゅっと抱きしめると頬や肩に鼻血がかかったという。
嘘か真か、幻想郷名人伝でした。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.簡易評価なし
1.80保冷剤削除
余裕を失くしたアリスさんが体面かなぐり捨てる成長譚というのは面白いです。ふくらまし甲斐のありそうなお話です
2.100こしょ削除
文章面白かったです
3.100終身削除
人形が気に入らなかった時のレミリアの処分の仕方がどんどん物騒になっていくの笑いました それに追い詰められていくアリスと咲夜が最後に完成させたのが自分なりに考えて工夫したやり方なんでしょうか…
4.100モブ削除
紅魔館の家具食器類はフランフランなのかもしれない。そこに視線が持っていかれました。