Coolier - 新生・東方創想話

素朴な疑問

2021/02/19 15:44:12
最終更新
サイズ
1.4KB
ページ数
1
閲覧数
312
評価数
3/4
POINT
300
Rate
13.00

分類タグ

ある日の門前。

「なあお前らってさ日本語ペラペラだが普段何語で話してるんだ?」

「う~んそうねー...」ポリポリ...

「私は基本日本語だけどお嬢様の場合英語話せるし、私にとって難しい話の時は中国語を使ってくれるわ。」

「なるほどなぁ他は?」

「んーああ。時々咲夜さんとお嬢様がロシア語で話してるのは知ってます。そのときのお二人のかおって少し怖いですが。」

「...ひょっとしてレミリアと咲夜ってどこかのマフィアなのか?」

「違うと思いますけど...あとはパチュリー様たちの魔法談義は通常フランス語なんですがそれにお嬢様がいきなり加わって三人でフランス語で会議してますね。私はフランス語なんてわかりませんからさっぱりですけど。」

「ああそういやパチュリーはパリの魔法学校出身だったな。」

「いや多分違いますけど...それから妹様と話すときお嬢様はルーマニア語を使いますね。話しやすいみたいです。まあ私も咲夜さんもちんぷんかんぷんですが。」

「まあ吸血鬼のあいつらからしたら母国語だからな。」

「とまあこんな感じですが基本は共通で使える日本語を使いますね。私や客がいないときは英語の方が多いですが。」

「なるほどな...あれちょっと待て。英、露、仏、中、日、ルーマニア...レミリアっていったい何ヵ国語を操れるんだ⁉」

「さあねー永く生きているんだし貴族だからそのぐらいの教養はある御方だからね。それに他にもコウモリ語、狼語なんかも使えるしドイツ語で呟いてたこともあるし...ほぼ全部使えるんじゃないかな?」

「そうか。」

「まあ誰でも練習すればできるわよこのくらい。」

「...コウモリ語と狼語を使うのはあいつ以外無理だぞ多分。」
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.10簡易評価
1.100ねこみこ削除
面白い
2.90奇声を発する程度の能力削除
良かったです
4.100みょん削除
面白い