Coolier - 新生・東方創想話

カロの齢~平安逡巡~

2020/11/07 22:32:13
最終更新
サイズ
1.51KB
ページ数
1
閲覧数
317
評価数
4/5
POINT
450
Rate
15.83

分類タグ


私は年齢を数えない。もはや意味は無いからね。
なるほど、姫様は確かにそうですね。
そのかわり私に言い寄って求婚してきた男の子の数えたわ。
あら、姫様その答えは?


『私って、永琳より! おばあちゃん!』



 ……永琳はまだ幼い子供だった。いや、言い寄って求婚してきたまで考えれば、世界の事を何も知らない赤子も同然だった。


「……キャハハ! 輝夜おばあちゃん! おこずかい頂戴!」

 言ってるそばから、永琳は恥ずかしくなったが、幼子だったあのころを思い出しておばあちゃんって言う発言に反撃の狼煙をあげたのだった。 

「ちょ、永琳。ちょっと、キモい」

「ちょっと、おばあちゃん。孫に向かってキモいは無いんじゃないの?」

 深く濁った瞳で、輝夜にそう訴える。その本心は永琳本人次第でクルクルと回るに違いない。

「孫? ちょっと、永琳。私は貴方の事を孫だとは思ってない」

「え、おばあちゃん? もしかして、実は過去にドロドロな昼ドラ的な事が有って実は私は孫じゃなかったの?」

 月からの使者が今昔にやってきた。あの時は、永琳が敵をやっつけておいかえした、あのあたり周辺で何か有ったという物語。

 行きずりのなんかでなんかが有って、永琳の親が輝夜とのあいだに産まれてそれからドロドロな展開で泥棒猫が……永琳の親であるに違いない。

「永琳、ごめんね。からかいすぎた。いつものね。ああ、お母さん! お母様的なポジションに戻って、西洋風にママン!」

「母の胸におはいり、輝夜」

 仲直りの印に、2人は抱擁し合ってお互いの体温を確かめる。 

「実年齢的にね……」

 その胸の中で、ぼそっと輝夜はつぶやいた。

 永琳が良く分からない薬をのんで輝夜より強くならない。

 永琳は年齢を数えない。その替わり、強さを数えているから。
チャオ
戸隠
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.50簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
ひでぇ!実にひどい!
だが斬新で面白い!
2.100名前が無い程度の能力削除
また無茶苦茶な話で面白かった。
カロの齢とか無駄にカッコイイタイトル
4.100南条削除
面白かったです
チャオ
5.100名前が無い程度の能力削除
笑いました。輝夜がマジで求婚した人数数えてそうで面白い