Coolier - 新生・東方創想話

ぐだーる

2020/10/09 22:57:49
最終更新
サイズ
2.01KB
ページ数
1
閲覧数
156
評価数
2/3
POINT
210
Rate
11.75

分類タグ

「私の弾幕はインド象も貫くぜ! って、魔理沙が言ったらドン引きよね」
「霊夢、私はそんなこと言わないぜ。なあ、そうだよなミスティア?」
「そうかもしれませんし、そうじゃないかもしれませんね」

『私の弾幕はインド象も貫くぜ!』

「だから、霊夢言わないぜ」

「あっと、霊夢さんがインド象に攻撃した場合はお札が張り付くんですか?」

「そうねぇ。……私の針は全てを貫く!」

「なあ、霊夢?」

「何?」

「酔ってるのか?」

「えぇ? まだまだよ。ミスティア! 焼酎ビール割で! 六道輪廻!」

「……なあ、ミスティア、頼まれるなよ」

「あーえっと、霊夢さんのお酒、大分薄めにしておきますね」

「ちょっと何? 二人とも顔を近づけて恋人ごっこ?」

「ははは、魔理沙さんみたいな魅力的な人を恋人に出来した男の子はきっと幸せものですね。霊夢さん。焼酎ビール割イッチョ! 出来ました」

「なかなか、強そうじゃない。でも、博麗の巫女様にかかったら泰山夫君のごとしよ!」

「霊夢待て、一気飲みする気なのか?」

「勝てば皇女の日よりアリ!」

「霊夢! ……ガンバレ! ガンバレ!」

「……魔理沙さん。ほとんど水にしておきました」

「さすができる女将さんだな」

「うっく! うっく! ……飲んだわ! どお!」

「おお、さすが一騎当千の巫女様だぜ!」

「……次は、魔理沙の番ね!」

「え?」

「乾いた、杯には新しいお酒が必要でしょ!」

「お、おう! そうだな!」

「ということで、ミスティア! 魔理沙にテキーラ!」

「お、おい! 霊夢! テキーラって、こんな屋台にテキーラがあるわけないだろ!」

「あ? あぁ? 今、私のお店のことこんな屋台って言いました?」

「い、いや、ミスティア。それは言葉のあやで、その」

「ミスティア! 魔理沙にテキーラ!」

「ちょ、だから、こんな、トコに」

「……魔理沙さん、ライムです」

「え?」

「魔理沙、心の準備は良い?」

「へ?」

「テキーラタイムです! 魔理沙さん!」

「テキーラ! テキーラ! 魔理沙のカッコイイとこ見せて!」

「なあ、これ、水だよなミス」

「こんな、場末の屋台にテキーラみたいなこじゃれたものあるわけないじゃないですか!」

「そ、そうだよぁ!」

「テキーラ! テキーラ! 魔理沙がテキーラ!」

「や、やってやらぁ! 私の弾幕五臓六腑はインド象も貫くぜ!」
ちぇーん!店
戸隠
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.10簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
ぐだぐだになりそうですね
2.100終身削除
話題の移り方が連想ゲームみたいだなって思いました テンポよく弾んでいく会話に冗談で済まなくなるまで軽いからかいが混じっていくみたいで愉快そうで良いなって思いました