Coolier - 新生・東方創想話

怖かったことの話

2014/05/22 21:46:16
最終更新
サイズ
5.15KB
ページ数
1
閲覧数
4712
評価数
28/63
POINT
3840
Rate
12.08

分類タグ



 あ、いいところにやって来た。

 ね、そこ、座って――早く箒から降りて。そこよ。座布団は自分で用意して。はい。きちんと座って。
 聞いてほしい話があるの。
 真面目な話なの。ええっと、私にとっては、うん、真面目な話よ。めったにないくらい。
 めったにないくらいよ。

 うん、ありがと。じゃ、話すね。

 この前、私はあんたに髪を切ってもらったじゃない。この前って、すぐ前のことよ。そこの庭に椅子をおいて、布をかぶって首に巻きつけて、あんたが私の後ろに立って、鋏でチョキチョキって……うん、そのこと。
 ああ、ちがうの。髪型が気に入らないわけじゃないわ。そういうのはよくわからないし……うん、全然ちがうことなの。
 言わなかったけどさ。私はあのとき、ものすごく怖い思いをしていたの。

 とても怖くて、でも、何がそんなに怖いのか、そのときにはわからなかった――あんたに髪を切られなから、私はずっと怖い思いをしていた。その怖さの正体がなんなのか、ここ数日ずっと考えてた。どんなに考えても言葉足らずで、うまく言える自信がない。きちんと説明できるかどうかも、わからない。でも、あんたに聞いてほしいと思ったの。その怖さのことを。

 ううん。髪を切られるのが怖かったわけじゃない――あんたみたいな非常識な、何をしでかすかわからない魔法使いが、私のすぐ後ろにいて、しかも鋏まで持って、私の体を自由にしている――そのことが怖いわけじゃなかった。そんなのいまさらでしょ? あんたが私に危害を加えないってことはわかってる――でも、その危害を加えないことが、つまり、あんたと私の間の信用が、私の感じた怖さのひとつの理由でもあるの。

 聞いてね。

 あのとき、あんたは私の髪を切りながら、たくさんのいろいろな話をしてくれた――季節の話や、食べ物の話、魔法の森の植物の話や、アリスやパチュリーとすすめている研究の話、香霖堂で見つけた道具のことや、あと、私たちの昔の思い出話とか――私は、うん、うん、ふうん、へえ、そう、そうね、そんなことあったわね、なんて言ってその話を聞いていた。あんたの話を聞くのは面白かったし、おしゃべりなあんたが、話をしていて楽しそうだと思って、それもなんだか心地よかった。そのときだった。私は言いようのない、とても強い、すごい恐怖におそわれたの。

 たとえば、って考えた。
 たとえば、私はあんたのおしゃべりについて、片っ端から、そんなことには興味がないし、聞いていて全然つまらない、と言うこともできた。あんたの言うかずかずの話について、いちいち揚げ足をとって、反論して、ここがちがう、あそこがちがう、と言うこともできた。
 ほんとうにそう思ったわけじゃない。ただ、私はそうすることもできるんだ、と、そのとき考えたの。
 すると、どうなるだろう。
 あんたはちょっと、ムッとするかもしれない。怒るってほどじゃないし、顔にだって態度にだって、あんたは出さないでしょう。でも、やっぱりそれは、気分を害することだと思う。それで、どうなるだろう。もしかすると、あんたは手に持った鋏で、私の喉を掻き切るだろうか。魔法の箒を持ちだして、私の頭をぶん殴るだろうか。あるいは、そこまでしなくったって、ちょっとだけ悪戯をして、髪の毛を切りすぎて、私を変な髪型にしてしまうかもしれない。

 そのどれもしないだろうってことは、もちろんわかっていた。あんたはそんなことしない。それはよくわかってる。
 だから、怖かったこと、というのは、そうじゃなくって――そんなことをしなくっても、あんたは私に、変なことを言わせない力を持っている。
 私の意見を封じて、黙らせてしまう力。そういう力をあんたは持っている。そう考えたの。そしてその、私を黙らせる力を自分が持っていることについて、あんたは気づいてもいない。そういうことを、私はあのとき考えたの。

 わかるかな。うまく、説明できてるかな。

 私とあんたは、『仲良し』なんだと思う――変なこと言ってる、と思ったでしょう。でも、そう思うんだからしかたない。私とあんたは仲良しで――そしてその『仲良し』が、手にしたものと同じような鋏になって、私の髪の毛を、喉元を撫でる。あんたはいちいち、鋏を使わなくても、私を黙らせてしまうことができるんだ。なぜって、『仲良し』を破棄して、わざわざ気まずい、面倒な気持ちになってまで、あんたの話に反論する気持ちを、私は持ち合わせないから。
 あんたは別に、私の意見を求めてるわけじゃない。ただ話してるだけで、自分の話で私をどうにかしようとか、説得しようとか、自分のなかの特定のなにかを、私に押し付けようとしているとか、そういうつもりはまるでない。あんたは自分のことを、自分の知っているいろいろなことを、思ったことを、ただ口にしているだけ。それについて、私が何を思ったとしても、あんたとは全然別のことを考えたとしても、それであんたを批判することはない。あんたも私のなにかを変えようと思って話しかけてるわけじゃない。私はきっと相槌だって打たなくってもいい。寝たふりをして、やりすごすこともできる。

 でも、私はそうしない。そうしないの。
 あんたと仲良しでいたいから。そう思ったの。
 そしてそのことについて――私を黙らせてしまう力を、自分が持っていることに、あんたは気づいてもいないということについて――私はとても、心底、おそろしいと思ったの。

 考えてみると、こういうことはたくさんあるのよ。いまのは、私とあんたの間の『仲良し』だけど――ほかにも、たくさんの種類の『鋏』がある。私を、あんたを、ほかの誰かを――黙らせてしまう『鋏』。その鋏をかいくぐって、相手に届かせることのできる言葉を、私は知らない。
 あんたと喧嘩するのは簡単。『仲良し』じゃなくなることだって、仲良しをはねのけることだって、きっと、なにかのきっかけがあれば、すぐに――きっと、たやすくできてしまうんだろう。でもそうしたら、今度は『仲良し』じゃないあんたに言葉を届かせることなんて、きっと、私にはできないだろう。
 そう思うの。

 なんだか、わかんないよね。ごめんね。きっとこの話も、届かない言葉になっちゃったと思う。
 それでも怖いから、怖かったから、あんたにぜひ聞いてほしかったの。
 うん。ありがと。



 
 
((☛(◜◔。◔◝)☚))
アン・シャーリー
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1580簡易評価
2.60名前が無い程度の能力削除
別れ話みたいだった(小学生並みの感想)
3.50名前が無い程度の能力削除
そんなこと気にしてる時点で仲良しもなにもって感じはあるけど、霊夢ちゃん空をとぶ程度の人だからね
5.90名前が無い程度の能力削除
ミス・平等の霊夢の頸に鋏を届かせることができるのはやっぱり魔理沙なのだなあと
そんな魔理沙を恐れてしまう霊夢の今後や如何に
7.70春日傘削除
何気ないところですが、
聞いてね。
の一文を挿入出来るのがとてもアンシャーリーさんらしいと思いました。
それ以降の件はまさに霊夢の話を聞くしかないので読んでいるのか聞いているのかという。
なんて効果的な一文でしょう・・・
8.80完熟オレンジ削除
もし魔理沙と「仲良し」でなくなった時、霊夢が鋏を自分の頸に当てたりしないか心配。
こういう弱った所を見せる霊夢もいいですね。
9.70名前が無い程度の能力削除
よく分からないレイマリがここにあった。
カップル特有の超抽象的概念話。
霊夢ちゃんは重力にも縛られないけど魔理沙にだけはとらわれているのか。
13.100名前が無い程度の能力削除
魔理沙だけは霊夢を捕まえていられる、そんなレイマリ大好きです
14.80ふわふわおもち削除
この話を聞かされている魔理沙の表情が、どんなに考えてみても思い浮かばない。
笑うような気もするし、切ない顔をするかもしれないし、でもやっぱり平然を装うのかもしれない。
このあと独りで思案するかもしれないし、数日後にはすっかり綺麗に忘れてしまうのかもしれない。

一文一文がきらりと光る秀作です。
15.80名前が無い程度の能力削除
なんとも不思議な空気でした
16.20名前が無い程度の能力削除
うーん
そうだね、ってなるだけだなぁ。

表現力はある。この書き方面白いな、というのもある。
ただ、ヤマなしオチなし、新しい発見なし、となるとこの点数が妥当かなとは。
17.90名前が無い程度の能力削除
友達いなさそうだな霊夢。いないんだろうけど。
5kbだからいいんですね。多いと意味消失する
19.90名前が無い程度の能力削除
似たようなこと考えたことあるなぁと。とりとめのなさがそんなかんじ
20.90非現実世界に棲む者削除
切るのは容易く、結ぶは困難。
霊夢さんは自分の気持ちをあえて仲が良い魔理沙に告白することで絆を確固たるものしようとしたのかもしれませんね。
良いレイマリでした。
21.80名前が無い程度の能力削除
哲学? する霊夢もかわいいね(´;ω;`)
霊夢にとっての魔理沙はこうなのだと思ってやっぱりレイマリは良いものだった
22.100ハマー削除
なんだかとても霊夢を抱きしめたいと思いました。
23.50名前が無い程度の能力削除
せっかく空を飛ぶ程度の能力を持つ霊夢にぴったりの題材なのだから、もうちょっと膨らませたのが読みたかったですね
着眼点は大好きです
29.80名前が無い程度の能力削除
何者からも浮いている子が、直接的な力以外で自分を拘束する存在を認識した戸惑い、恐怖
霊夢のらしさを自然に書き出せていると思いました
33.90名前が無い程度の能力削除
これがマリッジブルーというやつですね(勘違い)
34.70奇声を発する程度の能力削除
良かったです
36.100名前が無い程度の能力削除
霊夢ちゃんめんどくさい
けど可愛い
そしてちょっとわかる気もする
37.100名前が無い程度の能力削除
誰にでも絶対ある話。
39.100名前が無い程度の能力削除
良かったです

多感な霊夢の年代なら人間関係にこれぐらい緊張感があって調度いいぐらいかも
何事も少し緊張し過ぎぐらいが調度いいと思うし
巣の自分を出せるだけの関係が友人じゃない 気を使い合う緊張感を大事にする友人もいる
41.80名前が無い程度の能力削除
霊夢の縛られない自由性を考えるとき、何らかのパーソナリティ障害と照らし合わせる事はよくあります。今作、自他を客観視する言葉がつらつら出てくる所からも普段より自分の感情が浮いている事は周知しているのではないでしょうか。そんな彼女が、人によって煙たがられる態度と知って尚、 『魔理沙だからこそ』ことばとして届けてみせる。
魔理沙を裏切らない友と確信した上での頼る言葉。そうこれは霊夢なりの精一杯の呪い(祝い)なのです!

聡明な魔理沙ですからきっと察したことでしょう。

(ごめんね、とか ありがと、とか 信頼するも どこか不安な 霊夢さん可愛い)(手で、鍔を少しさげながら『ああ・・・何が有っても私はおまえの友だぜ・・・』とか心のなかで決心する魔理沙可愛い)(つまり レイマリはかわいい)
47.60名前が無い程度の能力削除
どれくらいで怒るの?どこまでなら冗談なの?コレがわかってこその親友であり
仲良しだと思いますよ霊夢さん?
52.80名前が無い程度の能力削除
「仲良し」は難しいですね。

もうちょっとふわっとした読みづらいお話しでも私は楽しめたと思うw
ふわふわ霊夢さん可愛いです
57.100レベル0削除
何を言ってるのかよく分からんが、言わんとしてる事は良くわかった
62.100南条削除
面白かったです
嫌われたくない、を霊夢が表現するとこうなるのですね
すべてのレイマリにありがとう
63.100終身削除
外に向かっていくのも、自分の内面にも向き合うのが少し不器用な霊夢にすごく形として伝わってくるような危うさと年相応に繊細なところが段々と見えてくるような感じがしました でもこういう事で悩んでいるのはどこか幸せそうだなぁと思いました