Coolier - 新生・東方創想話

氷の使い道(ショートショート)

2004/12/26 11:27:20
最終更新
サイズ
2.56KB
ページ数
1
閲覧数
494
評価数
1/33
POINT
1260
Rate
7.56

 季節は夏。
 暑さをしのぐために禊と称した水遊びでもしようと、清流を探してふらふらしていると、たまたま魔理沙の家(らしき建物)を見つけた。
 なので、お茶でも貰おうと降り立った。
 すると、庭で魔理沙が何やら構えを取っていた。
 真剣な表情。
 聞こえないけれど、口がせわしく動いているところを見ると、呪文を唱えているようだ。
 魔法を使おうとしている。
「――――」
 そして、魔力の塊が放たれた。
 マジックミサイル。
 それは真っ直ぐ飛び、家の近くに生えていた樹に炸裂した。
「……なにしてんの?」
「何だ、霊夢か。――納涼だぜ」
 魔理沙の言葉の通り、樹に炸裂したマジックミサイルは冷気の塊だったのか、一瞬で樹の枝葉を凍りつかせていた。
「自然破壊は感心しないけど」
「この森は私の庭だぜ。まあ入れ。お茶でも飲んでけ」
 私はまんまとお茶にありついた。





 -----人と人の境界-----





 ずいぶん遠回りをしたが、ようやく思った通りのモノが出来上がった。
 何度も失敗してしまい、元々1/3だった資源が1/9にまで減ってしまった。
 最初に1/3にしたのはわざとだから、それに関しては別に文句は無い。
 しかし、残った1/3の2/3も浪費(と言い張らせてもらうぜ)してしまったのは無念だ。
 だがなんとか出来上がった。
「最後のテストだ。失敗なんてありえないぜ私?」
 実験室で一人、自分自身に言い聞かせる。
 慎重に。
 針の穴に糸を通すように、ソレに魔力を通す。

 ――氷符「トランスデバイス Type-CHILL-」

 魔力が、冷気となって部屋に充満した。
「成功、だぜ」
 にやり、と口元が笑みを結ぶ。
「テスト完了」
 手に持ったスペルカードをキャンセル。
 元は、チルノ純正の氷から、丁寧に削り出し、魔術回路を書き込んだ、変換符。
「次は、派手に行くか」
 外に向かうとする。



 派手に行くにしても、結構大変なものだ。
 制御不能などという失態、わざとでもない限り、他人には決して見せられない。
「――ちっ」
 暴発一歩手前で、集中した魔力を拡散させた。うまくいかない。
 元が元だけに、回路が脆い。
 先に固着、固定のほうを改良したほうが良いか?
「違うな」
 制御がなってないだけだ。そう言い聞かせる。
 自分自身に言い訳なんて真っ平だ。
「…………」
 符に魔力を通す。
 針の穴を、糸で貫くように。

「――我が水は、風を飛び、虚空となって、我の元に戻れ」
 ――私の魔力は、熱を失い、冷気となって、戻ってきやがれ。

 行け。前だけを見ろ。
 後ろなんて振り返るな。そんな余裕がどこにある。
「GO(行け)!」
 魔法自体は簡単だ。使い慣れたマジックミサイル。
 だが変換符を通した魔力は、その属性を冷気に変換されている。
 つまり―――
(成功、だぜ)
 炸裂し生じた爆風は、強烈な冷気で以って対象を凍結させた。





「なにしてんの?」
 え――?
「何だ、霊夢か」
 平静を取り繕う。さも普通に魔法を使ったように。
「納涼だぜ」
 ほんとうだぜ?
 クリスマスは終わりましたよね?
 というわけで、ごきげんよう。

 魔理沙の努力家なところを抽出してみるテスト、なショートショート。
 これ単独でも中身は通じますが、一応「五月雨閑話」の後日談だったりします。閑話の閑話。

 二人の温度差。最後の一文が印象に残ってくれたらなぁ、と思います。
峰下翔吾(仮)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~kiwami/th/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1190簡易評価
3.70七死削除
ほうほう。 最初マジックミサイル如きで詠唱とは大げさな、
とは思っていたものの成る程成る程そう来ましたか。
魔理沙って本当に愛すべきポーカーフェイサーですよね。
あの神主さんが入れ込む訳です。

これで前半のラスト「まんまと」が最後の「ほんとうだぜ?」を
見越しての事だったら・・・・。