Coolier - 新生・東方創想話

地霊の姉妹

2009/05/31 11:44:20
最終更新
サイズ
4.6KB
ページ数
1
閲覧数
1030
評価数
3/18
POINT
690
Rate
7.53

分類タグ

・・・注意・・・

登場キャラが皆様の想像と違うかもしれませんので、ご了承ください。

あと少し百合要素が入っていますので、駄目な方は戻るのボタンを押してください





「・・・り様!!・・・とり様ぁ!!さとり様!!!」



「・・・・燐・・・空・・・・こいし」


「よかったよぉー・・・おねえちゃん」


「・・・私・・・」


こいしに抱きつかれながらも私はきいた


「さとり様とこいし様とお散歩に行ってたらしく、いきなり倒れた・・・ですよね?こいし様」


「うん・・・そこに燐と空がちょうどきて、運んでもらったの」


「・・・・そう・・・ありがとう・・・でももう大丈夫よ。」


「でも・・・」


私はなんで自分が倒れたのかわかる。


あの・・・橋姫にあってからだ、



<貴女みたいな、みんなに囲まれてる奴にわたしの気持ちなんかわからないのよだから・・・ほっておいてよ!!!!>


たしかに・・・橋姫・・・いや、水橋パルスィはそういった。


無理に心なんか読まなければよかった。



私は一人、とぼとぼ歩いていた。


「!!あら・・・お久しぶり。たしか・・・古明地さとりだったかしら」


「貴女は黒谷ヤマメ・・・・」


「そう!覚えててくれてありがとうさん!!」


「・・・橋姫はどこにいるかしら」



「橋姫・・・・ああパルスィか」


「そう。」


「あっちだよ。暇だし案内してあげる。」



「ありがとう」



・・・・・・


「こんにちは。嫉妬の姫」


「!!何しにきたの」



「・・・私考えたの」

「???」


「どうしたら貴女にわかってもらえるか。貴女を分かれるか」


「きまってるじゃない。分かり合うコトなんかでき・・・・」

「できるかもしれないのよ」


「は??」


「ついてきなさい」

「・・・??」


・・・・・・



「ただいま」


「おかえりなさいお姉ちゃん!!・・・・もしかしてうしろにいるのは・・」


「・・・ここ貴女の家よね、」


「そうよ。ようこそ、」


「・・・誘拐よ」


「?」

「無断でつれてくるなんて誘拐よ!!ああ妬ましい!!わ、わかりあうってもしかして・・・・////」


「あら、ただ一緒に晩御飯を食べるだけよ。・・・もしかして・・・期待したのかしら」


「してないわよ!!////・・・・晩御飯食べたらかえるから」


「じゃあどうぞあがってーパルスィさん・・?」

「ああこいし。この子のことはパルスィでいいのよ」


「なんであんたがゆうのよ!!」


「じゃあパルスィ姉さま?パルスィ様とか??以外にドSなのかしら?ふふ」

「・・・・アンタ死にたいの??~・・・さ・・・さと・・・。」


「・・・?」

「死にたいのかしらこの小5ロリ・・・!!」


「・・・」


いま・・・・さと・・・って言いかけた・・・



「晩御飯できたよーっ」


「はーい。玄関に突っ立てないであがりなさい」


「あ・・・わかったわ」


「「「「いただきます!!」」」」

「・・・いただきます」



とりあえず今日のご飯はいろいろ豪華だった。



・・・・帰り・・・



「ひとりで帰れるかしら」

「大丈夫に決まってるじゃない」

「ふふ・・・貴女のこと、わかるかもしれない。じゃあねパルスィ。」


「・・・・また誘ってもいいわよ・・・!!じゃあね・・・さ・・・さとり」


「!!えぇ」


私はパルスィが見えなくなるまで見送った



「・・・おねえちゃん!!」


「こいし!!」


「どうしてパルパルを誘ったの??」


「私・・・こんな能力でしょ。だから、うまく活用できないかなって。」


「かつよう・・??」

「でも・・・あんまり・・てゆうか全然使わなかった、わね。話すだけでわかりあえるのかもしれない。こんな能力は・・・意味ないのかもね」


「違う!!!!」

「!!」

「私の・・・心・・・よんでみて??能力を使わなきゃ駄目」

「・・わかったわ」


「・・・・・」

「・・・・!!こいし・・・?」

「わかったでしょ??私、お姉ちゃんのコト、お姉ちゃんとしても、一人の古明地さとりとしても大好きだよ!!」


と言って、こいしは家に入った。


「それってまさか・・・!/////」



「地霊殿の主が同様するなんてめずらしいな」


「!!勇儀」


「よぉ。」

「お酒のんできたの??」


「あぁ。すいかと飲み比べだ。まぁ一位は途中参加の天狗だったが」


「あら。」

「パルスィのコト、頼んだぜ」

「え??」


私が聞こうとしたときにはもういなかった



「・・・寒いから入ろう」






パルスィとの食事は、この一ヶ月間で何回もあった。



一ヵ月後・・・




「お姉ちゃんーーー!!!朝だよー!パルパル来てるよー!!!」


「ん・・・まだ・・・」



「もう、」


こいしはさとりの額にキスをした。



「~~!?」


さとりはガバッとおきた


「・・・・こいしの奴ーーー!!」


「あれ?パルパルいたんだ、」


「妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい!!」


「残念だけど、お姉ちゃんは私のだよ」

「なっ・・・いま、やってもいいのよ」

「私に勝てると思うの??」


「嫉妬心であんたなんか焼き尽くしてやるけど」

「私の弾幕を避けられると思ってるのかしら?」


「あんたのハートの弾幕なんK「あーもーわかったから!着替えるから出てってよ!!」




めでたしめでたし
初投稿です、梅です。

最初はさとこいにしようかとしたけれど、だんだんさとぱる方向に・・・

なんか読みにくいですね、すごく、


お母さん的なさとりんが大好きです。


姉妹モノが好物です。


今度はれいレミとかもかきたいなー・・・((姉妹じゃない


ではまた会う日まで、
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.450簡易評価
10.80名前が無い程度の能力削除
また~りと燃える嫉妬の炎と恋の埋火
二つの炎に囲まれたさとり様は大変そうだけど、とても楽しくあったかそう

ようするにほのぼのしててよかったです

僕もさとり御母様は大好きです
11.無評価削除
コメントありがとうございました!!

名前が無い程度の能力様(といったほうがいいのか>

ほのぼのしすぎてちょっとオチがありませんでしたね;;

なんだかんだいってうれしそうなさとり様が好きです!!


さとり様はおかあさんキャラがいいですよね!!
13.80名前が無い程度の能力削除
悪くないねぇ
19.80名前はないです削除
いいですねぇ
純粋なさとこいもいいですよたくさん書いてみてください
あと誤字ですよー
地霊殿の主が同様するなんてめずらしいな
ここは地霊殿の主が 動揺 するなんてめずらしいなじゃないですか?