Coolier - 新生・東方創想話

永久

2008/12/23 21:08:20
最終更新
サイズ
1.33KB
ページ数
1
閲覧数
443
評価数
3/17
POINT
470
Rate
5.50

分類タグ


夢を見る

それは決まって悪夢だ
人の命を奪い不老不死となった私の業なのだと思う

夢で見るその世界には誰もいない
ただ、永遠を生きる者だけが残る世界
生き物の姿はない寂しい世界

そこには彼女もいない

いつも私の事を気にかけて何かと理由をつけては私の隣にくる半人半獣の人間

最初は疎ましいだけだったが、時間が経つにつれて
彼女の優しさや温もりが嬉しいのだと気付いた

不老不死となり、化物と呼ばれる様になってから忘れていた人の温もり
それが恋しくて、私は夢の中で早く夢が覚める事を強く願う

・・・

目を覚まし空を見上げれば、銀色の満月がこちらを覗いている

もう暫く待てば彼女が来るだろう
それまでには頬を伝う涙を乾かさねばならない

・・・

永遠を生きる者に待つのは永遠の孤独
ならば今からでも一人でいる事になれるべきだろうか?
妖怪にも寿命はある
それこそ人間の寿命に比べれば気の遠くなるほど先の話だが
あの夢で見る様に、いずれは彼女も私の隣からいなくなる
その時私は何を思うのだろう?
死にたい、と願うだろうか?

それとも・・・

―やめた

彼女が来る気配がする
今は今の事だけを考えよう、先の事など誰にも解らない

「妹紅」

私の名前を呼ぶ声に振り向けば
向こうで手を上げてこちらに来る彼女の姿が目に映る
私はそれが堪らなく嬉しいがいつもと同じ仏頂面で彼女を迎える

彼女の『もう少し里の者とも係わりを持て』といつもと変わらない文句を
聞き流しながら
それでも彼女の声に耳を傾けて適当な相槌や受け答えをする

これで、今夜も孤独ではない
初投稿です
短いです、未熟です、正直まだまだだと自分で思います
ですが、生温かく見守ってやってください
H2O
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.320簡易評価
6.無評価名前が無い程度の能力削除
これはSSというより詩ではないですか
一文の終わりに句点もないですし

なんだか料理を食べに行って、皿に素材だけを乗せられて出された気分です。素材そのままのおいしさにしても限度があります。食べられない。
もう少し情景の描写やふたりの掛け合い、心情の変化などを入れていただきたいです。
生温かく、ということですのでフリーレスで。
7.30名前が無い程度の能力削除
ものは良いと思う。
ただ短すぎてSSとは言えない。
8.50名前が無い程度の能力削除
妹紅がどうして、そういう考えを持つようになったのか。
慧音とどういった経緯で知り合い、今のような関係になったのかという
大筋でもあれば、また違った面白さがあったのではないでしょうか?
上の方も書いてますが、文末に句点をいれたほうが良いかも。

話は悪くないと思います。
ただ、やはり若干短いので評価を出すにしても曖昧で……。
話の内容は良いとは思うのですがね。
次回、成長した文章を期待してるということで。
14.70名前が無い程度の能力削除
詩的で中々素敵だと思いましたよ。自分は結構こういう作品は好きです。
ただ、短い上に使い古されたネタなので、物足りなく感じる方は多いかもしれませんね。
ちなみに、… や ― は、…… や ―― の様に、二つ以上繋げて用いるのが一般的のようです。必ずではないですが。