Coolier - 新生・東方創想話

レティチル座エンジェルス・サバイバー

2006/10/12 13:26:35
最終更新
サイズ
3.25KB
ページ数
1
閲覧数
284
評価数
3/25
POINT
1120
Rate
8.81
 めずらしいこともあるもので、
 幼精イヤ妖精チルノが本を読んでいる。

「ふむふむ」

 が、ようよう観察してみれば、
 じつはただ挿し絵を眺めているだけにすぎない、
 という舞台裏がすぐにわかる。

「ほっとけ!」

 ま、そうしますがね。
 ところでその本はいったい、どうしたのやら?
 白黒魔法使よろしく、かっぱらってきたのかしらん。

「そんなはずないでしょ!」

 そりゃ申し訳ない。

「あたしは泥棒なんかしないわよ。
 まぁ、強盗ならヤブサカじゃないけどさ」

 むしろ強盗のほうが悪いような気もするけどなぁ。
 じゃ、その本もゆすり取ったとか?

「違うわよ!
 町の道具屋が湖に行商に来ててね。
 ずうーっと眺めてたら、
 これをあげるからアッチへお行き、って言われたのよ」

 なぁんだ、物乞いじゃないか。

「誰が×××よ!?」

 で、いったい、何の本?

「知らないね。『きみにはお似合いだろう』って、
 道具屋は言っていたけど」

 ナントカにつける薬、みたいな本かしら。

「バカ。これのどこが薬なのよ」

 あなたはそれでいいよ。

「ふんだ。ほめたって、貸してやらないよ」

 べつにいいけどね。

「まぁでも、どうしてもって言うんなら、
 ちょっとだけ見せてあげてもいいけど」

 いや、無理には特に。

「素直じゃないわね!
 そういうの、何ていうか知ってる?
 『素直になれない子』っていうのよ」

 ほほう。

「ああ、もう。仕方ないわね!
 そんなにいうなら、ほら、
 ちょっぴり貸してあげるわよ」

 うーん。まぁ、いいけど。
 パラパラ……
 へぇ、ちゃんとした物語のような。

「どんなもんよ」

 そこ、威張るところじゃないと思うけど。
 えーと、なになに? むかしむかし……



 『とある妖怪の物語』

  むかしむかし、とあるところに、
  冬の妖怪がひとり、すんでいた。

  その妖怪は冬いがいは寝ていて、
  秋がおわるとノソノソ出てきて、
  春がくるまでのんびり過ごして、
  ノソノソと眠りにつくのだった。

  ある時妖怪は寝過ごしてしまい、
  目覚めると冬はもう終わりかけ。
  これはうまくないと思った妖怪、
  冬の引き伸ばしに、はかりごと。

  ところでこれはあまり世間には
  知られていないことではあるが、
  春が来るのは、世の人妖たちの
  「花見をしたい!」という願い、
  その強さに左右されるのである。

  そこで彼女は得意の寒気を操り、
  桜吹雪さながらの雪吹雪を作り、
  人妖を大いに惑わせたのである。

  そのかいあって……かどうかは
  定かでないが、冬は存外長引き、
  彼女は地上暮らしを満喫できた。

  この手を使えば、今後もつねに
  冬を長引かせられるかも、だが
  彼女はもう二度とやるまい、と
  心に決めていた。なぜかって?

  この冬の終わりが長引いたなら、
  次の冬の始まりが遠ざかる道理。
  冬が始まる折りの心躍る嬉しさ、
  それをなかなか味わえないのは、
  たいへんな不幸であるから、と。



「どうよ! オモムキブカイでしょっ」

 意味分かってなさそうだね。
 それにしても、なんであのお人は、
 この本を寄こしたのかしら。

「さぁね!」

 聞いた私がバカでした、と。

「それにしても、この妖怪は、豪気よね。
 雪吹雪を起こして、
 世の人妖に雪見を楽しませたんだもの」

 やっぱり、本文は読んでなさそうだね。

「よし決めた! あたしは氷吹雪を起こして、
 氷見を流行らせてやるわ。
 そうすりゃ、幻想郷じゅうの人妖が、
 あたしをたたえるってものよ」

 やめといたほうがいいと思うけどなぁ。

「なんでよ!」

 だって、雪見酒はなんとかなっても、
 氷見酒はチト無理だもの。

「ああ、それもそうね」

 この素直なところが、彼女のとりえなのでした。
タイトルはここのところハマっている某ゲームから……

とはいえ、幻想郷で女子プロ弾幕を経営する話ではないので、そういう想像をなさった方には、不覚お詫びする所存です。わざと誤字するのがコツだ。と何故かハルヒ風に。
STR
http://f27.aaacafe.ne.jp/~letcir/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.910簡易評価
4.70名前が無い程度の能力削除
チルノは、チルノだな。
あるがままにて、それが彼女だ。羨ましいな、羨ましい。
毎度途中にちょいとひねりこまれてる閑話を読むのも、楽しいのです。良い話。
10.80削除
最後の「ああ、それもそうね」のとこでストンと落とされた感じがして、何やらツボに入りました。やはりチルノはかぁいい。
14.60床間たろひ削除
やっぱりチルノは可愛いなw