Coolier - 新生・東方創想話

こいここAIストーリーズ

2023/08/25 10:25:45
最終更新
サイズ
11.58KB
ページ数
1
閲覧数
745
評価数
3/5
POINT
380
Rate
13.50

分類タグ

①感情の針金芸術
公園の中心にある大きなベンチで、こころは静かに針金を捻じ曲げていた。彼女の無表情な顔はその作業に対する彼女の集中と情熱を隠していた。太陽が彼女のピンク色の髪を照らしている中、彼女の手は確かに、そして繊細に針金を形作っていた。

「こころちゃん、それ何してるの?」と、風のように軽やかな声が聞こえてきた。こいしは、一瞬のうちにこころの隣に現れた。

こころは頭に驚きの面を浮かべながら答えた。「これは、針金芸術よ。私の気持ちを形にするんだ。」

こいしは目をキラキラさせて興味津々に見つめていた。そして、彼女は針金を手に取って自分も形を作ろうとした。しかし、彼女の動きは予測がつかず、こころが一生懸命に作っていた作品が崩れてしまった。

「あれ?こんなの初めて見る!面白い形だね!」とこいしは楽しそうに言ったが、こころの頭には苛立ちの面が浮かんでいた。

「それは、私の大事な針金芸術だったの…」こころの声にはわずかな落胆が感じられた。

こいしは真剣な表情でこころを見つめ、短く頷いた。「ごめんね、こころちゃん。わたし、無意識…」

こころはしばらく沈黙を守った。そして、深呼吸をして、喜びの面を顔に浮かべた。「いいわ。新しいものを一緒に作ろう。」

こいしは笑顔を見せて、ワクワクとした目で答えた。「本当に?わたしと一緒に作ってくれるの?」

「うん。でも、ちゃんと私の指示に従ってね。」と、こころは身振りを交えて言った。

こいしは頷きながら、こころの指示に従いながら針金を捻じ曲げていった。時には失敗もあったが、2人は笑ってそれを楽しんでいた。

夕暮れ時、二人は完成させた針金の芸術を公園に置いて、満足げにそれを眺めた。こころはこいしに向かって手を差し伸べ、こいしも嬉しそうにこころの手を握った。

「今日は楽しかったね。ありがとう、こころちゃん。」

「私もありがとう。一緒に作るのは楽しいわ。」

二人は夕日に照らされながら、公園を後にした。そして、ベンチには2人の絆を象徴するような美しい針金の芸術が残されていた。

しかし、数分後、公園には小さな子供たちが集まってきて、2人が残していった針金の芸術をじっくりと眺めていた。ある子供が言った。

「これ、ジャングルジムだよね?」

隣の子供は頷いて、「うん、それにしても変わった形のジャングルジムだね!」と言いながら、二人の「芸術品」を楽しそうに使い始めた。

公園の上空から、こいしとこころが子供たちの楽しそうな姿を見ていた。こころは無表情なまま、しかし彼女の頭には「驚き」の面が浮かび、こいしはあどけなく笑って言った。「あれ、私たちの芸術作品が子供たちの遊び場になってるよ!」

こころは短く頷き、身振りで「まあ、それも一つの形」と意味するジェスチャーをした。そして、彼女はゆっくりとこいしに向かって言った。「最後に、私たちの作品が楽しんで使われているのを見るのは、結構な喜びよ。」

「うん!」こいしは頷きながら返事をした。「でも、次回はちゃんと看板をつけようか。

『こちら、ジャングルジムではありません』ってね!」

二人は笑いながら公園を後にした。そして、その日の夕暮れは二人の友情と、予期しない笑顔の花を咲かせる特別な日となった。


②魚の王様のご馳走
深い森の中にある秘密の池のほとりで、秦こころと古明地こいしは日常の喧嘩を繰り広げていた。こころが池に投げ入れた石が、こいしの大切なおもちゃのボートをひっくり返してしまったのだ。

「こころちゃん、わたしのボート!なんでひっくり返してしまったの?」こいしは、驚きの表情を浮かべてこころを見つめた。

こころはいつものように無表情だったが、彼女の頭に浮かぶ能面は「驚き」を示していた。そして、身振りで「ごめん、意図してやったわけじゃないの」と説明しようとした。

しかし、こいしは池に飛び込んで、自らのおもちゃのボートを回収しようとした。その際、滑って大きな水しぶきを上げ、頭に小さな魚が乗ってしまった。

こころはその光景を目の当たりにして、頭の「笑い」の面を浮かべ、身振りで「それ、新しい帽子?」とジョークを飛ばした。

こいしは「えー、こころちゃん!助けてよ~!」と叫びながら、魚を頭から取ろうともがいた。

こころはその場面を見て、彼女の特技を活かして周囲の魚たちを落ち着かせ、こいしの頭の上から小さな魚を取り除いた。

突如、こころが「思いつき」の能面を浮かべ、身振りで「もし私たちが魚だったら?」と提案した。

こいしは目を輝かせ、「それなら、私が魚の王様になって、こころちゃんをお城に招待するんだ!」と興奮して答えた。

こころは無表情ながらも「招待」という面を浮かべ、続けて「でも、王様って、美味しいご馳走を出してくれるの?」と身振りで質問した。

こいしは少し考えてから、「うーん、魚の王様だから、プランクトンのフルコースかな?」と答えた。

こころは「失望」の面を浮かべて、身振りで「それなら、お断り」と答えた。

こいしはふざけて「えー、せっかくのプランクトン料理だよ?」と言いながら笑った。そして、森の中の秘密の池は、今日も二人の笑い声で満ちていたのだった。


③『地下の滑り台騒動』
森の中でのピクニック。秦こころと古明地こいしは、柔らかい日差しの下、のんびりとした時間を過ごしていた。二人はたまに喧嘩をするが、基本的にはとても仲良し。

「こいしちゃん、こんなに静かな場所、初めて来たわ」と、こころが両手を広げて周囲を指差しながら話した。その後、頭の上に浮かぶ「安堵」の能面を見せつけて微笑んだ。

「私も初めてだよ。でも、とっても気持ちがいいね!」こいしは笑顔で返答。

しかし、そののんびりとした時間は、こいしの一つの発見で一変する。地面に開いた大きな穴を見つけたこいしは、興味津々でその穴を覗き込んだが、突然足を滑らせて中へ!

「こいし!」こころは驚きの「驚」の能面を浮かべながら、手を振り上げてその穴に駆け寄った。深い穴の中から、こいしの楽しげな声が聞こえてきた。「こころ〜、これ、めっちゃ楽しいよ〜!」

こころは迷わず穴に飛び込み、こいしを追いかけた。

滑り台は複数の分岐点を持ち、こころは「迷惑」の能面を浮かべながら、どの道を選ぶか決断に迷っていた。その結果、たまたまこいしと同じルートを選び、二人は再び出会うことができた。だが、その終わりには大きな水たまりが!一気にその水たまりへダイブしてしまう二人。

周りからは、その様子を見ていた動物たちの驚きの声や笑い声が聞こえてきた。

こころは「照れ」の能面を浮かべて水から上がり、髪を振り乱しながら頭上の「驚き」の能面とともに嘆息した。こいしは笑顔で「驚きだったね!」と返した。

その後、二人が水たまりの隣で休憩していると、地面に「地下滑り台使用許可証」を見つける。こころはそれを拾い上げて読み上げる。

「この滑り台は非常に危険なため、使用する際には許可証が必要です。違反者には厳しい罰金が科せられます。」

こころは目を丸くして、両手で頭を抱えながら「どうしよう、こいしちゃん…!」と叫んだ。

しかし、その「地下滑り台使用許可証」の裏を見ると、大きく「ただ今、体験キャンペーン中!今日のみ自由にご利用いただけます!」と書かれていた。

こころは「えぇ...」と、ぽかんとした顔で言葉を失い、頭上には「困惑」の能面が現れた。

こいしは大声で笑いながら、こころの肩を叩いて「こころちゃん、裏を読むのも大切だよ!」と茶化した。

こころは溜め息をつきながらも、こいしの笑顔につられて笑い、「たしかに…」と返して、二人は再び笑いながら森の中へと帰っていった。


④『古都のお守りトラブル』
古都の風情ある石畳の通りを歩く二人の姿が目立っていた。こいしが胸元の袋から取り出した無数のお守りを手に持ち、ふとこころに見せて言った。
「こころちゃん、このお守り、特別なんだよ!」
こころは石畳の隅の茶店の前にある石のベンチに腰を下ろし、お守りをじっと見つめた。
「また新しいのを買ったの?」
こいしは得意げにうなずき、昨日の神社訪問を思い出して言った。「うん、でも一つだけ昨日買ったお守りがないんだよね…。」
こころは瞳を細めて、頭上に疑問の面を浮かべながら言った。
「だから、全部持って歩くなって言ったでしょ。どうして聞かないの?」
こいしの頬が膨れ、不機嫌そうに言った。「だって、大切なんだもん。」
「そんなにたくさん持ってたら、失くす確率も上がるでしょ!」とこころは口調を強めてこいしを指摘した。その様子は、こころの身振り全てからも伝わってきた。
「でもね、こころちゃん…」こいしは少し泣きそうな顔をして、こころの隣に座りながら小さな声で言った。

「そのお守り、こころちゃんと一緒に買った特別なものなんだよ。」

こころは少し困った様子で、こいしの方を向いた。そして頭上に「考え中」の面が浮かび上がると、「わかった、探そう。」と決意を固めた。
古都のはずれにある神社へと向かう二人。道中、こころは周囲の古い建築物や風情を感じ取りながらも、心の中でこいしの行動に困惑していた。一方、こいしはお守りのことで頭がいっぱいで、足早に神社へと向かっていた。

神社に到着すると、二人は石段や参道、社殿の近くなど、昨日訪れた場所を順番に探し始めた。こころはじっくりと境内を探し、こいしは昨日手を合わせた場所の周りを慌ただしく見回した。
時間が経つにつれ、夕暮れの古都の風情が増していく中、ついにこいしは神社の参道の端にある灯籠の隙間に挟まれたお守りを見つける。

「よくそこに落ちるな」とこころが溜息をつくと、彼女の頭の上には「あきれた」面が浮かんだ。
こいしはにっこりと笑いながら「こころちゃんが手伝ってくれたおかげだよ」と感謝の言葉を伝えた。
こころは、無表情な顔で「次は、もっと気をつけてね」と言いながら、こいしの頭を軽く叩いた。
「うん、約束する!」こいしは元気に返事をしたが、彼女の後ろでは、新しいお守りが既に灯籠の隙間に挟まっているのだった。
「また落としてるよ…。」

こいしは顔を赤らめて「ごめんね、でも一番大切なのは見つけられたから!」と言った。

「でも、もう少し大切にね。」
そう言ってこころは、こいしの落とした他のお守りを一つずつ拾い上げる。
そしてこころはあることに気付き、苦笑いして言った。

「…こいしちゃん、そのお守り、私のだったよ。」

こいしは驚いた表情をして、お守りをよく見てみると、確かにそこには「こころ」と書かれた名前のタグが。二人は一瞬お互いを見つめた後、大笑いして古都の夜景を楽しみながら帰路についた。


⑤能面と夢の絆
空を飛ぶ魔法の島、ファンタジア。この島では、様々なエンターテインメントが繰り広げられるが、中でも一際注目されるのが「夢のステージ」だ。

こいしとこころは、このステージでの共演を夢見る二人組。こいしは自由で優雅な舞踊を得意とし、こころは感情の深淵を能楽で表現する。

あるリハーサルの日、こいしは練習の最中、舞い上がりすぎてこころの大切にしていた能面をひっくり返してしまう。その瞬間、能面が床に落ち、ひび割れてしまう。

こころはその場に立ち尽くし、無表情なまま、手を挙げて、掌で顔を覆い、悲しみを表現する。そして、柔らかい口調で、「これは…私の祖母からの形見だったの…」とつぶやく。

こいしは慌てて謝る。「本当にごめん、こころ。何とかして新しいものを見つけよう。」

二人は島中の名工を探し始める。旅の途中、彼女たちが求めているものを手に入れるヒントが伝説の能面職人、豊聡耳神子にあるとの情報を得る。

彼女を訪ねる道中、二人の前に数々の困難が立ちはだかる。

1. 迷いの森
ファンタジアの南に位置する森。ここでは時間が錯綜し、真っ直ぐ歩いても出口が見当たらない。
こいしは無意識の力で感じた直感に従い、こころの手を引いて先へ進む。

2. 感情の沼
沼の周りには悲しい記憶や出来事が映し出され、近付く者を襲う。
こころは感情を操る能力を利用して、ポジティブな記憶を増やし、こいしを背負って沼を安全に渡る。

3. 月下の舞台
うさぎ達の前で二人は即興で舞台を演じなければならない。
月明かりのもと、こいしの舞と、こころの能で観客を魅了する。

4.風の峡谷:
この峡谷は強風で知られ、その風は時に人を吹き飛ばすほどの力を持つ。
こころが怒りの感情を込めて能面を上げると、峡谷の風が一時的に打ち消された。その隙をついて、二人は峡谷を越えた。

5.欲望の鏡:
こころとこいしは、次なる場所、欲望の鏡の前に立たされた。この鏡は前に立つ者の最も強い欲望を映し出す。しかし、その欲望に囚われると永遠に鏡の中に閉じ込められる。
こいしは無意識の力で、二人の真の欲望、すなわち未来への道のりを鏡に映し出し、鏡の試練を突破した。

6.幻想の森の迷路:
最後の試練は、神子の住む森、幻想の森の迷路だった。この迷路は、入る者の心の迷いを物理的な形で現す。
こいしは自身の無意識の力を駆使し、心の迷いを排除。一方、こころは感情の変化を通じて、正しい道を探し当てた。

ついに神子の住む屋敷にたどり着く。神子は予想以上に若々しく、しかし彼女の眼差しの中には深い知識と経験が宿っている。

「新しい能面を作るためには、二人の絆を試す試練を受けなければならない」と神子は言う。こころは彼女の前で深々と頭を下げると、「私たちの絆は、どんな試練も乗り越えられる」と確かな声で語った。

試練は、こいしとこころが心をシンクロさせ、互いの力を最大限に引き出すこと。練習の時間は限られており、二人は日夜、疲れを知らず練習に励む。

ついにステージの日。
観客の前で、こいしの無意識的舞踊と、こころの深い感情を込めた能楽が絶妙にリンクし、観客は息を呑む。

舞台が終わり、こいしはこころに向かって「ありがとう、最高の共演だったわ!」と感謝の言葉を述べる。こころは、軽く頷き、無言で彼女の手を握った。

「私たちの絆は、このステージで証明されたわ」と、こころが静かに言い、こいしと共に観客に向かって深くお辞儀をする。

観客からの大きな拍手が、こいしとこころの絆を祝福するかのように鳴り響いた。


おわり
 タグや概要の通り、全てchatgpt4.0によるAI生成です。
 想像以上に可愛いこいここが飛び出してきたので、投稿した次第でございます。失礼致しました。

 以下が、今回の出力における主な手順と指示内容でございます。

①2次創作の物語を描くことはできますか

②東方projectシリーズの登場キャラクターである、「古明地こいし」と「秦こころ」のコメディを書いてください。

③あなたはプロの小説家です。
古明地こいし、無意識を操る程度の能力を持つサトリ妖怪。薄緑色の髪です。心を読むことはできない。無意識に動いているので何をするのか予測がつかない。物を浮かせることはできません。
秦こころ、感情を操る程度の能力を持つ面霊気。ピンク色の髪です。どんな時も無表情です。感情の起伏が激しく、身振りと口調と頭に浮かぶ能面の種類で感情を表現する。身振り手振りの様子を描写しつつセリフも入れてください。
2人は仲良しですが、よく喧嘩をします。

(③は最終的な設定内容で、生成してもらいながらこちらが監督する形で、徐々に設定を付け足していった結果でございます。そして③の内容に、見たい物語やジャンルを書いて指示しました。)
AIKKK
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.100簡易評価
1.100南条削除
面白かったです
AIってこんなかわいい話が書けるんですね
3.90奇声を発する程度の能力削除
面白かったです
4.無評価常に動く程度の能力削除
aiってすごいな
6.90名前が無い程度の能力削除
誰かがやってるだろうと最新作品集を読みにきて、感想を書いてるうちに余白が少なくなったので作品にしました。無意識ってこわい。冒険に乾杯。