Coolier - 新生・東方創想話

全自動お掃除ロボット『ル〇バ』

2022/11/08 22:53:33
最終更新
サイズ
3.55KB
ページ数
1
閲覧数
349
評価数
6/9
POINT
710
Rate
14.70

分類タグ

 大学生の1人暮らしというのは何かと時間が足りないもので、学校にバイト、家に帰ってきてからはご飯を作って洗濯に明日の準備など、いつの時代になってもこの例に漏れることなく下宿生は多忙なのである。そんな忙しい日常でも、多少の楽を使用と思えばできる方法もある。
 それが、全自動高性能お掃除ロボット、通称『ル〇バ』である。
 このル〇バは一人暮らしの大学生にはまさに天からの賜物のようなもので、煩わし日々の掃除を肩代わりしてくれる、科学世紀最新の家庭用お掃除ロボットである。一人暮らしをする人にとってはル〇バの導入は必須のようなもので、わたし宇佐見蓮子も当然有している。
 ただこのル〇バ、唯一の欠点が非常に壊れやすい点にある。カーペットの巻き込みなどでモーターが壊れたりすることが多々あるのだ。ル〇バの登場から早数十年以上経つが、未だにこのような欠点は解消されずにいる。このような不具合が相次ぐため、ル〇バユーザーは長年の経験から、ある程度自分自身で修理をできる知識を有している人も多く存在する。かくいう私も、元から機械などにもある程度精通しており自分自身のル〇バや、相方のメリーのル〇バを直したりすることが良くある。

「えっと、ここの部品は...っと」

 そのようなちょっとした特技を持っていると、ル〇バのメンテナンスなどにも詳しくなるもので、今日は祝日だが朝からル〇バの簡単な部品の交換や細かい手入れなどを行っていた。

「よし、これで大丈夫かしらね」

 ル〇バのメンテナンスを終えて、交換した車輪とモーターが正常に動くか確認するため、電源を入れる。問題なく動いていることを確認出来て、我ながら満足な感情に浸りながら、メリーに修理が終わったことを告げる。 

「ほら、治ったわよメリー」
「ありがとう、助かったわ」

 本当蓮子はなんでもできるわね。流石だわ。などと素直な賛辞の言葉を投げられ、少し照れ臭い感じになった。あまり気にしたことではないが、やはり何か自分がやったことについて褒められると気持ちがいいものである。

「大したことじゃないわよ。それにしてもメリー、フィルターの目詰まりもひどいわよ...全く、ちゃんと自分でメンテナンスするようにも心掛けてね」
「あら、手厳しいわね蓮子。わかったわ、ちゃんとメンテナンスの回数増やすようにするわ」

 機械が繊細であることを念入りにメリーに伝え、ちゃんとメンテナンスの頻度も上げることをわかってもらい、ル〇バの調整用の道具を片付けた。
 

 
 ル〇バのメンテナンスの片づけも終わり、私は午後からの用事のために急いで身だしなみを整える。また待ち合わせに遅れると、何言われたもんかわかったもんじゃないなあと思いながら、手早く持ち物の準備をする。

「それじゃあ私ちょっと出かけてくるから、家の掃除頼むわね、"メリー"」
「ええ、いってらっしゃい蓮子」

 メンテナンスを終えて、上機嫌なメリーに家の掃除をお願いして、急いで待ち合わせ場所に向かう。午前中にしっかりと手入れしたことが功を奏し、帰宅するころには家がピカピカになっていることだろう。

「それにしても、イマドキの自動掃除機ってのは本当に便利なものね」

 家の鍵を閉めながら、改めて科学世紀の技術力には驚かされるものである。
 最新のル〇バは人型であり、簡単な日常生活を送ることができ、外観や性格などもフルオーダーメイド可能で、それこそ普通の人間とそう変わりないような動作が可能となっている。もちろんメイン機能である掃除も家の隅々まで、それこそ人型でないと掃除ができないような細かいところまできっちり掃除してくれる。まさに一家に一台、いや、一家に一人のル〇バの必要性を感じる時代が来ているのだ。

「あ、やばい!ゆっくり過ぎたわ」
 家の"メリー"に構い過ぎていたため、予定より家を出る時間が遅くなっていたことに気が付き早、若干の焦りが出てきた。早く行かないと、本物のメリーにまたどやされるのは明白である。

「でもまあ、怒ってくれるのは人間の特権かもね」

 そう思うと、またメリーに遅刻して怒ら得れるのも悪くないなと、少し口元が緩む。怒られることへの期待と不安を胸に、メリーの待ついつもの喫茶店まで早歩きで向かう。
 今度はメリーの"蓮子"も手入れしないとなあ、などと思いながら向かう今日の足取りは、いつもより軽かった。

Twitter:@Kaoru_Suzuri
カオル
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.150簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
面白かったです
2.90相月八舞兎削除
そう来たか、二周しました
3.80東ノ目削除
個人的には星新一のショートショートのように、オチを一気に急転直下させるような書き方の方が好きだったかな、とは思いました。それはそれとして二次創作ならではのアイデアで面白かったです
4.100名前が無い程度の能力削除
二度見したよ、予想外の展開だわ
5.100名前が無い程度の能力削除
面白かったです。ル〇バすげえ!
8.100南条削除
面白かったです
話を聞く限りガンタンクみたいな形状でしょうか