Coolier - 新生・東方創想話

霊夢は妖精になつかれる

2022/05/06 21:57:06
最終更新
サイズ
2.21KB
ページ数
1
閲覧数
936
評価数
3/5
POINT
370
Rate
13.17

分類タグ

博麗神社の縁側では、博麗霊夢が怪我をしている妖精の手当てをしていた。依頼の帰り道に怪我をしていた妖精を発見して、保護したのだ

「動いたら、包帯巻けないから動かないで!」

妖精は霊夢の言うことを聞いて、おとなしくする。包帯を巻き、手当てを終えると草村から大妖精とチルノが出てきた。

「あんたたちは…隠れなくてもいいのに。」

「いや…あの子を神社に連れ去ってたので、どうするのか気になっちゃって…」

「連れ去ってないわよ!保護したのよ。怪我してた子を見捨てるなんて、私には気分が悪いわ。」

「霊夢!お礼に凍らせた蛙あげる!」

チルノは凍らせた蛙を霊夢に渡そうとするが、横から洩矢諏訪子が分社から出現してチルノに怒った。

「チルノ!蛙は凍らせたらダメだって、言ったはずだよ。」

「げ、諏訪子だ。」

「あ…可哀想に…この蛙は私が供養する。」

「諏訪子。その蛙はまだ生きてるわよ。」

霊夢が凍らせた蛙に結界を施して、札を張り付ける。霊夢の発言に諏訪子が目を見開いて、霊夢を見る。

「生きてるの!?」 

「ええ、その蛙…紅魔館の近くにいた蛙よ。妖力を取り込んでるせいか、半妖になってるけど…」

氷が溶けて蛙が目覚めると、諏訪子に近づいてきた。

「ん?私の手に乗る?」

蛙は諏訪子の手を暫く見ている。手に乗っていいのか伺っている様子だ。諏訪子は蛙の頭を指で撫でると、手に乗った。

「手に乗ったよ!」

「なついてるわね。」

「私と一緒に来る?」

諏訪子は蛙の頭を指で撫でると、蛙は指を舐めている。

「霊夢。この子は私が引き取るね。」

「わかったわ。」

諏訪子は蛙を引き取り、帰っていった。

「さて、手当ては終わったけど…貴女はどうする?」

妖精は眠たそうにしているので、霊夢は妖精を抱き締める。一瞬だけ緊張していたが、霊夢が優しいとわかると、抱き締められたまま眠った。

「チルノ、大妖精。この子が起きるまで休んでなさい。」

「はーい!」

「チルノちゃん。静かにしないとダメだよ!」

チルノと大妖精が部屋に行っていると、妖精が目を覚まして、目の前にある霊夢の顔を見て顔を赤くする。

「怪我は大丈夫?」 

聞かれて、妖精は何度も縦に頷いた。安心した表情になる霊夢は、妖精を離そうと考えたが、なんだか妖精の表情が涙目になっていた。離れたくないらしい。

「また、来て良いわよ。今度はお茶を出すわ。だから、帰って休みなさい…わかった?」

妖精は小さく頷いて、チルノと大妖精のもとに向かった。

(妖精になつかれちゃったわね…面倒なことを起こしてるわけでもないし…良いわよね。)

霊夢は境内の掃除をして、1日が過ぎていった。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.80簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
妖精がかわいい
2.100南条削除
面白かったです
面倒見のいい霊夢が素敵でした
カエルも無事でよかった
3.90奇声を発する程度の能力削除
面白かったです