Coolier - 新生・東方創想話

春の狛犬さん

2022/03/06 22:29:54
最終更新
サイズ
0.97KB
ページ数
1
閲覧数
579
評価数
0/3
POINT
100
Rate
6.25

分類タグ

桜は良い。と私は心から思う。

「ちょっと、あうん!桜見てないで手伝いなさい!ただでさえ人手もお賽銭も少ないんだから!」

「はーい」
こんな他愛のないような会話がされながらも着々と準備されている。

「……おーい、もう酒がないぞぉ。」

「始まってないのに飲むな!」
萃香と霊夢は「酒がない」「飲むな」とどうでも良さそうな会話である。

「私は早めに終わらせますか。」
冷静に判断し火種が飛ばされないように準備をするあうん。

「地上の宴会はいつも楽しいけど準備が面倒ね。友人様呼んじゃおうかなぁ。」

「クラウンピースさん、それは・・大変になっちゃう。」

「あたいも本気で言ったわけじゃないよ。手伝おうか?」

「ありがとうね。じゃあ。あっちのあれを・・」

二人はいつの間にか仲良くなっているようだ。

「……できたぞぉ。霊夢ぅ。」

「早いのね。さすがは鬼。」

「集めますか!皆さんを!」

「あたいもご主人様達呼んでこよう。あとはあの妖精達・・は勝手に来るか。」

「さあ、始めるわよ!宴会を!!」

今年の宴会も楽しくなるだろう。
片付けは・・彼女達なら数時間で終わるかもしれない。
4月も近いので軽く書きました。
点数やコメントお願いします。
幻想のO
[email protected]
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.100簡易評価
0. コメントなし