Coolier - 新生・東方創想話

カセットコンロ!カチャカチャ!

2021/11/20 12:38:13
最終更新
サイズ
1.53KB
ページ数
1
閲覧数
559
評価数
5/6
POINT
480
Rate
14.43

分類タグ

今日はカセットコンロカチャカチャするっす!
はぁ、そんなこと何が楽しいの?
あ、霊夢さん。ほらそのっす……カセットコンロカチャ…カチャ……っす
あれ、火花が出るとこ割と面白いかも?



『それから霊夢さんは戸隠からカセットコンロ取り上げたっす。私がカチャカチャしてるからアンタはこのコンロでお鍋するから材料調達して来なさい。って……』

霊夢「トガクシの良いとこ見て見たい! ハイ! ハイ! ハイ!」カチャカチャカチャ!
 


 そんな事が有って、カセットコンロカチャカチャした罪によって食罪さがシンドバットっす!!!



 折しもその歳は、山からの雪解け水が絶え間なく川に流れ出ているので水源に問題はいっすが。予想以上の遅霜と春先から続いた”やませ”によって凶作だったっす。
幻想郷は外から見たらとても素敵な所だったすが、実質は近代化が遅れた貧困と隣り合わせの区域っす。
 
 あの少し黄色っぽいアルミ系金属の鍋に水を入れたところまでは良かったすが、食材が見つからなかったっす。

「……やばいっす。水以外みつからないっす。水だけで鍋すると怒られるんじゃないっす?」

 水で水を煮ることによってつくられた美味しいお鍋が楽しめたあの頃に戻りたいっすう。

 冷たい冬の冷気がふきすさんで早くも秋を駆逐したレティさんの襲来を告げてるっす。

 神社からおそらく早く食材を見つけて来いと、遠くでも良く響くカセットコンロをカチャカチャして催促する音がしんしんと響き渡っているだけだったっす。

 焦りと焦燥で涙がこぼれそうになって見上げた空には一番星の明星様が輝いて居たっす。

 するとふいに、カセットコンロのボンベが空だった事を思い出して全てがもうどうにでも良くなったっす。

 だから、その場で鍋の真水をなんとなく勢いでがぶ飲みした後に、クローゼットに隠れたっす。
ニャオ!
戸隠
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.30簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
水で鍋すれば良いよ!
2.90名前が無い程度の能力削除
霊夢がカチャカチャしてるところ想像すると面白い。
4.100名前が無い程度の能力削除
カチャカチャ
5.60めそふ削除
今回割とガチですき
6.100南条削除
これがレイトガですか
すべてがどうでもよくなって水がぶ飲みずる戸隠先生がよかったです