Coolier - 新生・東方創想話

梅干おにぎり

2021/11/19 19:38:45
最終更新
サイズ
2.01KB
ページ数
1
閲覧数
592
評価数
4/6
POINT
470
Rate
14.14

分類タグ

ああ...、もうこんな時間か...

夜10時の研究室。ひもの計算に夢中になってしまった。
さすがにお腹が空いたので、腹ごしらえをして続きをしたいが、食堂はもうとっくに閉まっている。

仕方ない、コンビニにでも行きましょうか。

研究室を出ると、あたりは真っ暗で空気がひんやりと冷たい。
体をすぼめながら百万遍まで来ると、目的地の照明だけが明々と輝いている。
私はそのまま店内へと入っていった。

温かい。そのせいだろうか、疲れがどっと来て急に眠気が襲ってきた。
視界が少しぼやけてくるが、いつもお弁当などが置かれている左の方の棚に向かい、手頃な夜食を探す。

まばらに商品が残った棚。
その中にぽつんとあるおにぎり。白いお米に黒い海苔がちょこんと巻かれたタイプのやつだ。具は、赤い梅干しのようだ。

これでもかじりながら続きをすることにしましょう。

そう思って手を伸ばしておにぎりに触れた瞬間、ガクッと急に視界が真っ暗になった。



******



...眩しい。目が覚めると私は冷たいスチール板の上にいた。
すぐ下手前にはずり落ちないようにアクリル板の返しがあり、右奥には明るい百万遍交差点が見える。
店には頻繁に人が出入りしていて、各々食べ物を買って出ていく。朝飯をさっさと済ませるためだろう。

きっと私も誰かに買われて行くのでしょうね。

この状況を私はなぜか冷静に受け入れてしまっていた。

その時、ひと際目を惹く人が入ってきた。
優雅な紫のワンピースに長いブロンドの髪。肩に大きめのバッグをかけていて、純白の帽子がかわいらしい。
彼女は弾むような足取りでこちらに向かってくる。

「さてっと、今日はお昼を用意しておかないといけないのよねぇ~」

彼女の顔が近づく。人差し指の先を顎に当てて、棚の商品を眺めている。
視線が移る度に、これも良い、これも良いと、満足そうな表情になる。どれを買っていくか迷っているようだ。
この飽食の時代、どれも大量生産品で珍しくないだろうに、どうしてこの人はこうもご機嫌なのだろうか。

「今日は梅のおにぎりにしましょうっ!このタイプ、お米がほろほろでやわらかくておいしいのよね~」

彼女は私を手に取り、レジへと運ぶ。
会計が済むと、私は彼女のバッグに丁寧に入れられ店を出た。
狭まった視界から覗く彼女のブロンドの髪は、朝日に照らされより一層輝いて見える。

弾む足どりで揺れるバッグの中は、なんだか心地よかった。
紫蘇に漬けられた梅干のおにぎりって実質蓮メリなのでは?
しらゆい
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.100簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
面白かったです
2.100南条削除
面白かったです
不思議な夢でした
3.80めそふ削除
理解し難いながらも何故か面白いと思いました
4.100モブ削除
読んだ時のテンションや環境でいちゃついているようにも、ちょっと不気味な話にも見えるのが面白いです。ご馳走様でした。