Coolier - 新生・東方創想話

今夜のデザートはフランにしましょう

2021/01/14 13:35:48
最終更新
サイズ
3.59KB
ページ数
1
閲覧数
233
評価数
2/2
POINT
190
Rate
14.33

分類タグ

「お姉様どこかな...」

私はお姉様を探して屋敷の中を歩き回っていた。すると、

「.....ね。」

「お姉様の声だ❗」

大好きなお姉様の声が聞こえたので走って向かう。

お姉様がいたのは台所だった。そばに咲夜がおり何やら楽しそうに話している。

気になった私はこっそりと聞き耳をたてた。

「だからね今日の晩餐のデザートなんだけど..フランがいいの。お願いできる?」

「いいですよ。時間はかかりますけどしっかりと作りますわ。」

「やったわ‼じゃあお願いね。」

「かしこまりました。」

「.....」

私は呆然と立ち尽くす。

聞き間違いじゃない。確かにお姉様は私を食べるといった。

「何で?どうして私がお姉様に食べられないといけないの?」

泣きそうになったが事実は変わらない。

いつのまにか戻ってきていた自分の部屋で考える。

あと数時間もしたら私は咲夜に捕まり料理されるだろう。

だったら死ぬ前にたのしんだほうがいいんじゃないか?

「お姉様と遊ぼう...」

食べられるとしてもお姉様のことがだいすきだ。

最後ぐらいお姉様と一緒にいよう。

ずっとくっついてればもしかしたらお姉様も私を食べることを考え直すかもしれない。

とりあえずお姉様の部屋に向かった。




「お姉様?」

ドアに向かって呼び掛けると

「はーいどうぞ。」

いつもの優しい声が聞こえてきた。

ドアを開けてなかに入る。

「どうしたのフラン?わたしに用事?」

お姉様がこ首をかしげて問う。

「うん遊んでほしいなって.....」

「あらいいわよ。」

それからお姉様はわたしと遊んでくれた。

いつも通り優しく接してくれた。

こんなに優しくしてくれるのに何で私を食べるんだろう?

聞きたくなかったので聞かなかった。

でも最後にひとつ聞いておこう。

「ねえお姉様今日のデザートってなんだか知ってる?」

「知らないわ?」

嘘だ。私を食べるって言えないんだ。

お姉様はわたしに嘘をついたことはないから。





夜ついに晩餐の時間がやって来た。

私は食堂のドアをそっと開ける。

結局咲夜はつかまえにこなかった。

きっと晩餐のあとに連れていかれるんだろう。

いつも通り賑やかな晩餐だったが私は味がわからなかった。

そして...

「咲夜!あれ持ってきて今日のデザート!」

お姉様が叫ぶ。キッチンから咲夜の声がした。

いよいよだ。捕まえに来るだろうと私は身構えるが、お姉様も咲夜もなにもしてこなかった。

そしてしばらくすると、

「お待たせいたしました。本日のスペシャルデザートのフランです。」

という声と共に咲夜がテーブルにお皿をおく。

「えっ。」

どういうことかわからなかった。私はここにいる。

嬉しそうに銀の蓋を開けるおねえ様に聞いてみた。

「お姉様!私を食べるんじゃないの?」

お姉様は私の言葉にポカンとしたあと合点がいったというように笑いだした。

「何をいってるのよ!確かに今日のデザートはフランだけどあなたじゃないわ。Flanよ。Flanはフランス語でプリンって意味なのよ。最もあなたと綴りは一緒だけどね。この咲夜のプリンはちょっと特別だしこのあかいさくらんぼがフランの頭につけているリボンにてるのもあってFlanって呼ぶことにしただけの話よ。」

けらけらとわらいながら言うお姉様を見て私は恥ずかしくなった。

でもまあ良かった食べられなくて.....

「...じゃあ何でデザート知らないっていったの?」

「ああそれ?ただの気まぐれかなサプライズってやつ?.....そう言えばフランの名前もそれに由来するけど。ね。」

「サプライズかぁ...え?なに?私の名前の由来って食べ物なの⁉」

衝撃の事実だった。






後日

「私の名前の由来がプリンってどうゆうこと?」

「いや..お母様がわたしに名前をつけていいよっていったからさ。私まだ小さかったし...プリンってつけたいっていったら却下されて、じゃあフランス人形は?って聞いてもダメだったんだぁ。で泣きそうになっていたわたしにお母様がいったのよ。『じゃあフランス人形とプリンからとってフランドールにしましょうか。フランの部分はプリンのフランス読みからとってフラン。それに人形のドールをあわせたのよ可愛いでしょ?』って。」

「はあ...私の名前ってそんな由来なのか...。」

「思ったより単純でしょ?」

「うん...」
ねこふらんです。
今回のフランの名前の由来は独自のものです。
一応ヨーロッパにある『フランドル』という地名からとったんじゃないか、レーヴァテインなどの北欧神話に出てくる武器があるので北欧神話からとったんじゃないか、金髪、ドレスをきているお嬢様ということでフランスドール(人形)をもじったなどといわれていますが、真相はわかりません。
またレミリアも神話に出てくる堕天使の名前をもじった、フランス語やドイツ語などを混ぜたりもじったりして作った完全なZUNの自作、フランの姉、北欧神話の武器グングニルなどから同じく北欧神話からとったなどと言われていますがやはり真相はわかりません。
ついでにいっておくとレミリアのグングニルは北欧神話での世界の創造主「オーディン」の武器であり「一度投げれば必ず敵の心臓を射ぬき、味方には決して当たらず持ち主のもとへ帰ってくる神の槍」ということで知られています。グングニルの前についている「神槍」の由来ですね。悪魔であるレミリアが神の武器を持っているということから「悪魔と神は同一人物だと暗示している」とも言われています。
フランドールのレーヴァテインは同じく北欧神話ですが悪神「ロキ」の武器とされています。「一つ振るだけで世界を滅ぼすほどの力がある炎の剣」といわれています。まさにフランちゃんのことですね。レーヴァテインは漢字にすると「炎剣」と書きます。

なおフランドールの「Flan」という綴りには諸説あり書物やゲームによっては「Fran」とかかれることもあります。
私は昔から東方を知ったときから英名...というか一応綴りはフランス語ですが...で書くときは一貫して「Flan」の方を使っております。名字と名前が違う言語というのはそうめずらしくないそうです。スカーレットは英語ですからね。
ねこふらん
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.簡易評価なし
1.100ふにゃん削除
な ん と い う 勘 違 い
2.90奇声を発する程度の能力削除
良かったです