Coolier - 新生・東方創想話

私レミリアは...今日からアイドル活動を開始しますっ‼

2020/09/19 14:07:04
最終更新
サイズ
2.69KB
ページ数
1
閲覧数
194
評価数
8/12
POINT
930
Rate
14.69

分類タグ

「暇だわぁ。...」
ある日レミリアは人里を歩いていた。
理由はそのまま。暇だったので何か面白いことはないかと館を飛び出してきたのだ。
妹のフランが「ついていきたい‼」と駄々をこねたがなんとかなだめ透かしてやっと解放してもらったのだ。
「ほんと暇ねぇ...異変のひとつや二つ起きないかしら?」
そんなことをぼやきながらふらふらと人里を歩いていると
「レミリアおねえちゃーん‼」
とけたたましい声が響いた。反射的にレミリアは振り向く。そこには...
「久しぶりレミリアお姉ちゃん‼」
といいながらにこにこしている大きな黒い帽子を被ったさとり妖怪の女の子、こいしがいた。
「あら。誰かと思えばふわふわの空気ちゃんじゃない。私に何かようかしら?」
レミリアは突然ふらっと現れてはふらっと消えるこいしのことを『ふわふわの空気ちゃん』と呼んでいた。
こいしはにこにこ顔のままレミリアに告げた。
「レミリアお姉ちゃんアイドルやってみない?」
「...は?」
レミリアは思わずあんぐりと口を開けたがすぐはしたないと気づきあわてて服の袖で口元を隠す。それでも驚いたような瞳は隠しきれなかったが。こいしは笑顔でこちらをみている。アイドルというのはレミリアも一応知ってはいた。興味はなかったが...確かステージの上で歌って踊る女の子のことをそういうんだっけ...とぼんやりと思いながら先程のこいしの言葉を考える。
(私がアイドルねぇ...最近は仕事も落ち着いてるしやるのはいいんだけど...私みたいなちんちくりんでいいのかしら...)
「もちろんレミリアお姉ちゃんで大丈夫よ❗きっと売れっ子になるわ❗」
「...貴方って心の瞳閉ざしたんじゃなかったの...?」
さらっと心が読めないという原作設定が逃げ出すようなことをするこいしにレミリアはあきれる。そしてアイドルのことは断り続けてたが...







「...あぁーもうっ‼わかった‼わかったわやるわよ‼」
断る、誘われるを繰り返すこと15分実に250回め。
ついに根負けしたレミリアはアイドルになることを承知した。
早速明日からレッスンを開始することになった。





そしてレッスン開始から1ヶ月今日はレミリアの初舞台だった。
「レミリアお姉ちゃんだいじょーぶ?...じゃないか...」
衣装に着替えたレミリアは控え室のすみに座り込んでいた。
やっぱりやだやだと駄々をこねてると
「本番です。レミリアさんお願いしまーす。」
と声がかかる。
「...ふふっ...」
なんかいろいろ吹っ切れたレミリアは八つ当たりぎみにステージに飛び出す。
最初の一言はこいしが決めた。
そしてレミリアはステージの明かりがつくと恐ろしいほど可愛い笑みでこう叫んだ。
「うー⭐みんな今日はありがとー❗盛り上がっていこうねー?乗ってくれないとたーべちゃーうぞぉー⭐」
『わぁぁぁぁぁ‼』


瞬く間にレミリアが幻想郷中の人気アイドルになったのは言うまでもない。



ちなみにフランはレミリアが人気アイドルになってからできたファンに嫉妬心を抱き握手会やライブなどできゅっとしてドカーンをしようとしたのでしまいにはお仕置きとしてお部屋に閉じ込められたが「これは放置プレイね‼」といいながらはしゃいでいるので特に意味はなくお仕置きにはならなかったそう。
むしろ逆効果だったらしい。と後に紅魔館のメイド長は語った。
ねこふらんです。
アイドルレミリアはいいぞ‼
某お方のmmdに影響されました。


ちなみに『服の袖で口元を隠す』というレミリアの作中の行為ですが、今のうちのレミリアは冬服として長袖のふんわりした袖のドレスを着ていますのでそういう表現になってます。

今日中にもう一本出す予定ではあります。
...トラブルがなければ。
あと今回のレミリアのアイドル活動ですがこれは読みきりではなくうちのレミリアの公式設定にしますのでお願いします。
これからの話はレミリアがアイドルをやっていること前提で進める予定です。
もちろん紅魔館の当主のままなのでそちらの仕事もあります。
大変ですねレミリア...
ねこふらん
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.180簡易評価
2.90奇声を発する程度の能力削除
賑やかな感じがあって良かったです
3.70大豆まめ削除
カリスマの権化ですもの、そりゃあ人気出ますって。
せっかくの大掛かりな出来事なので、早足にならず過程を描写してもよかったかなと思います。舞台に立つまでの一ヶ月間、そこには彼女の血のにじむような努力が……!

15分実に250回、つまり3.6秒ごとに勧誘するとは、マシンガン勧誘ですね
4.無評価スカーレット削除
大豆まめ
といってもですねうちのレミリアはやれば何でもできちゃう感じの設定ですから特に苦労はしなかったそうですよ。歌も踊りも元々得意だったので。
5.100ふにゃん削除
レミリアがアイドルだと?ライブいつですか?
6.100終身削除
有り余るカリスマをアイドルの方面にも発揮してしまうレミリアはもう流石ですね ファンたちに嫉妬するフランが面白かったです にわかが騒いでいるのを見ると黙らせたくなるのは古参の特権
8.100サク_ウマ削除
「ふわふわの空気ちゃん」良すぎますね……好きです……
9.100めそふらん削除
ライブ行きます
12.90南条削除
面白かったです
トントン拍子に話が進んでいくところが特に面白方です
これからの話はレミリアがアイドルをやっていること前提で進める予定というのがいいですね
13.100最終鬼畜妹削除
レミリアふぁいと!