Coolier - 新生・東方創想話

100万回死んだ妹紅

2020/05/27 18:50:09
最終更新
サイズ
3.48KB
ページ数
1
閲覧数
1362
評価数
12/15
POINT
1290
Rate
16.44

分類タグ

大理石の床をわらじで擦る音の絶えない是非曲直庁。
四季映姫・ヤマザナドゥはこの大法廷の一人の裁判官である。
毎日のようにやってくる死者を天界・冥界・地獄に選別する職務にあたっている。
死者の増加に対応するため、裁判は簡潔化されており、事前に部下が用意した書類をもとに判決を言い渡すだけなので長くても5分で終わる。
しかし、こうした改革も効果は限定的で、ノルマ達成のために話半分で切り上げて判決をすることも多い。

今日は昨日の崖崩れにより集落一帯が被害を受けたことで通常よりも行列が長い。
「美濃部達之助、特に問題はないです、冥界へ。」
そんな感じで映姫は名前と判決だけ言い渡すことで人数をさばいていった。
映姫ほどのベテランになれば資料に目を通して被告人の様子を見て嘘がないか確認するだけで済む仕事である。
昔の形式ばった手続きを簡略するとここまで早く済む仕事と思うと気楽になる反面、自分の役割も軽く見られたような気分もした。
しかし、自分はこうして高いところに座って人を裁いている。

崖崩れの被害者は思ったよりも少なく、終業時刻まで時間が余りそうな気配があった。
「次で最後です」
と言いながら補佐官が渡してきた資料には見慣れた顔があった。
ため息を一つついてから、
「次の被告は入廷しなさい。」
と呼びかけた。へらへらと入ってきた猫背で白髪の女は証言台に立ち、下を向いたままだ。
「あなたね、はいあっち。」
『特別口』と書かれた扉を指して退廷を促した。
なぜなら、死んでも復活することを許された人間だからだ。
被告人の名は藤原妹紅。月の民から伝わる不死の薬を飲んで蓬莱人となった者だ。
「おいおい、つまんねえなあ」
妹紅はようやくこっちを見て不平そうに訴えた。
「いつものことでしょ。帰った、帰った」
「何か私に言うことがあるだろ」
「はぁ?」
映姫に思い当たりはない。しかし、妹紅は気持ち悪い笑みを浮かべるだけで黙って教えてくれそうにはない。
必死に記憶を遡った末に、
「…この前は竹林の案内ありがとう」
と無難な答えを出した。
「は?」
妹紅は肩をがっくり落として呆れてしまった。
「もしかしてお前、本当に知らないのか」
「何をよ」
「私がここに来るの何回目だと思う?」
「知らないわよ」
「100万回目だ」
「へえ」
「おいおい、その反応はないよ」
妹紅は再び肩を落としてしまった。今度は膝から崩れ落ちそうかと思うほどの勢いだった。
「なあんだ、祝ってくれるためにわざと時間を余らせたんじゃないのか」
「どこに死んだ回数を祝う奴がいるのよ。第一、死ぬということはあの娘に負けたってことでしょ、どこが誇らしいのよ」
一瞬驚かれた後、妹紅の落胆はさらに深いものになる。
「裁判官とあろうものが死因も見てないのか。見てみろ、他殺じゃないぞ」
焦って手元の資料を見ると確かに「死因:食中毒」とある。
胸の底から熱がこみ上げ、顔が熱くなるのが感じられた。
妹紅は、冷たく笑いながら
「あいつとやり合うのはもうやめたぞ。お前はそんなことも知らないで私を裁いているのか」
とも言われてしまった。
それがこの上なく恥ずかしくって、
「うるさい!あなたはいずれにしても戻る身なんだから関係ないでしょ!」
と、つい感情を露わにしてしまった。
妹紅は肩を震わせ、
「あはははは!」
と法廷にこだまするほどの大声で笑った。
その様子はまさしく「抱腹絶倒」という言葉がよく似合うほどの大爆笑だ。
「こりゃ、傑作だ。久々に面白いものを見た。閻魔様がお怒りだ!」
困惑する映姫をよそに妹紅は腹を抱えながらしゃっくりのような声でこう続ける。
「いやあ、あいつとやり合うことがなくなって一人でずうっと暇してたんだ。ちょうど100万回目だし祝ってくれるかなと思ってお前に会いに来たらもっといいもん見させてもらったよ。これで『閻魔様を怒らせた』と土産話ができる。ありがとうな、帰るよ」
そう言って妹紅は声帯と身体を震わせながら出口へ向かう。
「ちょっと待ちなさい!」
笑い声を打ち消すように映姫の大声がこだました。
制止の声が大法廷に緊張を取り戻す。
映姫は裁判官席から降りるなり、妹紅の目の前に立ちはだかった。
「忘れ物があるわよ」
そう言って、妹紅の耳に手を当て、囁いた。
「おめでとう」
初投稿でした。
タイトルを思いついたので勢いに任せて書いてみました。
ひーだ
http://twitter.com/1997shibaH
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.150簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
面白い組み合わせで良かったです
2.100ヘンプ削除
死ぬ時におめでとうなんて言われたくないなぁ……妹紅が構ってもらえると思って死ぬのが面白かったです。映姫さまは仕事し過ぎだと思うな。
3.100こしょ削除
100万回も死んで会ってたらもうすっかり仲良しですよね……
小町の方ともすごく仲良くなってそう
4.100終身削除
その場で生えてくるものだと何となく思ってたので妹紅が死ぬたびに追い出されて帰ってきてるのがすごく面白かったです 映姫様はなんだかんだで優しいのがよく似合ってると思うし実際本当に優しいと思う
5.90名前が無い程度の能力削除
発想いいね
6.100サク_ウマ削除
発想の源からネジくれてるこの感じ、とっても好きです。良かったです。
7.100Actadust削除
まさか死ぬ度に閻魔様とこんなやり取りしてたなんて……
発想に脱帽です。とても好きです。
8.100名前が無い程度の能力削除
ナイスな発想!
9.90名前が無い程度の能力削除
妹紅と映姫の組み合わせが興味深かったです。やり取りも可愛らしくて好き
10.90ares320削除
組み合わせが珍しくて面白かったです。
11.100南条削除
面白かったです
これはめでたい
妙に手慣れてる四季様もよかったです
13.80星鍛冶鴉削除
妹紅が死ぬたびにいちいち三途の川を渡って裁きを受けていると想像すると、笑えますね。
小町も「またおまえか」ってなってそう。