Coolier - 新生・東方創想話

ウィンターバグ

2019/08/29 23:47:44
最終更新
サイズ
3.89KB
ページ数
1
閲覧数
2350
評価数
19/28
POINT
2210
Rate
15.41

分類タグ

 初冬のある日。
「そうそう、妹紅さん」
 私、そろそろ死ぬみたいです。
 そう、他愛ない雑談のように、リグルに話を切り出されて、私はお猪口を取り落とした。



「いやあ、天狗の新聞で見たんですけどね。どうも来週あたりからぐっと冷え込んでくるらしくて。だから流石にそろそろ潮時かなあって思いまして、こうやって挨拶回りをしているんです」
「あー、はあ、そうかい」

 私は曖昧に頷いた。
 ひとの葬式に立ち会ったことなら何度かある。名も知らぬ妖怪を殺したことも数知れない。だけど、誰か知り合いの死に際を看取ったことはこれまで一度もなかったし、ましてや「そろそろ死ぬよ」なんて話を切り出されたことなんて想像したことすらなかった。だから、こういうときにはなんて言ったらいいのかは、私にはちっとも分からなかった。

「じゃあ、それで、なんだ、今までありがとうございました、ってところか」
「はい、だいたいそんなところです」

 はは、と私は笑い声を上げて、それのひどく引き攣っていたのが、自分ですらもよく分かった。
 正しい反応は分からなかったが、少なくとも、明らかに今の私の言葉は間違いだったと言えるだろう。

「そんなわけなので、来世もよろしくお願いしますね」
「いやいや、それは流石に気が早くないか?」
「そんなことはないですよ」

 平然と、にっこりと笑ってリグルはそんなことを言った。
 確かに私は死なないんだから、こいつの来世も見届けることはできるだろうが。
 いや、でも、なあ?と私は首を振った。流石にちょっと、理解できない。

「それと、あともう一つ、これはできたらのお願いなんですけど」

 リグルは人差し指を立てて、付け加えるように言った。

「もし私が行き倒れているのを見つけたらですね、ミスティアのところに運んでやってほしいんですよ」
「ふうん?」
「そういう約束をしているんです」

 気が向いたらお願いしますね、とリグルは言って、やおら立ち上がり飛び立った。
 私は暫し悩んだ末に、おおい、とその背へ声をかけた。

「なあリグル。私はまだ、お前と会ってから半年ほどしか経ってないけどさ。お前と話すのは、……あー、あれだ、楽しかった! すごく楽しかったよ!」

 リグルは少しも振り返らずに、その背中越しに手を上げて、ひらひらと軽く振ってみせた。



 一週間ほど経った頃、私はリグルを見つけた。
 凍死だった。





「それで、ここまで運んできてくれたんです?」

 助かりました、と言って、屋台の女将さん、ミスティアはぽんと手を合わせた。

「気にしないでくれていいよ。短い付き合いだったとはいえ知人のたっての頼みだし、それにこいつはついでだしね」
「というと?」
「こう寒いとね、やっぱりうなぎ串が食べたくなるからねえ」

 良いこと言うじゃないですか、ところころと女将さんは笑った。

「今日はうなぎもよく取れましたし、ちょっぴり安くしときますよ」
「おお、助かるね」
「でもちょっと待ってくださいね、先にこっちを済ませちゃいますから」

 女将さんはそう言って、リグルを台の上に乗せると、目を閉じて小さく十字を切った。


 そして、おもむろに包丁を取った。

「待って」
「はい?」
「待って」
「どうかしましたか?」

 私の制止に、女将さんは心底不思議そうな顔で首を傾げた。

「なあ女将さん、一体それは何をしようとしているんだい?」
「何って、……ああ、妹紅さんはこれを見るのは初めてでしたっけ」
「これ?」
「うちの名物料理なんですよ。期間限定、数量限定、売り切れ御免の焼きリグル。……そうだ」

 女将さんはぽんと手を叩いて、そして鋏でリグルの触覚を切り落とすと、それを私に差し出してきた。

「妹紅さんも食べます? これを食べる機会なんて、なかなかあるものじゃないですよ」
「い、いや、止めておくよ」

 私は震える声でそう返した。

「えー勿体ない」
「悪いけどね、私はこれでも人間側のつもりなんだ」



それから都合半年ほどの間、私が彼女の屋台のことを避けて過ごすようになったのは、別の話だ。





 世に春が芽吹き始めた頃。

「妹紅さん、前世ぶりです」
「……え?」

 私は再びリグルに出会った。


「お前、死んだんじゃなかったのか?」
「死んだに決まってますよ。妹紅さんも見たんですよね?私の死体。なら分かると思うんですけど」

 私の質問に、何を当然のことを、と言わんばかりの顔で応えるリグル。それに向かって、私は更に質問を重ねた。

「ならなんで生きているんだ?」
「いや、なんでも何も単純なことですよ?」

 リグルは大真面目な様子で言った。

「虫というものは、冬に死んでも春に湧くものじゃないですか」
死別ネタの逆張りをしたかったやつです。……前にも似たようなこと言った気がするな???
サク_ウマ
http://twitter.com/sakuuma_ROMer
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.450簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
うわぁ怖!屍体喰おうってなる発想が怖!
3.80名前が無い程度の能力削除
こわ…妖怪かなと思ったら妖怪だった
4.100ヘンプ削除
生き返る……ということなのかな。
リグルを食おうとするの好き
5.90奇声を発する程度の能力削除
おお怖い
6.100名前が無い程度の能力削除
おお怖い怖い。ナチュラルに狂っている感が最高でした。
改めて読み返すと、リグルは自分を食材として提供する約束をミスティアとしてたということになるのでしょうか。妖怪の神経ってぶっ飛んでるなぁ。
8.100封筒おとした削除
後味が悪すぎる…
9.100メイ=ヨトーホ=グミン削除
ナチュラルにぶっ壊れてる倫理観と世界観に置いてけぼりにされる妹紅がなんか気持ちを代弁してくれるみたいでした
さも当たり前のことみたいに平然としてる二人を見てるとおかしいのはこっちのような気がしてきてツボでした
10.100ルミ海苔削除
幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!(ガンギマリ
11.100小野秋隆削除
幻想でした。よかったです。
12.100南条削除
面白かったです
阿礼乙女もびっくりの転生っぷりが面白かったです
彼らにとっては本当に軽いことなんだなぁと思いました
14.90名前が無い程度の能力削除
妖怪が妖怪らしい性格でよいですね
15.100雨森虚削除
斬新な発想で面白かったです。読み終えたあとなんだか不思議な感覚になりました。
18.無評価名前が無い程度の能力削除
リグルとその周辺にとっては死生観が違うということだろうか
だからみすちーも当たり前のような顔してリグルの死体を捌き、焼き、客に提供するのか?
書きたいことは理解できるが、個人的にキャラクターがこういう風に扱われるのは苦手なので、読まないほうが良かったと思う
20.90指ホチキス削除
妖怪って死んでも肉の残るタイプと残らないタイプがいそうですよね。で、残るタイプは妖怪達の間で珍味として片付けられると。彼女達にとっての死は魂が移る程度の事で、人の死とは認識も明らかに違うんだなぁ、なんて思いました。そりゃそうですよね。人じゃないんですから。
22.80おちんこちんちん太郎削除
文化の違いにより奇異に見える事ってありますよね。
死が身近な幻想郷においては各々の人妖が持つ死生観も違いそうです。
大切に食べて欲しいですね。
24.30ばかのひ削除
死因が凍死なのが良いですね
25.100大豆まめ削除
とても興味深い話でした。
虫はいなくなったように見えても、春にはまた湧く……って単純なようでいて、虫妖怪たるリグルの本質を突いていやしないかなあ、とかぼんやり思います。
虫って、人間からしてみたら、個を区別しにくいし、群れで集まってまるでひとつの個体みたいに感じることがあるし、退治したと思ってもどこかからまた湧くし……と、とてもえたいの知れない不気味な存在で、そういう人間の恐怖から形作られたのがこのリグルだったりしないかなあ…なんて。
27.100青生姜削除
死んだ知人を普通に店に出そうとするミスチーやべーなってなったのと、何事もなかったように生きてるリグルもやべーなってなりました。
そしてタイトルのバグは欠陥とかのバグとかかっているように見えてならなかったです。
28.100名前が無い程度の能力削除
ノータイムで食いにいくみすちーが好き
29.100ゆっくりmiyaさん 「とあみやさん」削除
まじで怖かったあー怖い
でも良かったです