Coolier - 新生・東方創想話

梨味のハムが作れるのなら

2014/04/29 00:26:50
最終更新
サイズ
3.28KB
ページ数
1
閲覧数
1881
評価数
16/32
POINT
2020
Rate
12.39

分類タグ

「……咲夜。ハムが食べたい」

「レミリアお嬢様、ハムが食べたいと言うと思って準備しておきました。梨味のハムです」

「……残念ね。梨味は魅力的だけど。私はリンゴ味のハムが食べたい」

「リンゴ味? ハムってリンゴ味なんてあるんですか?」

「さあ? 咲夜なら出来ないの?」

「う~ん、リンゴと豚肉を一緒に煮込んだらリンゴ味のハムになるかもしれません」

「それって、リンゴと肉が別個になるからハムと煮リンゴよ」

「どうしましよう」

「どうするって、それを考えるのが咲夜の仕事よね」

「確かにそうですね」

「別に難しいことは言っていないわ。大丈夫、咲夜なら答えは出せるはずよ」

「では、豚肉を煮込みます。そして、豚肉が煮られ、油断したところでリンゴを投入します。すると、豚肉の場所にリンゴが収まってリンゴ味のハムが出来るはずです」

「待って豚肉って煮込んだからって油断するかしら。私には納得できない」

「だったら、お嬢様。恋は盲目ですよ」

「え? どういうこと?」

「豚肉とリンゴを暫く同居させて、親密になったころに悪い魔女が来てリンゴに毒を仕込んで輝夜姫に食べさせてしまうのです。そうして、その後その事実を知った豚肉がおばあさんが作ってくれたキビダンゴを使って、妹紅、慧音、白沢を仲間にして輝夜姫を倒してリンゴを救い出すのです」

「そうして、平和になって豚肉とリンゴが結ばれてリンゴ味のハムができるのね」

「はい。時間は掛かりますがそのほうがじっくりと熟成されて美味かと思います」

「……本当に、そう思って居るの? 豚肉やリンゴにそもそも意思とかあると思って居るの? ねえ?」

「それは。豚肉は確かに意思などは無いですけど、リンゴにはあるかも知れません」

「え? なんで?」

「リンゴって嫌われ者なんじゃないかって時々思う時があるんです」

「どういうこと?」

「たとえば、リンゴとバナナを一緒の籠にしまって置くとバナナがいつもより早く黒くなるんです」

「そうなの?」

「他にも、綺麗な花の近くに置いておくと花が早くしおれてしまうんです」

「本当にそんなことがあるの? リンゴに意思があるようには思えないけど」

「はい、それってリンゴがバナナや花に何かちょっかい出しているのではと思うんですよ」

「チクチクなんかしてる感じ?」

「そうです。何かチクチクして居ます」

「リンゴって悪い奴だったのね。今度見つけたら、みじん切りににして果汁を搾り取ってリンゴジュースにして飲んでやるわ。もちろん果汁100パーセントよ」

「まあ、そう嫌いにならないで下さい。リンゴにだって良い所があるはずです」

「例えばどんなところ?」

「…………えっと」

「ねえ、どんな所?」

「形が、形がピーマンに似ているのに甘いところとか」

「弱いわね。ピーマンとリンゴの容姿だったらパプリカの方がリンゴに近いわ」

「じゃあ、そうですね」

「じゃあって」

「すみません」

「まあ、良いわ。それで? 何?」

「常日頃から、食されているのに文句も言わずデザートになってくれます」

「確かに、リンゴは寡黙的にデザートになるわね。まじめなところは評価できるわね」

「そうですよ。リンゴはちょっと不器用なところがあるんですが、根は良い奴なんですよ」

「実だけどね」

「そうですね。実ですね」

「果実がただしいのかしら?」

「あるいわ。そうかもしれません」

「今度、リンゴに会ったらそんなにチクチクしなくても良いんだよって言っておいてあげて」

「わかりました。お嬢様。早速、リンゴ味のハムを作って来ますのでその時、こっそり言ってあげます」

「ん、お願いするわ」

「では、言って来ます。行って言って来ます」

「長い調理と研究と戦いになるかも知れないけど頑張って」

「はい。次にレミリアお嬢様に会うとき。それが、リンゴ味のハムの命日です」










「……あ。結局リンゴ味のハムってどうやって作るの?」
レミリアは、ひとまず梨味のハムを食べてみた。

微妙だった。
ギョウヘルインニ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.700簡易評価
1.80名前が無い程度の能力削除
うーんこのコメントに困る感じ
でも50点以上は入れたかったので
2.70名前が無い程度の能力削除
生ハムメロンはうまいよ
3.100名前が無い程度の能力削除
これが紅魔館の日常!
5.70爆撃!削除
微妙に原作チックな何とも言えない会話が好きです
6.80奇声を発する程度の能力削除
面白い
12.80名前が無い程度の能力削除
この微妙に天然な感じが咲夜さんらしい。
13.90名前が無い程度の能力削除
独特のシュールなノリが楽しかったです。

誤 あるいわ。
正 あるいは。或いは。
16.70名前が無い程度の能力削除
コメントしづれえwwww
17.100名前が無い程度の能力削除
りんごの木を燃やして肉を燻せばりんご味のハムに多少近づくか…?
そもそも梨味のハムはどうやって作ったんだろう?
というか何なのだ、これは!どうすればいいのだ!?
19.無評価名前が無い程度の能力削除
…? 面白さがわからん
21.90名前が無い程度の能力削除
圧倒的ツッコミ不足。だがそれがいい。
あと17番さん、そのエンディングはいけない・・・
23.80名前が無い程度の能力削除
ひまつぶしの言葉遊び
紅魔館では毎日のようにしていそうですねw
25.100名前が無い程度の能力削除
ハムが食卓に届くまで

あなたの作品が好きです
26.10名前が無い程度の能力削除
27.100名前が無い程度の能力削除
原作の雰囲気だな。
30.100プロピオン酸削除
なんか訳わかんないの来たなギョウヘルインニさんかなと思ったらギョウヘルインニさんだった
31.100名前が無い程度の能力削除
箸休め