Coolier - 新生・東方創想話

ほら、ね?

2014/01/02 05:50:36
最終更新
サイズ
3.93KB
ページ数
1
閲覧数
1270
評価数
10/25
POINT
1510
Rate
11.81

分類タグ

 正邪はくるくる回ってる。
「なぜ、生きようとしないの?」
 そう聞いた子供は食われて死んだ。彼女にはその言葉の意味がわからなかったから。

 くるくる、くるくる、生きようともしない彼女は回ってく。
「あの子供が言ったのは、あんたが意味も無く流れに逆らうことさ。何の信念も無いのに突っぱねるからさ。それは現実から目を背けて逃げているだけなんだよ」
 そう言った老人は空高く連れてかれた。戻ってくることは無い旅に連れてかれた。

 正邪は理解されないことに腹を立てたりしなかった。だって誰も信じていないから。
 くうる、くうる。くうる、くうる。
 回っていく。彼女は何もわかっちゃいないし、わかりたくなんか無かった。

「あなたはいつまでそうしているの? もういいかげんに許したら?」
 針妙丸が言った。正邪は何を許すのと聞いた。
「あなた自身を。それから……この世のあり方というものを」
 クーデターという名の遊びが失敗に終わった直後だった。正邪はたださよならと言った。

 風の噂に小人が巫女と和解したと聞いた。それが何か彼女を変えることは無かったけれど、これで良かったんだろうと思った。

 くるくる、ふふふ。
 くるくる、ふふふ。
 彼女は少しの間、仲間だったあの子のために嬉しい気持ちになってあげた。決して友達では無かったけれど。

それから、自分の役割であるかのように辛い気持ちになった。義務のように、縛る鎖のように、絶対のように、けれどあやふやなような、彼女を包む本性は彼女自身理解してなかった。

「山に人が住んでる」
「うそ」
「ほんとだよ。行って食べてきなよ」
「あなたは?」
「私はねえ、お腹いっぱい」

「もうすぐ妖怪が来るよ、あなたを食べに来る」
「うそさ」
「ほんとだよ、早く里に逃げなよ」
「あなたは、私を食べないの?」
「私はねえ、お腹いっぱい」

 正邪はくるくる回ってる。それしかすることが無いようにみえるでしょう。でも、彼女は頭の中に色んなことを描いてる。
 楽しいことや、楽しいだろうと思うこと。いつかやってみたいことや、まだ見たこともないような、きらきらした輝きが頭の中に詰まってる。
 でも……
 でも、彼女はいつだってその反対に向かって流されてく。

「おまえを殺すよ」
「なぜ?」
「咲夜から聞いたの。おまえ、クーデターを起こそうとしたんだろう?」
「うん。でもそんなの私の勝手でしょ? あなただって昔異変を起こしたくせに」
「私はねえ、より幻想的に生きようとしただけよ。おまえは生きたくないから幻想を崩そうとしたんでしょう」

 正邪にはこの吸血鬼が神々しくみえた。なんて優しい目をしてるんだろうと。

「苦しまないでいいようにもう殺してあげるよ」

 正邪は逃げた。頭の中の宝石箱に、優しく、暖かく、眠るように死んでゆく自分を描いた絵が増えることになった。

 雨が降ってる。
「冷たくなんか無いよ」
 夜は暗い。
「寂しくなんか無いよ」
 自分からすら逃げなきゃならない。
「逃げてなんか無いよ」

 意味も無く、意義も無く、彼女はくるくる回ってる。
「愛ってなあに? 幸せってなあに?」
 小さな女の子が正邪に聞いた。彼女は何も言わないで少女から逃げてった。

 愛ってなあに? 幸せってなあに?
 愛ってなあに? 幸せってなあに?

 吸血鬼は追ってこない。彼女を追うものなんて、本当は何も無い。だって彼女は何も持たないから。

川に船が浮かんでた。まるで彼女のことを待ってるみたいに見えたから、正邪は手を振ってみせた。けれど船頭は少し笑って首を振るだけだった。その微笑みが可哀想なものにあげる憐れみに感じたから、正邪は舌を出してあっかんべえとやった。

 虹が出てる。
「無駄に色が多いよ」
 星が瞬いてる。
「チカチカしてうざったい」
 月が顔を出した。
「なんだい、あんなもの」
 
 これまでのことを考えてみる。
「なんてこと無かったさ」
 これからのことを考えてみる。
「どうなったっていいのさ」
 
 正邪はくるくる、くるくる、回ってる。

「生きたいなら、良い人生を送れるように努力したらどうだ? 死にたいなら死ぬ努力が必要だがな」
 あの時魔法使いがそう言った。
 でも正邪には、その努力すら許されない。

 遠く、あまりに遠く。そんな人のことを想った。
「なぜ私は生まれてきたんだろう」
 近く、こんなに近い絶望を振り払った。
「もういやだよ、もう死んでしまいたい」
 頬を伝う涙に気づいた。
「でもほんとは、楽しく生きていたい」
 彼女は周りに誰もいないことを確かめてから、一人声を出して泣いた。

 正邪はくるくる、くるくる、回ってる。
 あの少女の言葉を呟いてみた。
「愛ってなあに? 幸せってなあに?」
 彼女はこの言葉が心に輝くのを感じた。 
輝針城は紅魔郷に色々近しいですね。ありがとうございました。
つつみ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.610簡易評価
5.90名前が無い程度の能力削除
生きるための反抗もあれば死ぬための反抗もあるのか
信念も拘れば殉するものになるね
信念が生きるためにはどうしても貫けないとき、どうするかがその人だと思う
7.80絶望を司る程度の能力削除
「死ぬか、消えるか、土下座してでも生き延びてぇのか!?」
何故かこの台詞が頭の中に浮かびました。
8.80非現実世界に棲む者削除
矛盾する生死の欲は消えない鎖なのかもしれませんね...
9.80奇声を発する程度の能力削除
うーん、何とも何とも…
12.90名前が無い程度の能力削除
正邪の本質が「全て逆さま」である以上、一生このまま生きるしかないのだろうか
15.90名前が無い程度の能力削除
正邪ってやっぱ扱いにくいというかかわいそうなキャラですな

次は仮面か紅い者か
16.100名前が無い程度の能力削除
詩みたいで綺麗なSSだ
18.100名前が無い程度の能力削除
悲しいけど最後に希望があるのがいいね。
20.100名前が無い程度の能力削除
愛って何だ? ……躊躇わない事さ!
正邪は天邪鬼だから、本当に欲しいと思っているものを知る事ができないで、今日も流されて行くのか。
幻想郷の一部の他の妖怪みたいに、妖怪の本能から脱却できる日が来るといいな。
24.90名前が無い程度の能力削除
詩のようですね。いいテンポだと思います。