Coolier - 新生・東方創想話

こちら宵闇、日陰代行。

2013/06/09 00:24:36
最終更新
サイズ
3.54KB
ページ数
1
閲覧数
2425
評価数
15/40
POINT
2590
Rate
12.76

分類タグ

太陽がじりじりと地面を焦がして、強い草の匂いが鼻をつく季節になった。
ともすれば視界が揺れているようにも錯覚してしまいそうな熱気が世界中を包み込んで、誰も彼もが二言目には「暑いね」と口にする。
そんな滑稽な幻想の中、ふらふらとあてもなく散歩をする気には、どうしてもなれなかった。
だから木陰で一人、休んでいたというのに。

「ねえルーミア、あれやってよ、アレ」
「…ええ…っ」

昼下がりのこの暑い中、額に汗を滲ませながら、彼女は無邪気に話しかけてくる。
いつもと違うのは、そこらへんの干からびた植物のように、頭の触覚の先がだらりと垂れていることくらいだった。
マントくらい脱げばいいじゃない、そう言いかけた口は暑さに負けて閉じてしまった。
…暑苦しい。今は独りでいいんだけどな。
足元の蟻は私の足にぶつかって、ぴたりと止まって、今来た道を戻り始める。

「ねえってば」

ぐい、と彼女は私の腕を取り、自分の胸に近づけた。その声は怒っているようでもあり、媚びているようにも聞こえた。
…ああ、反発するのも、面倒くさい。

「引っ張るんじゃないの」

乾いた幹のささくれを、左手でなぞりながら、私は重い口を開いた。
からからに世界は渇いているというのに、どうしてこんな不快な水分が纏わり付くんだろう。
張り付いた前髪は退けても退けても、頑なにその位置を譲ろうとしない。
ちらりと視線を移すと、彼女は早くも期待したような視線を此方に向けていた。

「…仕方ないな。私は便利屋じゃないんだけどね」

掴まれていた腕を優しく払いのけて、私はふわりと宙をなぞる。指の先から小さな闇が広がり、それは次第に膨らみ、私たち2人を包み込んだ。
まったく光を通さない完全なる闇。
でも私はあまりこれが好きではない。昼間は目立ちすぎるから。
もちろん彼女は、そんな私の気持ちなんてこれっぽっちも知らぬ風である。

「あーっ………うん、涼しくなった」

背伸びをしたような、気の抜けた声が暗闇の向こうから聞こえてくる。
闇が太陽の光を遮っただけ。でもそれだけで、随分涼しくなるのはわかっていた。私も彼女も。だから夏には、よく彼女は私を見つけて闇をせがんだ。
私も頑なに拒むことはしなかったから、それで勢い付いてしまったのかもしれない。最近は会う回数も増えた気がする。気には、していないつもりだった。
…ああ、これであとは風が出てくれば最高なんだけど。
思い出したように気紛れに吹く風はいつも意地悪で、タイミング良く吹いてはくれない。

「ルーミア?」
「ん」

そっと、手に何かが触れる。
…ああ、これは彼女の衣服。そう思っているうちに、手を握られた。

「いつもありがとね」

はあ、と小さく素の声を出してしまった。この友人は今更何を言うか。これまでそんなこと言わなかったのに。
別に感謝の言葉を求めていたわけでも無いけれど。
ああ、もう、何か、妙に引っ掛かるのよ。

「…どういう風の吹き回し?」
「別にぃ」

握る力が少し強くなる。手汗で、じわり湿った手。
振り解こうと思えばさっきみたいに簡単に振り払えるけれど、どうしてか私はそのままにしていた。
暗闇の向こうの彼女はいったいどんな顔をしているんだろう。
さっきまで彼女の顔があった場所には、頑張ればうっすらと何か見えなくも無い気がしてくるけれど、それでは今の私には不十分過ぎた。
硬い幹の感触。
小さな息遣いの音と、布が擦れる音。世界が二人きりになったような感覚。悟られないように身を小さくして、息を潜めて彼女を窺う私は臆病者だ。

握られた手が、小さく震えた。


「あ」

沈黙を破って、彼女が声を上げる。私の重い思いを知るわけがない、いつもの澄んだ声。

「雨よ」

同時に脳天に一滴の刺激を受けて、初めて気付く。
いつの間にか、遠くから、近くから、鈍い音が私たちを包み込んでいた。
慌てて能力を解除すると、思っていたより眩しい空が私たちを出迎えてくれた。
夕立だ。
みるみるうちに雨足は強まり、地面を濃く染め上げていく。
握られたままの手が引っ張られた。

「雨宿り!しないと!」

こんなに力強かったっけ、と思うくらい意外な力で、私の体は自然に駆け出していた。
でも不思議と躓くことは無かった。
ちらりと後ろを振り返った彼女は何だか、嬉しそうな顔をしていたような、気がした。
物語はいつも唐突に始まり、そして唐突に終わるものなのです。

初投稿。誰かの心に留まるものが書けたらいいな。ふわふわおもち先生の次回作を待て!
ふわふわおもち
http://twitter.com/R_R_fuwafuwa
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1160簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
二人の距離感や雰囲気が好みでした
2.100名前が無い程度の能力削除
初投稿でこれとか、期待せざるを得ない
個人的には殺伐としているのよりほのぼの系のが大好物
3.100名前が無い程度の能力削除
地の文の言葉の選び方がどことなく艶っぽい、とてもよかった。ルーミアかわいい
5.100名前が無い程度の能力削除
ある夏の日の一コマですね。五感を強くイメージできる、そんな描写が素晴らしい。堪能させて頂きました。

次回作も楽しみにしています。
6.100名前が無い程度の能力削除
良かった。
場面が目に浮かんできそうな素晴らしい描写でした
8.100名前が無い程度の能力削除
待つぜ!
9.100ひぎゅ削除
黒って逆に暑そうなイメージがありましたが、そういえば黒ではなく闇でしたね。涼しい闇の中なのに、どこかぬるりとした感触が良いお話でした。目隠しプレイがほ
12.90ロドルフ削除
いいね~。次回作?待たせてもらいますとも!
13.90名前が無い程度の能力削除
ルーミア一人称は珍しい気がする。良い雰囲気でした。
21.100名前が無い程度の能力削除
ちょっとした情景を切り取った感じで実に良いですねぇ
25.90名前が無い程度の能力削除
次回作全力で期待してます。
二人は仲良し。
28.80ルミ海苔削除
読みやすい文章でした。ルーミアとリグルのこれからの関係に期待せざるをえません。めんどくさがり屋だけれども友達の頼みなら断らないルーミアかわいいと思います。リグルもなんだかちょっと積極的で、雨が振らなかったら、暗闇の中二人はどんな話を始めたんでしょうね。とても素敵な文章だと思います。満点にしなかったのは、これが初投稿とのことでしたので、期待の意味を込めました。良いお話をありがとうございます。
30.100名前が無い程度の能力削除
かなりよかった。
この胸に残るさわやかな感じが、とっても好きです。

次の作品も期待してますよ!
36.903削除
いいですね。ぜひ次回作も読んでみたいです。
40.100アイネ・クライネ削除
リグルは虫だから光に寄せられるんじゃないか、と思っていましたけれど、闇の象徴であるルーミアに引かれるのは、リグルが蛍であり、暗闇の中で光る象徴になれるからじゃないだろうか…そうすると、実は引かれてるのはルーミアの方なんじゃないだろうか…なんて考えて読ませていただきました。
官能的でも日常的、とてもかわいらしいです。