Coolier - 新生・東方創想話

紫煙のむこうがわ

2005/07/08 07:36:50
最終更新
サイズ
2.03KB
ページ数
1
閲覧数
417
評価数
6/43
POINT
1760
Rate
8.11
 巫女の霊夢が縁側でプカプカとタバコを吸っていると、スキマの怪がぶらり訪ねてきた。
「ハーイ霊夢。私にも一服頂戴よ」
「妖怪のくせに馴れ馴れしいわね」
 ぼやきながらも、差し出された雁首に火を点けてやる。
「悪いわね……ふぅ。あぁ、ひと仕事のあとの一服はこたえられないわね」
 八雲紫、満悦の態。
「よく言うわよ、この万年寝太郎」
「どっこい」
 今日は働いたわよぉ、と紫は胸を張った。
「って、何したのよ? またぞろよからぬことじゃないでしょうね」
「あら。まるで私が不良少女のごとく」
「優良幼女とでも言うつもり?」
「さてねぇ」
 ぷか、と妖怪の口から煙が漏れる。
「たいしたことじゃないわよ。ただちょっとその……」
「その?」
「曖昧にしただけ」
「あぁ? 何を?」
「物事の境界を曖昧にしてねぇ……」
「何よそれ? そうしたらどうなるのよ」
「さぁ?」
「さぁ?」
「だってわからないのよ。曖昧にしたんだから」
「あんたは」
 怒鳴りかけて、フト霊夢は思った。
(怒るほどのことかしら)
 どだい、もとからこの世は何もかも曖昧ではないか。
 人間と妖怪の関係も曖昧だし、生者と死者の境もまた曖昧、一瞬と永遠の差もまた曖昧である。
 となればけっきょく、紫が何を曖昧にしようと、たいして変わりはないのであった。
「あら。怒らないの?」
 別に、と霊夢は新しいタバコを煙管に詰めた。
「曖昧になったところで、誰が困るわけじゃなし」
「そうかしらね」
 ぷかり、と宙に煙。
「たとえば私と霊夢の境が曖昧になっても?」
「と、いうと?」
「私があなた、あなたが私になって、つまり個体の差がなくなってもいいってことかしら」
「フムン……」
 それで困るか、と言われると
「いいんじゃない? 別に。困りゃしないじゃん」
 ぷふぅ、と煙が散った。
「ホントに、張り合いがないわねぇ。まぁいいんだけど」
「それで?」
「え?」
「万事曖昧にして、どうしようっていうの」
「それは」
 灰を盆に落とす。
「ほんのいっとき、あなたのような気分になりたかったからかもねぇ」
 へぇ、と霊夢は煙を喫し、目を細めた。
「それで、満足したわけ?」
 そうね、と妖怪。「ほんのちょっとだけど」
「なら結構」人間。「もう一服、吸っていく?」
「遠慮しておくわ。眠れなくなる」
「よく言う。万世寝太郎が」

 煙。
 紫の残した匂い。
 ちょっと経ってから、霊夢は手を振りすべてを宙に溶かしてしまった。
映画『レオン』を観たらなんとなくタバコを吸いたくなりました。
STR
http://f27.aaa.livedoor.jp/~letcir/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1390簡易評価
2.60おやつ削除
タバコとか酒とか、小道具大好き人間としてはツボです。
ちなみに、私はどちらも出来ませんorz
5.90七死削除
書に中たり
縁側に出て
煙を食んだ

ぷか~り




げほげほ
14.50HBK削除

フムンに神林を感じた
15.80床間たろひ削除
煙草が消えるまでの5分間に、君は何を想う?

こんな感じの歌が、昔あったような。

リアルタイムで煙草を吸いながら堪能させて頂きました。

17.60沙門削除
 「人生はまるで煙草の煙の様だ」と誰かがのたまってました。えー、煙草は十八過ぎてから、などど小学の頃から吸ってた私には言えません。霊夢の様に煙管でプカプカやりたくなりました。
23.30東方歴三ヶ月削除
煙はドーナツ型。