Coolier - 新生・東方創想話

最初はグー

2012/06/08 18:48:35
最終更新
サイズ
10.52KB
ページ数
1
閲覧数
3414
評価数
26/83
POINT
5080
Rate
12.15

分類タグ

「おかしい、明らかにおかしい」

 私、八雲藍は洗濯物を取り込みながら一人ごちた。
 そう、おかしいのだ。絶対に。
 溜息を吐きながらいつも着ている導師服と下着を洗濯籠に放り込む。この作業はもう二か月程前からずっと続いている。

 我が八雲家の家事事情はいたって簡単。
 毎朝じゃんけんで自摸(ツモ)、である。何百年も前からの決まり事。
 勿論従者である私は、家事などは全面的にお任せくださいと申し上げたのだが、紫様は一言。

『私たち、家族でしょう?』

 それに返す言葉がなかったのは言うまでもない。何故じゃんけんなのかは未だに謎だが。
 それはともかく、その日から私達はじゃんけんで当日の家事担当を決める事となったのだ。
 そう、なったのだが……。

「流石に二か月連敗はおかしいわ」

 ここ二か月、紫様は負け無しだ。
 そりゃあ、じゃんけんにだって戦略なるものが存在する。
 ギリギリまで相手の筋肉の動きを読んだり、予め自身が出す手を言っておいて心理戦に持ち込んだり。
 しかしながら、じゃんけんの勝敗は言うて時の運である。どれだけ抗おうが最終的には運で勝負はついてしまうものだ。

 それなのに、おかしいじゃないか、絶対に。
 何かズルをしてるんじゃなかろうか、そんな思考が過ったのもこの二か月間一度や二度ではない。
 だが、私が未熟であり、紫様がその並外れた観察眼で私の心理を読み解いているのではないか、そんな可能性も捨てきれない。
 それに、

『私たち、家族でしょう?』

 あの時の笑顔が浮かぶ度、私はなんて邪な事を考えているのだろう、そんな罪悪感に苛まれる。それは今だってそうだ。
 主を信じてこその従者。
 それは日々橙に言い聞かせている事。それを私が破ってどうする。私は頭を振った。
 今日は橙も来るんだし、豪華な晩御飯にしとかなきゃね。橙と紫様の笑顔を思い浮かべる。
 上々になった気分をそのままに、私は紫様の衣類を丁寧に洗濯籠に入れ、庭を後にした。





「あんたおかしいんじゃないの? 明らかに」

 霊夢は縁側に座ってお茶を啜りながら馬鹿にするように言った。

「あらあら、酷いわね」

 ゆかりんショック、思わず出そうになった言葉を飲み込む。馬鹿にした態度をとると霊夢はすぐ怒る。

「じゃあもし出来たら霊夢何してくれる?」
「そんな安い挑発には乗らないわ」

 挑発のバーゲンセールね、霊夢はズ…とお茶を啜る。
 ちくしょう、様になってるわねこの大和撫子め。私なんか縁側に座ってお茶啜ってたら御婆ちゃんみたいって言われたのに。

「さとりにも聖人にもじゃんけんで100パー勝つなんて不可能よ」

 はいQ. E. D.しょうめー終了、そう言って煎餅を手に取る霊夢。
 全く、つれないわねぇ。そんなせかせかしているから人間は短命なのよ。貧乳なのよ。私たち古参妖怪を見てみろ、大抵の奴らはたゆんたゆんだろうが。
 しかしそれは霊夢には禁句なので、煎餅と一緒にバリボリと噛み砕いてやる。

「それが可能なのよ、私の手にかかればね」
「へぇ、どんな?」

 仕方ないから適当に聞いて話をさっさと終わらせよう。そんな魂胆が見え見えだ。
 全く、底が浅いわねぇ。そんなのだから谷間も深くならないのよ。
 残り少なくなってきたお茶を一気に飲み干す。霊夢は勘が良いからこれ以上胸の事を考えるのはよそう。
 私は右手を挙げてひらひらと振った。

「こいしちゃんかも~ん」
「ほいさっ」

 私が呼ぶと、こいしちゃんは即座に霊夢の目の前に姿を現した。
 うん、なんかちょー優秀な部下が出来たみたいで気分が良い。レミリアがあのメイドを重宝する訳が分かるわね。
 霊夢は急に現れたこいしちゃんに目を丸くした。そしてしばらくして溜息を吐いた。

「……そゆこと」
「そゆこと」
「どゆこと?」

 こいしちゃんは首を傾げる。あぁ、子どもは可愛いわね。

「こいし、なんで紫なんかに協力してんのよ」
「これ!」

 こいしちゃんが元気に突き出したのは竹輪。こいしちゃんの大好物だ。

「こいしちゃんに100本あげたの。ねー」
「ねー」
「紫あんたねぇ……」

 霊夢は頭を抱えた。
 なんでそんな下らないことのために避けていた地底妖怪と関わりを持つのか、こいつはアホなのか。そんな思考がこっちまで伝わってくる。

「霊夢、元気を出して。私たちがついてるわ。ねーこいしちゃん」
「ねー」

 意味もなくこいしちゃんとハイタッチ。姉の方と違ってこいしちゃんは随分取っ付きやすい。さとりも一回眼を閉じてみてはどうかしら?
 しばらく霊夢を挟んでこいしちゃんとワイワイきゃっきゃしていると、霊夢が大きな溜息を吐いた。

「あぁ、もういいわ。なんかあんたらの相手してたらこっちまで馬鹿になっちゃう。
ほら、さっさと出て行った出て行った。私は忙しいの」

 しっし、と強引に霊夢から神社を追い出されてしまった。どうやら霊夢をからかい過ぎたらしい。
 全く、人間は辛抱がない。そんなだから胸に脂肪がないのよ。

「霊夢怒っちゃったわねー」
「ねー」

 それからこいしちゃんと他愛もない話をしてから、少し早めに解散した。こいしちゃんには明日も頑張ってもらう予定だし、今日は橙が来る日だ。遅れるわけにはいかないだろう。
 私はウキウキ気分で神社前を後にする。今日の晩御飯はなにかな、楽しみ楽しみ。



 期待通りというかなんというか、その日のお夕飯は豪勢なものだった。藍が精魂込めて作ってくれたものだし、美味しくないわけがない。橙と藍の笑顔も見られたし、いつも通り幸せな食卓だった。
 その後はお風呂に入ったり橙と話したり藍と結界の調整したり、なかなか有意義な時間を過ごせた。
 布団に入って目をゆっくり閉じる。願わくば、明日もいつも通りな日常でありますように。







 ――気が付くと、目の前に我が家があった。隣には幼い頃の藍がいる。
 まだ尾が9本でない藍は目を輝かせた。

『紫さま! おっきなお家です!』
『えぇそうね。今日からここが私たちのお家よ』

 藍は嬉しそうに声を上げた。
 あぁ、これは昔の夢か。よく見ればこの我が家は随分と新しい。これから一緒に時を刻んでいってくれるのだろう。

『紫さま! 私家事頑張りますね!』

 ぜーんぶやっちゃうんです! 藍は目一杯両手を広げて言った。
 こんな幼い子に任せちゃうなんて情けない、そう思ったのを覚えている。

『あらダメよ。私もやるわ』
『ダメです! 私がやるんです! 紫さまの役に立ちたいんです!』

 意固地になっている藍に『私』は苦笑いした。昔から藍は意地っ張りだ。そういうところは本当に変わらない。
 
『藍、確かに従者なら主人の身の回りの世話を任せるのは当たり前のことかもしれないわ』
『な、なら……!』
『でもね、藍』

 『私』はそこで腰を屈めて藍と視線の高さを合わせる。そしてぽんと藍の頭に手を置いた。

『私たち、家族でしょう?』
『……っ! 紫さま!』

 感極まり。藍は紫に抱き着いた。『私』は幼い藍の頭を撫でてあげている。
 そこから徐々にその場面が遠のいて行く。あぁ、夢が終わるのか。

『紫さま! 家事はどうしましょう!?』
『そうね、じゃんけんで決めちゃいましょ。好きでしょ? じゃんけん』
『はい! じゃんけん大好きです! じゃあ早速じゃんけんを―――』





「……ん」

 目が覚めた。時計を確認。
 ……どうやらかなり早く目覚めてしまったようだ。いつもより2時間早い。これでは藍も起きていないだろう。
 くあ、と伸びをする。何だか妙に目覚めが良い。普段ならこの時間は二度寝コースまっしぐらだが、今日はこのまま起きていてもいいかもしれない。

「それにしても、懐かしい夢見ちゃったわね」

 家族……か。
 勿論、藍の事は大切に思ってるし家族の様にも思っている。
 しかし、いつからだろうか。藍が従者であるのも当たり前だと思うようになったのは。
 あの頃は藍の事を従者なんて思った事はなかった。大切な家族、それだけだった。

「情けないわね」

 私は主人なんだから、ちょっとくらいズルしちゃってもいいじゃない。そんな甘い考えで私はこいしちゃんに協力を仰いだ。回復し始めた地底との関係をより良いものにするため、そんな言い訳まで用意していた。
 情けない。本当に、情けない。

「よし!」

 私は自分に喝を入れて立ち上がった。
 今日、藍に謝ろう。ズルしちゃってごめんなさいと謝るんだ。そして、一ヶ月……一週間くらいなら家事を引き受けてもいい。そうしよう。
 布団を片づけ、外出できる程度に身嗜みを整えてからスキマを開く。まずはこいしちゃんに会いに行こう。こいしちゃんに持たせてる、ゆかりんGPSのおかげで居場所はばっちりだ。





 霧の湖の畔、そこにデンとある大岩の上にこいしちゃんは座っていた。

「え、ズルやめちゃうの?」

 こいしちゃんは首を傾げた。寝癖がゆらゆら揺れている。
 今までここで寝てたのかしら。惜しい事をしたわね。
 実は私、この子が寝ていることろを見たことがない。どんな時間に訪れたってこいしちゃんは起きている。おめめパッチリだ。

「えぇそう。今日藍に謝ろうと思うの。
今までありがとうね」

 私がスキマを開いて帰ろうとすると、こいしちゃんが腰に抱き着いて来た。

「私もいくー!」
「あら、こいしちゃんは謝らなくてもいいのよ?」

 すると、こいしちゃんはこちらを見上げてにっこりと笑った。

「他人がね、自分の罪を認めて謝ってるところってね、見ていて面白いの!」

 流石は地底妖怪、良い性格してるわね。





 指で摘める程度の車の模型を二マス先に進める。あがりだ。
 私は何故か人生ゲームが強いのよ。

「負けたぁ」

 こいしちゃんは仰向けにパタンと倒れる。流石のこいしちゃんもルーレットの無意識までは操れないらしい。

「……そろそろね」

 私は時計を確認する。圧勝したところだし、丁度いいや。人生ゲームを押し入れに片づける。

「じゃあこいしちゃんは」
「隠れて見てるね」

 そう言ってこいしちゃんは姿を隠した。私の無意識を操ったんだろう。
 あの子曰く、こいっちゃんステルスモード。こうなっては私も容易に見つけられない。初めにコンタクトを取るときは大変だったなぁ。

 その時の事を思い出しながら居間へ向かう。
 扉を開けると、既に藍は机についていた。
 ある程度身嗜みを整えてから居間へ、そこでじゃんけん。負ければ朝食を、勝てば二度寝でもなんでもオッケー。我が家のルールだ。
 二か月ほど前から、じゃんけんの前にこいしちゃんと打ち合わせをして、藍の無意識を操りじゃんけんに勝っていた。
 でも、もうそんな卑怯な事はしない。

「さて、始めましょうか」

 そう言って藍は袖を捲った。今日こそは負けない、そんな気迫に満ち溢れている。
 あぁ藍、貴女は本当に真面目ね。こんな主人を許して頂戴。
 私は頭を下げようとした。すると――

「あうっ」

 何かに躓いたのか、こいしちゃんがボテッと転ける形で姿を現した。

「……」
「……」
「……てへっ」

 こいしちゃんが誤魔化す様に笑みを向ける。
 こいしちゃんの失態に私は卒倒するかと思った。

「……紫様?」

 藍がゆらりと立ち上がった。
 賢い藍の事だから、私がこの二か月どうやって勝利を収めていたのか、既に悟っているはずだ。
 藍を中心に膨大な量の妖気が渦巻き始める。
 ……まずい。これは非常にまずいぞゆかりん。

「ち、違うのよ藍」
「何が違うんですか?」

 藍はゆっくりと、しかし確実にこちらに歩み寄ってくる。

「この二か月間、私は紫様を信じ続けていたんですよ?」

 私は慌てて手を振った。

「こ、これにはわけがあるのよ!
か、考えてみて、近頃地上と地底との確執は薄まってきているわ。私は地底との関係をさらに昇華させていこうと……」
「覚悟はいいですか? 紫様」

 藍は強く硬く拳を握りしめた。
 や、ヤバい! これは橙が大絶賛していた必殺藍さまパンチ☆だ!

「じゃ、じゃんけん! いつも通りじゃんけんで決めましょう! ね!?
私もうズルしないから!」

 じゃんけんで一体何を決めるというのか、自分自身もう何を言っているのか分からない。
 しかしながら、その必死な言葉は藍に届いてくれたらしい。

「……わかりました」

 藍は拳を下ろした。
 ほっと息を吐く。

「分かってくれたのね、藍」
「ジャジャン拳で勝負を決めましょう」
「え?」

 最初はグー、藍の拳に先程とは比べ物にならない程の妖力が凝縮されていく。

「ら、藍! 待って! 私は」
「じゃんけんグーッ!」
「ぷぺらっ」

 顔面に藍の拳が突き刺さった私は、錐もみ回転しながら家の塀に激突し、爆発した。




 その後二か月間、紫が炊事洗濯を強制されたのは言うまでもない。
はじめまして、もんてまんです。初投稿のため少々緊張気味です。レティが好きです。

実際に書いてみて痛感しました。大変なんですね……。こんな短い文章なのに何時間もかかっちゃいました。しかも、改行後の最初の文は一マス開けるなど、基本的な小説の書き方から調べていったので、とても疲れました。でも、書き上げた時の達成感は半端じゃないですね。

まだまだ拙い文章ですが、楽しんでいただけたのなら幸いです。何か誤字脱字等あればご指摘ください。

では、もし次があればその時に。
もんてまん
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.2590簡易評価
2.100名前が無い程度の能力削除
こいしちゃんが可愛いからこの点で!
3.100名前が無い程度の能力削除
こいしちゃんぺろぺろ
4.100名前が無い程度の能力削除
こいしちゃん狙ってたな!w

初投稿なんですね。でも、初めてとは思えないくらい面白かった。
11.100名前が無い程度の能力削除
ジャンケンで百パー勝つのって無意識の力があればいいのかな?
人間は意識に先立って無意識が行動を決めていると言うけど……。
さとり相手なら無の境地に入ればOKか?
でも百パー勝つのは無意識を操っても無理だと思う。
相手の無意識を操る力がこいしちゃんにあるなら可能だろうけど。
12.90奇声を発する程度の能力削除
こいしちゃん可愛い
14.無評価もんてまん削除
>2さん
こいしちゃんは可愛さで世界征服できると思うんです。

>3さん
太ももですよね、分かります。

>4さん
ありがとうございます!
こいしちゃんは常に何をし出すか分かりません。

>11さん
こいしちゃんは藍の無意識を操って紫を勝利に導いていました。こいしちゃんは相手の無意識をも操れる、というのが私の考えです。自分の文章力のせいでしょう。大事なところなのに、上手く伝えきれず申し訳ありません……。

>12さん
こいしちゃん可愛いですよね。できれば「こいしちゃん」という呼び方ももっと広まってほしいものです。
15.100名前が無い程度の能力削除
ユーザーイリュージョンの話が頭に浮かんだわw
結局、じゃんけんの手を決めるってこと自体が幻想で
やっぱり勝ち負けは偶然の産物でしかないんだと思う。
超高速で手を変えるとか相手の意識の隙間を利用して
後出しが気づかれないようにするとかならまだしもw
多分こいしがやったのもそういうことなんだろう。
18.100名前が無い程度の能力削除
ズルをしてはいけない(戒め)
19.100名前が無い程度の能力削除
ワイワイきゃっきゃしてるゆかりんとこいしちゃん可愛いよ
しかしズルはいけない
20.80名前が無い程度の能力削除
なぜかジャンケン小僧とアクトンベイビーを思い出してしまった。さあ同志よ、次はレティさんのお話を書くんだ。
25.無評価もんてまん削除
>15さん
ユーザーイリュージョン、知らなかったので調べてみました。表紙が怖かったです……。

>18さん
あのさぁ…。

>19さん
紫さまはこういう時にきゃっきゃしてないと少女臭を発揮する場がないんです……。

>20
悪いな同志よ。レティ好きだけど、レティ主体の物語は書くつもりはないんだ……。
26.100名前が無い程度の能力削除
27.100名前が無い程度の能力削除
こいしちゃん良い性格してるわ・・・
32.100名前が無い程度の能力削除
タイトルでもしや、と思ったら、案の定なオチだったw
面白かったです!次も楽しみにしてます!!
33.100名前が無い程度の能力削除
こいしちゃんかわいい
36.無評価もんてまん削除
>26さん
紫「殴られるのが私で良かった…!」

>27さん
こいしちゃんはこういう性格が一番似合うと思うんです。

>32さん
ありがとうございます!
初めてだったので、ストレートにいっちゃいました。

>33さん
こいしちゃんは可愛い界の王たる資質を備えてます。
37.100紅葉上流削除
こいしちゃんが可愛すぎて爆発しちゃう
38.100名前が無い程度の能力削除
姉に似てホントにいい性格してるねw
41.100名前が無い程度の能力削除
こいしが可愛くて涙がどばどば。
43.無評価もんてまん削除
>紅葉上流さん
私はもう既に二度三度爆発させられました。

>38さん
さとりは暗い陰湿。こいしちゃんは明るい陰湿。
私の中の二人のイメージです。

>41さん
こいしちゃんはどうしてこんなに可愛いのでしょう……。
44.90久々削除
このこいし……絶対わざとだ、絶対わざとだ……!
ランさんからもう二度とグーを出せなくなってもいい覚悟がひしひしと伝わってきました。
テンポよくすらすらと読めるし心情描写も軽やかで心地よい。次回も期待しています。
49.100名前が無い程度の能力削除
ランさん…
52.100名前が無い程度の能力削除
first comes “ROCK”……
53.無評価もんてまん削除
>久々さん
ありがとうございます!
因みに必殺藍さまパンチ☆は尾0.3本分、藍さまのじゃんけんグーは尾5本分の妖力を消費します。

>49さん
THIS WAY

>52さん
橙「駄目だ!! そんな!! もうこれ以上そんな力!! 一体!! この先!! どれ程の…!!」
65.50名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
66.100名前が無い程度の能力削除
面白かった。こいしちゃんにつまずくところはお約束だけど笑っちゃいました。
しいて言えば自業自得な紫だけどちょっとだけしのびない。仲直りエピソードがあると優しい藍様も見れてうれしかったです。(もちろん藍様の優しい性格は伝わってきました。)
でしゃばった意見ですが一読者の感想として受け取ってもらえると助かります。
67.無評価もんてまん削除
>66さん
仲直りエピソード、ですか。確かにそれもいいですね。
近頃は忙しいので、余裕が出来たら後書きか別の形で仲直りのちょっとしたお話を書こうと思います。
69.100名前が無い程度の能力削除
なんだこの爆発オチはww
71.無評価もんてまん削除
>69さん
爆破オチ結構好きなんです。
因みに今五つほどお話を考えてるんですが、その内三つが爆破オチの予定です(笑
78.無評価福哭傀のクロ削除
 お見事!
79.無評価もんてまん削除
>>福哭傀のクロさん

ありがとうございます!
ちょっとした小ネタ程度のお話ですが、笑っていただけたのなら幸いです。
84.100名前が無い程度の能力削除
ジャジャン拳www
もんてまんさんの初投稿と知って見に来ました。
何でこんなに面白いんだ。
85.無評価もんてまん削除
>>84さん
ありがとうございます!
定番のオチですが、楽しんで頂けたようでなによりです。
88.80名前が無い程度の能力削除
こいし最強説。
89.無評価もんてまん削除
>>88さん
こいしちゃんの可愛さは並々ならぬものがあります。
こいし最強説は最も有力な説の一つでしょうね……。
91.100名前が無い程度の能力削除
前が見えない状態のゆかりん
92.無評価もんてまん削除
>>91さん
きっと藍のパンチは漫画のように突き刺さったことでしょう。
でも大丈夫なんです。前が見えなくても、ゆかりんには信頼できる家族がいるんですから!(投げやり
95.100ヘンプ削除
みんな可愛かったです……
藍様ぁ!!!
96.無評価もんてまん削除
>>ヘンプさん
可愛いとのお言葉ありがとうございます!
藍様会心の一撃でした!