Coolier - 新生・東方創想話

私と彼女と秘封倶楽部

2012/04/29 03:10:32
最終更新
サイズ
9.8KB
ページ数
1
閲覧数
1015
評価数
3/13
POINT
670
Rate
9.93

分類タグ

「………」

私こと宇佐見蓮子は、今現在とても不機嫌だ。
理由は至極単純。昨日相棒と、思いっきり喧嘩をしたからだ。
……いや、あれは私が怒鳴っただけだから、正確には喧嘩じゃないのか。
「でも、あれはメリーが………」
思わず声に出して、あわてて口を閉じる。
わかってはいるのだ。悪いのは彼女じゃなくて私。
ただ、私が自分の感情をコントロール出来なかっただけ。
そう、あれは、放課後のいつもの喫茶店でのこと――――。





「メリー、何かあった?」
喫茶店に入り、次の活動の話をしていた時、メリーの顔色があまり良くないことに気付いた。
「え?別に何でもないけど……」
メリーはそう言って笑顔を見せる。けど、無理してるのが私にはわかる。
「ウソ。絶対何かあったでしょ。私に話してよ」
「何でもないってば……」
「また、夢の中で何かあったのね?」
「………っ!」
“夢”という単語に分かりやすいほど反応するメリー。
今度は一体何があったのだろう。気になってメリーに聞こうとしたその時、
「………ないから」
「………え?」
メリーがボソッと何かを言う。しかしうまく聞き取れずに聞き返すと、
「………蓮子には、関係ないから!」
ハッキリと、その言葉が私の耳に突き刺さる。
私には、関係ない。
「……何、それ」
その一言はあまりにも唐突で、私の思考回路は一瞬にしてメチャクチャになる。
何も考えられないまま、メリーの方を呆然と見る。
メリーは口元に手を当てていて、さっきよりも顔色が悪くなっていた。
そして、その瞳は後悔の色に染まっていた。
「……私じゃ、ダメってこと?」
ようやく絞り出した声は、掠れてしまっている。
言葉の意味を理解したとき――メリーは後悔してるのに――、私は自分を抑えられなくなった。
「私がメリーの悩みを聞いたって無駄ってこと!?」
「ち、違うのよ蓮子………」
「何が違うのよ!?ねえメリー、私たち秘封倶楽部は、二人で一つでしょ?一人が困ればもう一人が助ける。そうだよね?答えてよ、メリー!!」
「………」
「……っ!もういい、メリーなんて知らない!!」
「あ、蓮子………!」
メリーは何も答えてくれなかった。
今まで築いてきたものが、音を立てて崩れていく。
そのまま店を飛び出し、家へと全力で走った。



(………メリーの、バカ!!)



家に着き、勢いよく扉を開け、そのままベットに飛び込む。
枕に沈めていた顔を上げると、押し付けていた部分が濡れていた。
私は、自分でも気づかないうちに泣いていた。
ただ、悲しくて。
何も話してくれず、全て一人で抱え込もうとするメリーの態度が。
そして、悔しかった。
それを分かっているのに、メリーの悩みを聞く事ができない自分が。
「………何が、二人で一つよ」
そう思っているのは事実。だからこそ、本当にバカなのは自分の方。
メリーにも、相談したくても出来ないことだってあるだろう。
なのに私は、無理矢理にでも聞き出そうとしていた。
最も大切なのは相談に乗ることじゃなくて、メリーのことを一番に考えることなのに。
私は自分を、優先させていた。
「………私、最低だな」
あの時の、彼女の瞳。
自分で言った言葉に後悔し、どうしていいか分からなくなっていた。
そんな彼女を無視して、私は感情をぶつけた。
一体どれほど、彼女を傷つけたのだろう?
その日はそのまま、泣き疲れて眠ってしまった。





そして、今日に至るわけである。
大学に行くとメリーに会うことになるので休んだ。
今の私は、メリーに会った時、自分を抑える自信がない。
「はぁ………」
窓からオレンジ色の光が射し込む。朝からずっと昨日のことを考えていた。
正確には、メリーが話してくれなかったことについてだが。
「十中八九、夢のことよね………」
異常なほど“夢”という単語に反応したから間違いないだろう。
いつもの夢のように、また境界を越えたのだろうか?
だが、それなら私に隠す必要なんてないはずだ――――――





―――――私はまた、自分を優先させている。
本当はそんなことじゃなくて、もっと他に考えなきゃいけない事があるはずなのに。
私の思考は動き続ける。そしたら、別のことを考えずに済むから。

………結局、私は逃げているだけなのだ。
大事なことから目を逸らし、見つけた逃げ口に潜り込む。
真正面から全てを受け止める自信がないから、私は逃げ続けている。だって……。
「正直、かなり苦しい………」
一番の理解者だと思っていたから。それを否定された気がしたんだ。
だからあんなにも、自分を抑えることが出来なかった。
この眼のおかげで巡り会えたけど、今はもう、能力なんて関係ない。
時間も境界も無視して、ただただ、彼女の隣にいたいだけなんだ……!



―――彼女はどう思っているのだろう?



ふと、視線を手元に落とす。そこにあるのは、お揃いのストラップがついたケータイ。
何度も何度も、連絡しようとしてやめた。
迷惑がられるかもと思うと、手が止まってしまうのだ。
……私はまた、逃げている。



考え事をしていたら、いつの間にか部屋の中が真っ暗になっていた。
月が輝き、夜空には無数の星が広がっている。
「23時52分15秒……タイムリミットかな」
時刻はもうすぐ午前0時。流石にもう、連絡など出来るはずもない。
「……私の意気地なし。いつもの宇佐見蓮子はどこいったのよ?」
自分らしくない。こんなに悩むのは、私の性分じゃないのに。
秘封倶楽部の活動時間は、いつも今より遅い。
連絡だって、しようと思えばいつだって出来るはず。



(………いつまで、逃げるつもり?)



そっと自分に問いかける。
色んな言い訳が浮かんだが、その全てを否定する。
いい加減、一人二役のおにごっこには疲れた。
私の中で、答えが決まる。
「………よし!」
連絡をしようとケータイを取ったその時、
「え………」
ストラップが、揺れる。誰かからメールが届いた。
こんな時間に送る人なんて、彼女以外にありえない。
「何なのよ………」
ようやく答えを見つけたのに、先を越されてしまった。
彼女からのメールには一行のみ。
『今から指定する場所に来て』
その後もう一通、メールが届く。
指定されたのは、私と彼女の家の中間地点の場所だった。

―――もう、逃げない。

すぐに支度を整え、夜の街へと飛び出した。



「………メリー」
「蓮子……」
辿り着いたのは小高い丘。そこからは満天の星空が覗ける。
走ってきてみると、既にメリーは来ていた。
「何の、用?」
「……蓮子に、話そうと思って」
少し棘のある言い方になってしまったと後悔する。
けれど、メリーは特に気にしていないようだった。
「話すって………」
「うん。昨日…いや、一昨日に話せなかったこと」
メリーがそう言い直したのを聞いて空を見上げる。
午前0時12分09分。日付が変わっていた。
「………夢を見たの」
視線を戻すと、メリーは私をじっと見ていた。
何だか、泣きそうなのを我慢しているようにも見える。
「いつも見るような、境界を越えた夢じゃなかった」
「いつもの夢と違う………?」
「……その夢は生々しくて、現実だと錯覚してしまいそうだった」
苦しそうに話すメリー。一体どんなに酷い夢を見たのだろう?
私がそれを聞くことで苦しみが減るのなら。
「その夢はね、蓮子」
「うん」








「私と蓮子が離れ離れになる夢だった」








「え………?」

一瞬、聞き間違いかと思った。
私とメリーが離れ離れ?そんなこと、夢であっても絶対嫌だ。
メリーは苦しそうにしながらも、その先の言葉を続ける。
「私も蓮子も境界に呑まれて、そのままどこかに飛ばされていた」
「そん、な………」
「夢はそこで終わった。でもね、何だか予知夢のようで、私………」
メリーの瞳から、涙が落ちていく。
「凄く、怖かった………!」
一体、どれほどの恐怖を感じていたのだろう?
そして、私に会うたびに、どれだけ不安になったのだろう?
私は、そんなメリーの心を分かってあげられなかった。
「蓮子と離れたくないって、蓮子を失いたくいないって、心の底から思った……!」
「メリー………」
「この先、結界を暴いていくうちにもし、夢の通りになったらと思うと、もう……!!」
「メリー!!」
堪らなくなって、泣きながら更に言葉を紡ごうとするメリーを抱きしめる。
一瞬ビクッと震えたが、すぐにまた私に縋り付いて泣き始めた。
「蓮子、れんこぉ………」
「大丈夫、私はここにいるから………」
メリーの暖かさを感じる。私たちは確かにここにいる。
そう実感したとき、自然と口から言葉が出た。
「ゴメンね、メリー。貴女の気持ちも知らずに思いっきり怒鳴っちゃって。……辛かったんだよね。でも、ほら」
「蓮子………?」
メリーの手を取り、私の頬に触れさせる。
「……ちゃんと触れるでしょ?私はここに、メリーの隣にいるから」
「………うん」
メリーは泣きながら笑っている。
そして、しっかりと私の頬の感触を確かめていた。が。
「いひゃい、いひゃい!!ひょっとメリー!?」
「………」
何故か思いっきり抓られた。しかも無言で。







やっと解放されたのは、それからたっぷり2分は経った後だった。
「……いきなり何すんのよメリー」
「別に?」
まだ頬が痛い。おかげでしんみりとした空気がどこかに飛んで行ってしまった。
「あのね、蓮子……」
「………何よ」
不貞腐れた私に対して、クスッと笑ってからメリーは話し出す。
「もう、夢の話なんてどうでもよくなっちゃった」
「何よ、それ」
メリーのどうでもいい発言に思わず苦笑する。
私が悩んでいた時間は、結局はあまり意味がなかったらしい。
「まだ起こっていないことに対してどうこう言ってても仕方ないし。なにより」
「ん?何、メリー?」
一旦言葉を区切ってこっちを見つめるメリー。
さっきよりも穏やかな表情だった。
「秘封倶楽部はこんな夢のせいで終わるものじゃないって、思い出したから」
「……当たり前じゃない。今更思い出したの?」
からかうようにそう言うと、予想に反してメリーは笑いながら言った。
「ええ。今更、蓮子のおかげで思い出したのよ」
「私のおかげって……」

―――何もしてないんだけど。

そう思ったが声には出さず、笑って誤魔化した。
ひとしきり笑いあってから、ふと、メリーが表情を改める。
「………実を言うとね、まだ怖かったりする」
「……うん」
「蓮子がいなくなっちゃうような気がするの」
「うん」
「もう、結界を暴けないかもしれない」
「うん」
「だから………」
「うん」
「……ねぇ、蓮子」
「うん?」
「私の話、ちゃんと聞いてる?」
「うん」
「……もう一回、抓ってあげようか?」
「……あのさ、メリー」
メリーの言葉を遮る。これだけは絶対に言っておきたい。
「メリーは一人じゃないし、もし、仮に夢のようなことが起きたとしても、私は必ず貴女を見つけ出すから。………メリーは?」
「………そんなの、蓮子と同じに決まってるじゃない」
「……なら、悩む事はないわ。私はメリーを信じるし、メリーは私を信じてくれている。怖くたって、二人でいれば大丈夫よ」
「そう、よね……でも………」
「さてと」
まだ何か言いたそうなメリーを制して言う。
そろそろいつもの私たちに戻るとしよう。
「次の行き先は決まっているわ。帰ったら計画を立てましょう?」
「あ、ちょっと、蓮子!」
歩き出した私の後を、メリーが慌てて追いかけてくる。
………やっぱり、こうでなくちゃね。
後手に回るのは私らしくないわ。



「メリー」
「何よ」
「………秘封倶楽部は永遠よ!」
「………ええ!!」










彼女が抱えていた苦しみを、全て消す事ができたわけじゃないけど。
私たちは二人で一つだから、その苦しみも全部分け合える。
一人じゃできないことは二人でやればいい。
それが、彼女の隣に立つ私にできることなのだから。






私たちは、再び歩き出す。
全ての始まりである、あの場所へと。
―――貴女はその眼で何を見る?

夕日が射し込む教室に、私と彼女はいる。

―――私のこの眼は、世界の夢を見る事ができる。

世界の夢とは何か。彼女は何を見ているのか。

―――世界は夢を見るのよ。忘れられた者たちの夢を。

忘れられた者……即ち……。

―――そう。世界の夢とは幻想。幻想があるから、世界は形を維持できる。

何故……?

―――考えてみなさい。幻想のない世界のことを。

………そんな世界、世界とは言えないわね。

―――でしょ?

笑ながら、しかし寂しそうに彼女は言った。

―――醒めることのない永遠の夢。その一部を私は見る事ができる。

……もし、その夢が醒めてしまったら?

―――幻想は消え、世界は壊れてしまうでしょうね。

壊れたら、どうなるの?

―――さあ、そこまではわからないわ。けど……。

けど?

―――少なくとも、楽しい世界ではなさそうね。……さてと、話はここまで。

言葉が途切れる。

―――さあ、秘封倶楽部を始めましょう?

彼女は紫色の瞳を細め、私にそう告げた。



□■□


どうも、白ココアです。

え~、今回の作品はサイドわけて書いています。
メリーサイドも出来上がり次第、すぐに投稿させていただきます。
そちらも読んでいただけると嬉しいです。
白ココア
arasi_1341_398_lve_horn@yahoo.co.jp
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.410簡易評価
1.80奇声を発する程度の能力削除
良い秘封でした
メリーサイドも楽しみです
4.100名前が無い程度の能力削除
イイネ
6.80名前が無い程度の能力削除
秘封倶楽部よ永遠に!