Coolier - 新生・東方創想話

HEAVEN or HELL

2011/02/17 03:31:40
最終更新
サイズ
2.86KB
ページ数
1
閲覧数
303
評価数
0/25
POINT
470
Rate
3.81

分類タグ

お?気が付いたみたいだね?おはよう、よく眠れたかい?


…まだボケてるみたいだね、そりゃそうか、すぐに理解しろってのが無理な話さね


まぁ幸い時間はたっぷりある、優雅に午後のおしゃべりとしゃれこもうじゃないか


さ、何か聞きたいことはあるかい?


…ここはどこかって?


…まぁ平たく言えばあの世さ、お前さんは死んだんだ、妖怪に喰われてね


うん、それはもうムシャムシャと、骨すら残さなかったみたいだね


冗談だって?はは、それはあたいも冗談くらいは言うさ、あんたみたいな奴をからかうのが一番楽しい


ただ死に関しては別さ、もう一度言うよ


あんたは死んだ


…おいおいっ、暴れるんじゃないよっ、船が壊れちまうだろ


あんたは良いかもしれないけどえーき様にどやされるのはあたいなんだからっ


とにかく落ち着きなってば、ほらほら、深呼吸深呼吸...


…落ち着いたかい?まったく、近頃の輩は往生際が悪いというか...


え?あぁ、いいよ謝んなくて、あたいもこれが仕事みたいなもんだから


…あたいかい?そういえば自己紹介もまだだったね、あたいの名前は小野塚小町、ただのしがない死神さ


そういうあんたはどうなんだい?


…思い出せないか、まぁそりゃ当然か、転生が近づいてるからね


ほらあそこに岸が見えるだろう?あそこが噂の彼岸ってところさ、あんたの最終目的地


あんたはあそこでえーき様、いわゆる閻魔様に裁きを受ける


どんな裁きかって?簡単に言えば二択、天国か地獄だね


…自分はどうなのかだって?はっはっは、そればかりはえーき様に聞いておくれよ


…そうだねぇ...


あんた、嘘はついてきたかい?そう、嘘さ


誰かを騙したり裏切ってきたかどうかさ


たとえば一方が嘘をついたとしよう、もちろんその人は悪気があって嘘をついた訳ではない


だが嘘をつかれた方にとっては単なる裏切りでしかない


そりゃそうさ、一瞬でもその人物を信じていたんだからね、それが最も信頼していた者なら尚更さ


ちなみにただの余談だけどあたいは嘘って奴が一番嫌いなんだ


…どうしたんだい?黙りこくっちまって


…そうかい、あんたも嘘をついた覚えがあるんだね?


うん、うん、断片的にだけど死ぬ間際嘘をついたと...


なるほど、こりゃあんたも地獄行きかなー?


ま、どちらに行くにしても後悔だけはしちゃいけないよ?


それまであんたが歩んできた道なんだ


最後まで自分の行動に責任を持ちな!


…はい、そんなこんなでとうちゃく~


このまままっすぐ歩いて行けば裁判所に着くから


というわけであたいの役目はここで終わり


それじゃあ運が悪ければまた会おうか


ふふ、冗談だよ冗談


じゃあ達者でね~


…『ここは俺に任せて君は早く逃げろ!俺もすぐ追いつくから!』


かぁ~、いや~今時こんな言葉を言う奴が本当にいるかね?


まぁこんな風に言われたら言われた方は待っちゃうよな~


いやいや、あたいもそんな風に言われたいね


そういう嘘なら大歓迎だよ


さてさて、どうなることやら、まぁあの人のことだから判決は決まってるだろうけどね


さて、そろそろ仕事に戻りますか~、またえーき様に叱られたらたまったもんじゃないからね


あ~あ、休み欲しいなぁ~、仕事頑張ってるんだから少しくらい...












天国と地獄。


あなたは一体どちらに行くのでしょうか...
初めましての方は初めまして。

そうでない方、またお会いできて嬉しいです。

紅夜と申します。

この度は閲覧して頂きありがとうございます。

今回は一人語りに挑戦してみました。

読みづらかったりしたらすみません。

また次回もお会いできたら嬉しいです。

それでは。
紅夜
http://
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.470簡易評価
0. コメントなし