Coolier - 新生・東方創想話

門の前でひとり

2010/12/29 01:07:00
最終更新
サイズ
0.18KB
ページ数
1
閲覧数
1018
評価数
10/33
POINT
740
Rate
4.50

分類タグ


「咲夜さぁ~ん」
チルノ「何?」
美鈴「あれ? 咲夜いないの?」
チルノ「見てない」
美鈴「そうですか、ありがとう」
咲夜「ヒューッ!」
レミリア「ヒューッ!」
美鈴「ヒューッ!」
☆紅美鈴・キャラ設定☆

チルノの化身。
実はチルノよりも強い。
いつもニコニコしているが、実は万能なチルノ。
気を使う能力のチルノ。
あらゆるチルノというチルノを吸い尽くし、チルノすらもその手腕の中に収める。
実は紅魔異変を起こしたのはチルノ。チルノを能力によってチルくした。
チルチル。
チルノにも気に入られているし、チルノはもうチルノにメロメロ。
チルノは親にすがりつくかのようにチルノに飛びつくし、あの寡黙な客人チルノですらチルノを心底頼りにしている。
体はチルノ。チルノ達に常に下卑た視線で見られているが、おっとりしたチルノはチルノ。
チルノはいくら殺しても構わない。チルノはチルノの引き立てチルノとなって死ぬためにいる。
必殺技はチルノネスオーバーチルンノエタチルノ。
チルノを応用した最終奥義。チルノ。究極チルノ。相手はチルノ。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.470簡易評価
1.60名前が無い程度の能力削除
あとがきが台無しにしてしまってる感が否めません。
厨二設定を出してるのを本当にわざとアピールしてるのが残念です。
最近あとがきで勝負みたいな風潮があるからでしょうか?
本文は説明不足な部分もありましたがこういう考え方もあるのかと
考えさせられ面白かったです。
次回は是非本文での勝負を期待します。
3.10名前が無い程度の能力削除
何がしかへの敵意と、読者への悪意は感じられました。
5.10名前が無い程度の能力削除
正直、不快でした。
6.10名前が無い程度の能力削除
わざとやってますね。
7.無評価名前が無い程度の能力削除
まあまあまずは落ち着いて
傍からは自棄っぱちにしか見えませんよ?
9.10名前が無い程度の能力削除
ありがちな美鈴の設定を皮肉っているのでしょうけど全く面白くありません。
どうせやるならこんないい加減な展開にせず、もっと過程をしっかり書いて欲しかったですね
11.無評価名前が無い程度の能力削除
悪意を書きなぐるだけ書きなぐった感じ。
読んでみて投稿を使っての八つ当たり、もしくは何かのはけ口を求めた様に見える。
そういうものならば評価される場のそそわに出すべきものじゃない、と思うが。
14.10名前が無い程度の能力削除
僕が作者の掌の上で踊っているに過ぎないことは自覚している。
17.10名前が無い程度の能力削除
仕方がない釣られるか
18.10名前が無い程度の能力削除
すごいね
ふうしできるおれかっこいいね
19.無評価名前が無い程度の能力削除
内容はともかく文章が拙いな
20.無評価名前が無い程度の能力削除
これが面白いと思って書いてるのならそのまま突っ走ってください応援してますよ
22.無評価名前が無い程度の能力削除
もうさ、作品全部消して名前変えて一からやり直した方が良いよ
23.80名前が無い程度の能力削除
馬鹿にしてるの?
27.60コチドリ削除
毒を吐き出す行為それ自体が作者様の精神の安寧を保つのならばそれも良し。
ただ、この場所に投稿するという事は、読者に対する貴方なりの意図があったのだとも思います。
ならやっぱり作品を喰わせなきゃ。

特製クッキーに見せかけたホウ酸団子。
アーモンドチョコに混入した青酸カリ。
ナメコだと信じ込ませたニガクリタケ。

喰わずに捨てられるのは作者の力不足。
騙されて中毒になるのは読者の自己責任。
中には毒が裏返って俺様復活! みたいな人だって居ると思うしね。
健闘を祈ります。
28.無評価名前が無い程度の能力削除
大漁おめでとうございます