Coolier - 新生・東方創想話

あれ。どこだっけ?

2010/10/07 16:42:01
最終更新
サイズ
4.7KB
ページ数
1
閲覧数
508
評価数
2/19
POINT
940
Rate
9.65

分類タグ

 浴槽から上がった時は、まるで自分から湯気が出るようだったのに、今はかすかに熱が残るのみ。
 まあ、少し肌が赤いですから、お風呂上りだなってのはわかると思いますが。
「お客さん、お客さん」
「なんでしょう」
「今日はどうしましょうか」
「いつものお願いします」
 後ろで髪を拭いていた彼女に返事をすると、くすりとした笑い声。
「好きだね、あきゅ」
「人に髪を触られるのって、気持ち良いんですよね」
 とは言っても、誰彼構わず触らせる、というわけではないですが。
「櫛貸して」
「あれ。昨日渡したままなはずですけど」
「え、と。そうだっけ。なら、その中に入ってると思うけど」
 背中の方から手が伸びてきて、私の目の前の鏡台に触りました。
 下の方に物いれがついてるんですよね、これ。いろいろ詰めすぎて、おかしなことになってたり。
「そうそう。思い出してきた。たしかこの棚に」
 かた、かたと音をさせて引き出す。
 目に見える範囲には、櫛なんてない。
「ない、んだけど」
「ないみたいですね」
「どこ置いたっけ?」
「私は知りませんが」
 鳥は取らずにとりあえず、中身を出してみましょ、ああ、こんなところに桜の栞。
「ミスティアさんミスティアさん」
「んー、なに?今ちょっと置いた場所思い出してるんだけど」
「探している時には探し物は出て来ないものですよ」
「そうだけど。でも、失くしたままは気持ち悪いし、」
 阿求のだし、ね。
「そういう相手を心遣う気持ちがあるのなら、なんでもかんでもこういうもの入れに入れるのはやめましょうね。数ヶ月見つからなかった栞やら、せっかくもらったあなたのピアスなんかも奥に押し入れられて」
「ち……ん。はい、ごめんなさい」
「がみがみ言うようですけど、あなたもお店をやっているのだから、こういった小まめなことが大事、と、で、思い出しました?」
 あまり言い過ぎるのも難ですし。このまま話を続けてたら、朝になってしまいます。
「あー、その、阿求の話を聞くのに精一杯で。要領わるいから」
「そういうのは真面目っていうんですよ。人の話を聞きながら別のことを考えるより好い、と」
 そう言うならば、思い出したか聞くべきではない、というのは言わないでおくとしても。
「たとえば、昨日着た服の、どこかにいれたとか」
「見てくる」
 ばっと立ち上がって、飛んでいくミスティアを眺め、って、比喩じゃなく本当に飛ぶのはやめ、
「ああ、もう!危ないから家のなかでは飛ばない!」
 驚いたのか、体勢を崩して床にべちゃり。私なら骨折しそうですね、あれ。
「本当、騒がしい……」
 まあ、それも楽しいのですが。
「はて、まあが口癖になったような」
 まあまあ、あらあら。使い勝手のいい言葉ですしね、まあとかあらは。
「なにもなくともとりあえず、ことに事欠きそういえば、まあと驚き、あらと気付く、なぁんて言葉遊びは流石につまりませんか」
 そんなことを言っていると、どたどたと走る音。
 夜なんですから、静かにしてほしいものですが。ま、いえ、今私はまあなんて言ってませんよ、もちろん。
 走る音ぐらいならご近所には聞こえないでしょうけど。宴会ほど騒がしいわけでもなし。
「あったあった!洗う前でよかったぁ……」
「ええ、よかったですね。廊下は走らない」
 走って部屋に入ってきた彼女に言いました、けど、たぶん、いえきっと、守らないんでしょうけど、走らないというのは。
「でも飛んじゃ駄目だって言うし」
「歩けばいいじゃないですか」
 危ないですし、ね。
「でも、待たせてるし。ん、ほら。じゃあ梳こっか」
「ふぅ……、ええ。では、お願いしますね」
「ため息?幸せが逃げるよ?」
「幸せは薄くなるだけで、逃げませんよ、ため息では」
 髪の中ほどを持ち上げられ、そこに、つ、と櫛が入る、
 すぅと引かれて、ぱらと先が数本落ちる、気がした。見えませんし、後ろに目はないので。
「あきゅはシャンプーとか買わないの?いいらしいけど」
「新しいものに着いていけない人なので」
「ま、高いしね、まだまだ。河童とかが量産しだすまでまだまだ時間かかりそうだし」
「それに、あの、ぽんぷ、ですか。使ってるうちに壊してしまいそうですし」
「阿求ってそんな不器用だっけ」
 いえ、そうではなく、
「あなたが壊しそうなので」
「私はそんな不器用じゃないんだけどなぁ」
 ぎぎぎ、と櫛で髪を引き、って、痛い痛い!
「それ、痛いですって!」
「痛くやってるんだもん」
「髪、抜け、つぁっ」
 ぷちり、と頭の方で音がした気がしました。
 数本、髪が、お亡くなりになられたようです。
「ミスティア」
「……はい」
「私の言葉も悪かったとは思いますが」
「はい」
「思いますが」
「繰り返さないでほしいんだけど。怖いから」
 怖く見えるように言ってるんですけどね。
「あなたのそれはやりすぎなんじゃないんでしょうか」
「ごもっともです」
「反省」
「ちん。じゃない、はい。してます、反省」
 ちんは、はいの意味だったんですか。
「ごめんなさいは?」
「ごめんなさい」
「じゃあ、私もごめんなさい。酷い言葉でした」
 不器用だなんて言われて不快に思わない人はいないでしょうし。
「ううん。ほんとに、ごめんね?」
「ええ。じゃあ、仲直り」
「ち、……うん。仲直り」
「ちん。じゃあ、続きを」
「えっと、なんで阿求がちんとか鳴くの?」
 いいじゃないですか。
「そういう気分なんですよ」
 櫛がすぅっと引かれて、ぱらりと髪の先が揺れる。
 お風呂上りの熱は冷め、まあそれでも心とかは暖かいものです。
「ああ、やっぱりまあが口癖に」
「え、っと。どしたの?」
「いいえ、なんでも」
 さぁて。明日はどんな日になりますやら。
 まだ、終わってはいませんが。
おんせん、いきたい
とっても、いきたい
◆ilkT4kpmRM
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.740簡易評価
7.100名前が無い程度の能力削除
あきゅーとみすちー…新鮮な組み合わせだけどアリですね
会話のテンポが良くてすっきり読めました

おんせん、いきたい
じかんが、ない…
10.100名前が無い程度の能力削除
これはいい雰囲気。素敵。