Coolier - 新生・東方創想話

藤原妹紅、喰われて候

2010/09/30 22:20:02
最終更新
サイズ
10.32KB
ページ数
1
閲覧数
3637
評価数
55/184
POINT
10700
Rate
11.59

分類タグ


 ああ、そうだよ。
 あいつは私を喰ってたよ。

 ……あいつが妖怪だったのかって?
 さあ、どうだろう。少なくとも私は人間だと思ってたがね。
 あいつは変な力は持ってなかったし、体力も人並みだった。
 怪我だってしたし病気にもなったし、おまけに今度は死んじまったっていうじゃないか。
 どっからどう見ても、立派な人間だろ。

 ……ちょいと、人の肉が喰いたいって欲望を持ってただけさ。

 しかしそうか、ついにお亡くなりか。
 蓬莱人の生き肝を喰ったらそいつも不老不死になる、なんてのはやっぱり嘘だったんだなあ。
 残念かって? さあ、どうだろう。
 ……良かったと思うよ。少なくとも、あいつにとってはね。

 ……ああ、あいつの一番のお気に入りは肝だったよ。
 何回喰われたかって? さあね、記録なんかしてないし、そもそも数えてすらいないし……
 よく分からんね、正直なところ。

 ……陰? 
 いや、ここのところは喰われたことないね。
 乳房もだ。顔も手足も喰われたことないっけなあ、確か。
 うん、あいつが興味あったのはわたしの腹の中身だけだよ。
 大体喰われたことあるんじゃないかねえ。胃も腸も、名前知らない臓器も……

 そもそもあいつ、見たがらなかったしね。乳房やら陰やら。
 あいつがわたしで満たそうとしたのは食欲だけさ。女として相手したことは一度もないよ。
 むしろその辺は遠慮してたな。紳士的だったよ、あいつ。

 ……そっちの方がよっぽど変態的だって?
 うん、あるいはそうかもしれないね。

 あいつとの出会いか。
 さて、いつ頃だったか……こんな体じゃ時間の感覚が曖昧でね。
 でも少なくとも、あいつがまだ若い時分だったのは確かだよ。
 ちょうど、そう、向こうの方から……えらく暗い顔で、トボトボ歩いてきてね。
 そりゃ、びっくりしたよ。
 こんな奥まで普通の人間が入ってきたの、初めてだったもの。
 案外、どこぞの兎が悪戯したのかもしれないね。
 わたしと会ったのが幸運だったのかどうかは分からないけど。

 ……何しに、か。
 さあ。聞いたことなかったからなあ。
 でも多分、死にに来たんじゃないかと思うよ。
 自殺だよ、自殺。
 家族に迷惑かけたくないから、ってさ。

 わたしと出会った頃には、もう既に限界に来てたのさ。
 そう、食人衝動だ。
 どうしても喰いたくてたまらなかったんだってさ、人を。
 ……いやだから、人間だったって。あいつは。
 たまたまそういう……性癖?
 そう、そういう性癖を持ってただけだったんだろうよ。
 あんたにだって何かあるだろ、人に言えない性癖ぐらい。

 ……そうか。
 そういうのは、一人で。
 せめて、家の中だけにしとけよ。

 で、ええと。何の話だっけ。
 ……ああ、あいつの食人衝動ね。
 そう。子供の頃から、たまにそういう欲を感じることはあったらしいよ。
 我慢してたんだよ。我慢して我慢して……ある日とうとう、抑えきれなくなった。
 もちろん、そんなこと誰にも相談できるわけがない。
 そんなことがばれたら最後、どうなるか。
 自分だけじゃない、家族にまで害が及ぶかもしれないんだ。
 話せないよな、そりゃ。

 それでもう里にはいられないって思って、ここに迷い込んだんだろう。
 妖怪にでも喰われればいい、とかって、自棄になってたのかもね。

 わたしと会って、あいつはびっくりしてた。
 でもわたしだってびっくりしてたさ。
 普通の人間と会ったのなんて、いつ以来だったか。

 ああ、あいつは逃げようとしたよ。悲鳴上げてね。
 ……さあ、どうだったんだろうねえ。
 こんなところにいる女が怖かったのか。
 それとも、その女を喰ってしまうかもしれない自分が怖かったのか。
 聞いたことはないさ。興味がなかったからね。

 わたしは追いかけたよ。すぐに捕まえた。
 何故って?
 ……まあ、なんとなくだよ。
 いや、ひょっとしたら寂しかったのかもね。
 久しぶりに普通の人間と会ったから、話がしてみたかった。
 それだけの話かもしれない。ただ単に。

 で、とりあえずこのボロ屋の中に引っ張り込んで、落ち着かせてね。
 あいつはなかなか口を割らなかったよ。
 でも優しく話しかけてやったら、その内ぽろぽろ涙を零しながら話してくれたさ。
 辛かったこと、苦しかったこと、何もかも、すべて。

 ああ、信じたよ。
 私みたいなのに比べれば、ずいぶん常識的な話だったもの。

 話し終わったあいつは、わたしに礼を言って出ていこうとしたんだ。
 話を聞いてくれてありがとうございました、これで心おきなく、なんて言ってね。
 わたしは引き留めたよ。
 嫌がって暴れるあいつを思い切り抱きしめてね。
 怒鳴ろうが喚こうが、離しはしなかった。
 絶対離してたまるもんかって思ってたよ。

 それでその内、あいつの声が獣の唸りみたいな感じに変わっていった。
 目が異様に輝いて、口の端から涎が垂れて。
 表情といい目の色といい、半ば正気を失ってたね。
 でもまだ、理性の一欠片ぐらいは残ってたらしい。
 あいつはなかなか事に及ぼうとしなかった。
 ギリギリのところで踏みとどまっていたんだね。

 だからわたしは言ってやったのさ。
 いいよ、って。

 それから先はまあ、あんまり聞きたい話でもないだろう?
 喰われたよ。物凄い勢いでね。
 そりゃそうさ、何年分も溜に溜めてきた欲望だもの。
 さすがに人間の歯だから、骨までは喰えてなかったがね。

 で、どんぐらい経ったかなあ。
 そうそう、そこの窓からぼんやり朝日が差してきた頃だったかな。
 指についた肉片を舐め取ってたあいつの目に、ちょっとずつ理性が戻ってきてね。
 次の瞬間ハッとして、わたしを見た。

 そのときわたし、腹の中ほとんど空っぽだったけどさ。
 命はともかく気を失いそうで辛かったんだけど、ギリギリで踏ん張ってた。
 だって、その後何が起きるか、ある程度は予想できてたからね。

 案の定、あいつはひどく狼狽したよ。
 ああ、わたしはなんてことを。ついにやってしまった、なんてね。
 それで血塗れのまま、ボロボロ涙を零し始めてね。
 しばらくしたら涙を拭って、無表情でこっちに背を向けた。
 ああこりゃやばい、と思ったね。
 あれは死にに行く表情だ、ってすぐ分かったから。

 だからわたしは、相当辛かったんだけど、なんとか声を出したのさ。
 待て、ってね。
 よく声なんか出たなって、今でも思うよ。
 奇跡だったね、それこそ。

 声が出たのも奇跡なら、あいつに届いて振り返ってくれたのも奇跡だった。
 そりゃもう、驚いてたよ。空飛ぶんじゃないかってぐらいの勢いで戻ってきてね。

 生きていらっしゃるのですか。すぐに医者を。

 なんて言うもんだから、

 いや、いい。このままでいい。
 いいからそばにいろ。

 そう言ってやったよ。
 ああ。わたしは医者いらずだからね。放っときゃ直るんだ。

 で、戸惑うあいつの横でじっとしてたら、その内傷が再生してね。
 ああ、すっかり元通りさ。
 あいつに喰われた腹の中身も、全部ね。

 あいつはそりゃあびっくりしてたさ。
 わたし? ……ほっとしてた。

 ああ良かった、逃げずにいてくれた、ってね。

 今度はわたしが打ち明け話する番だった。
 あいつは身じろぎ一つしなかったよ。
 聞き終わったら、床に頭こすりつけて言ったよ。

 申し訳ございませんでした、ってさ。

 だからわたしは言ってやった。
 そしたらあいつはすぐに言い直したよ。

 ありがとうございました、ってさ。

 ああ。凄くいい気分だった。
 普通の人に面と向かってお礼を言われるなんて、いつ以来だったか。
 背中を向けてさよなら、だったら、嫌ってほど経験あったけど。

 それからわたしたちは、一つ約束ごとをしたのさ。
 もしまた今度人が喰いたくてたまらなくなったら、ここに来てわたしを喰うように、って。

 あいつはもちろん渋ってたよ。そんなご迷惑をかけるわけにはいきませんって。
 だからわたしは言ってやった。
 それならそれでもいいが、他に腹の中身を喰わせてくれる奴なんかいるのか、って。
 わたしを喰えばこうして正気でいられるんだから、そうしておけって言ってやった。

 あいつはしばらく迷ってたけど、また頭を下げて言ったもんさ。
 ありがとうございます、って。

 ああ、実にいい気分だった。
 最高だったよ、正直。
 天にも昇る気持ちってやつさ。

 ……本当に昇れたらもっと幸せだったのになあ。

 それから先の話?
 まあ、聞かなくても大体分かると思うけど。

 うん。続けたよ。
 あいつが喰って、わたしが喰われて。

 あいつの食人衝動は一生治まらなかったさ。
 ついこないだだって、ヨボヨボになってもわたしを喰いに来てたんだもの。
 最後の方はもうほとんど歯がなかったから、わたしが自分の肉千切ってやってたけど。
 まあ爺ちゃんが突然孫を甘噛み、とかよりはマシだったんじゃないかね。

 ……そうだね、いたらしいね、家族。
 普通に結婚して、普通に子供作って、普通に年くって。
 そんな普通の人生だったって、最後に言ってたよ。
 わたしにお礼言いながらね。
 あなたのおかげで最後まで人間でいられました、ありがとうございます、だってさ。

 ……よしてくれ、あいつは人間だよ。普通の人間だ。
 だって、あいつは最後まで食人なんかやらんかったもんな。

 喰ったのは化け物だけさ。

 人を喰うよりは人道に外れちゃいまい。
 閻魔様だって、きっと許してくださるさ。

 ああ。これでわたしの話はおしまいだ。
 他に話すようなことなんか、何もないよ。
 喰って、喰われて。それを繰り返してただけさ。

 つまらなかったかい?
 まあ、やってることが異様な割には、至極平穏な話だからね。
 あいつは上手く隠してたみたいで、誰かにバレることはなかった。
 不思議と、ここに来るとき妖怪に襲われるようなこともなかったみたいだしね。
 ……仲間と勘違いされてた、か。
 なるほど、それはあるかもしれないね。
 あいつは人間だったんだから、誤解もいいところだけど。

 話せることはこれだけだよ。
 それとも他に何かある?

 ……なぜそこまで親切にしてやったのか、って?

 ……。

 ……自分のためだよ。
 ……誰かの役に立ちたかった。
 ……誰かに、喜んでほしかったんだ。

 だって、そうだろ。

 誰にも迷惑かけずにあいつの欲望を満たしてやれるのは、わたしだけだったんだ。
 わたしがあいつに喰われてやれば、あいつは人間として人間の中にいられる。
 あいつを人間にしてやれるのは、世界中にたった一人、わたしだけだ。
 そう思ってたんだ。

 わたしはそうやって、あいつのためになんかしてやって、あいつの役に立ってさ。
 そういうのって、とても人間らしい感じがするじゃないか。
 だから……

 ……いいじゃないか、しみったれた話は!

 あいつは幸せに生きて幸せに死んだ。
 人間の中で人間として生きて、何人かの人間に愛されて、何人かの人間を幸せにした。

 それだけの話さ。
 いいじゃないか、それで。

 ……。

 ……ありがとう。

 ……違うよ! 泣いてなんかないよ!
 これはあれだよ、ほらあの……

 ……蓬莱汁だよ。

 なんだそりゃって?
 ……そんなことわたしが知るわけないだろ、ばか。

 ……あ、そう。帰るかい。
 それがいい。もう話すことなんかないし。
 今の話も、話さない方がいいよ。
 ほら吹きどころか、死人を悪く言う人でなし呼ばわりされるのが関の山だからね。

 ……ああ。
 あんたがどこでこのこと知ってここに来たのかも、聞かないでおく。
 少なくとも、あんたにはわたしの助けなんか必要なさそうだからね。

 ……だから泣いてなんかないよ、ばか。

 ……。

 ……うん、それじゃあね。
 もう会うこともないだろうけど。

 さよなら。

 ……。

 ……。

 ……。

 ……ああ。また一人ぼっちか。

 ……あいつ、最後に会ったときなんて言ってたっけ。
 ……ああ、そうだ。

 生まれ変わったらまた会いに来ます。

 ……そんなこと言ってたっけ。

 馬鹿野郎が。二度と会いたくないよ。
 今度は変な性癖持たずに生まれてこいよ。
 そしたら今度は、こんな変なのと関わり合いにならずに済むんだから。

 ……。

 ……ああ。
 ……また、誰にも喜んでもらえない生活に逆戻りか。

 ……ああ。



 さびしいなあ。



 <了>
「見てらんないからちょっと殺し合いしてくる」
aho
aho_toho@yahoo.co.jp
http://aho462.blog96.fc2.com/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.5870簡易評価
1.無評価名前が無い程度の能力削除
ahoさんの作品の最初にコメントを書けることの光栄さ。
しかしこれは・・・!
4.90名前が無い程度の能力削除
なんだ、この引き込まれるような狂気は・・・
5.100名前が無い程度の能力削除
賛否分かれそうだが、俺は好きだよ
6.10名前が無い程度の能力削除
ショッキングなテーマだけに、心情を掴みかねて……
生きながら食われるなんてのは恐ろしい苦痛でしょう。ただ、この作品を読んでも弾幕ごっこですら泣いている妹紅が、なぜそれを受け入れられたのか納得できませんでした。
7.80名前が無い程度の能力削除
いやー、なんかよくわかりませんでした
雰囲気とかテンポとかきっといろいろな部分に気を遣って書かれてるのかなーとは思うんですけどね
それでもやっぱりわからないなりに「なんかいいな」と思いましたんでこの点数で
8.60如月日向削除
妹紅も人とつながりを感じていたかったのでしょうね。
そんな彼女こそ、化け物ではなく人間なのでしょう……。
9.100名前が無い程度の能力削除
作中でも言ってるとおり、行為が常識はずれなだけで二人とも至極真っ当な人間なんだな
10.80名前が無い程度の能力削除
もこけねかと思ってたらかぐもこだったかww
しかし何か惹きこまれたなぁ
12.90名前が無い程度の能力削除
ああ、なんとも。なんと言ったらいいのか。
13.100名前が無い程度の能力削除
うわー当時の妹紅の気持ちを考えると、求められる、忌み嫌った不死の体が役に立つって事で
やっちゃったんでしょうが罪作りな。んーでも自殺の方が駄目なのかな?
残された妹紅の気持ちは別としても、誰も不幸になってない話なのにどうにも救いがたい感じ。
閉鎖的幸福空間というか倒錯した夫婦関係というか……。
なんだかとっても淫靡な印象の作品でした。
14.90名前が無い程度の能力削除
おなかがすいてきました
16.100yunta削除
心の中で人との繋がりを求める妹紅が、ひたすら自分を化物と卑下する様は悲しいですね。
そしてまた喰って喰われてという尋常ではない関係でしか、結局は他人と関われなかったとは。
これが永夜抄前の話である事を望みますねぇ。
21.100名前が無い程度の能力削除
やべぇ超俺得
二人とも人間過ぎるだろ……
27.70名前が無い程度の能力削除
私、aho氏の作品を読むと基本は登場人物に確かな命を感じるんですが、今回はありませんでした。
強烈かつ明確なテーマ性を感じさせる作品ではあるんですが、そういう説得力こそあれど、登場人物が生きていません。
妹紅の語りに出てきた人物の描写が少なすぎて「妹紅にこういう事を言わせる為の舞台装置」に成りきってしまっている感があるかと。
得てして一人語りとはそういう物だとも思いますが、一人語りとしても少し短すぎたかもしれません。
29.70名前が無い程度の能力削除
食われたお返しが男の感謝だけってのは薄い気がする。
もっと人間的で親友のような関係もあれば妹紅の最後の言葉はもっと重くなると思う。

っていうか長編向きな設定なキガス
短編にしちゃうのは、ちょっと勿体無い
31.70幻想削除
ちょっと物足りなさを感じました。
32.80名前が無い程度の能力削除
aho氏としては珍しい短編。
毎回深いahoワールドを楽しませて頂いてるので、この長さなのは残念。
35.60床間たろひ削除
気持ちは凄くよくわかる。

自分の価値を信じられなくなった時、せめて野山でのたれ死ねば獣や虫の役には立てるのになぁ、ってそういう衝動に駆られる時が。千年も生きてるんですもん、そんな気分になる時もあるでしょう。

とはいえちょっと食い足りないのも事実。
もっともっと余すところなく食い尽くしてみたかったです。
36.50名前が無い程度の能力削除
たまたま変な性癖あるだけの普通の人って感じ?吉良吉影のような……
38.90名前が無い程度の能力削除
なんだかわかんないですけど
独りはいくつになってもさみしいものです
42.70名前が無い程度の能力削除
それが非合理的である程、
其処に自己を存在せしめる事由を見出してしまう…
とても他人事には思えないw

ただ他人事でないだけに、
二人の衝動が噛み合うキッカケに違和感ががが
43.100名前が無い程度の能力削除
蓬莱汁に吹いたw
まさになんだそれw
45.50名前が無い程度の能力削除
いつものahoさんの作品に慣れすぎているのかもしれませんが
そのいつものような感動を感じませんでした。

もしかしたらこれはいい作品なのかもしれません。
が、ahoさんの作品で初めてつまらないと思ってしまいました。
すいませんが今回だけはこの点数で
50.100名前が無い程度の能力削除
ちょっと周りと違うだけで立派な人間だねこの人は。
よくその衝動を何年も我慢し続けられたものだ…
51.80名前が無い程度の能力削除
輝夜……
52.80名前が無い程度の能力削除
このテーマ設定は面白い。面白いけど、短編でやるのは余りにもったいないですよ。
他の不死者(ぶっちゃけ輝夜と永琳)も絡ませてより濃厚なシリアス長編に仕立て直してみるのはいかがでしょう?
61.100名前が無い程度の能力削除
最後の一言に全てが集約されていましたね。
自分をバケモノと定義する妹紅。その精神性はともかく、永年を老いも死にもせずに永らえる妹紅は、確かにバケモノなのでしょう。しかし只のバケモノではなく「元人間の」が着く彼女には、やはり人間の部分が残っており、残っているが故の苦しみがあるのでしょうね。
つまり、カニバリズムという異常さへのインパクトに隠れて、本当の意味でこの作品のテーマとなっているのはやはり「死なない人間」そのものの精神性だったのではないかと感じています。
62.100名前が無い程度の能力削除
何という狂気な狂喜・・・
なんかあとがきまでもが狂気に見えてくる。
いや殺し合いだから十分狂気か・・・
64.100名前が無い程度の能力削除
実際、いたしね。我慢できなくなって、食べちゃった人。
確か、まだ生きてた筈だけど。

食人衝動は、立派な精神病だよ。吸血衝動と同じで。
65.90v削除
「生きてるって、なんて素晴らしいことなんだろう!」
70.100名前が無い程度の能力削除
言うに事欠いて「蓬莱汁」てwww
照れ隠しにしてももう少し言葉があるだろwww

実は自分、ahoさんがたまに書くこの系統の話がツボです。
72.100名前が無い程度の能力削除
イカレた性癖と真っ当な倫理観の持ち主にも幾ばくかの救いと、ささやかな幸せを!そんな妄想にある程度の説得力を持たせる素材として、妹紅はもってこいの素材だったと思います。
私はとうにそんな救いと幸せを諦めましたwww
だからこそとっても魅力的な作品でした。ご馳走様
76.100名前が無い程度の能力削除
食人衝動と蓬莱人……実に相性のいい組み合わせですとも。
生まれ変わったら違う形でもこたんと仲良くなって欲しいが、同じ形でもいいぞ。
77.100名前が無い程度の能力削除
あとがきが好みでした。
80.100愚迂多良童子削除
語り口からエルシャダイを警戒したが、取り越し苦労に終わってよかった。
幻想郷の人間が全員蓬莱人になれば狂気的な共存関係が出来そうな気がする。
83.100名前が無い程度の能力削除
妹紅…
84.60名前が無い程度の能力削除
点数とrate以上のモノがなかったかな…。
電波塔の一件が良すぎて私の目が腐っているのかなぁ。

妹紅らしさはありました。
87.100名前が無い程度の能力削除
これは良い狂気
89.100名前が無い程度の能力削除
これは良かった
90.無評価名前が無い程度の能力削除
妹紅のさみしさが染みました。
あと妹紅、あなたは自分のしたそれを偽善と断ずるけれど、それは確かにやさしさでもあるんだよ
91.100名前が無い程度の能力削除
点数忘れてたすいません
96.60名前が無い程度の能力削除
面白かったけど作者がaho氏という色メガネをとって採点すると
私はこの点数です。
98.100名前が無い程度の能力削除
作者がahoさんなのに読み終わってから気付いたw
あいかわらず見事な作品をありがとうございます
108.100名前が無い程度の能力削除
この男が死後どういう裁定を下されたのか気になります。
116.90名前が無い程度の能力削除
最初の語り口で何故かルシフェルを連想してしまった
120.90名前が無い程度の能力削除
俺は好きだぜ
121.100名前が無い程度の能力削除
これは狂気的…
122.100名前が無い程度の能力削除
人間がどう変化していくか全く予想ができない。
で、世の中にはたくさん人間がいる… いろいろ考えました。
125.100名前が無い程度の能力削除
お見事です・・・
133.100KASA削除
おもしれぇ……普通に話しがおもしれえ……
139.100名前が無い程度の能力削除
YABAI、こんな魅力的なテーマを考え付くなんて!
141.100名前が無い程度の能力削除
すごいなぁ……
142.80名前が無い程度の能力削除
私は好きです、このお話。
149.100名前が無い程度の能力削除
生きるってのは、むつかしいもんだな
172.100名前が無い程度の能力削除
この関係のドライさが、当時の妹紅の狂おしい葛藤を強調してるんだなあ
人と関わりたい、けれどベタついた関係は性質じゃない
感情の薄い襞が幾重にも重なって視える、ahoさん会心の短編だと思います。
173.90名前が無い程度の能力削除
いつも通り楽しめました。
次も頑張って下さいね。
180.100名前が無い程度の能力削除
近作では、よき友人に巡り合えたようで何よりです