Coolier - 新生・東方創想話

表と裏

2010/08/22 01:38:56
最終更新
サイズ
1.95KB
ページ数
1
閲覧数
339
評価数
3/20
POINT
420
Rate
4.24

分類タグ

「オリキャラ無理!」、「短文死ね」
と思う人はここでBACK!OKな方だけスクロールをして下さい。
出来ればコメントで感想を書いてくれたら嬉しいです。




気が付くと、男は向日葵に囲まれていた。
(あれ?さっきまで俺は.......)
男は記憶をぶり返そうとした。その時、

ガサッ

後ろから何かが近づいて来るような音がした。
男は、上半身だけ起こしてその音がした方向を向いた。
そこには、

白い日傘をさした女性がじっ...とこちらを見ていた。

「あら、こんな所に人間なんて珍しいわね。」
そう言いながら手を差しのべてきた。
男は、その手を掴んで立ち上がろうとした。
しかし、男は自分の足下にある小さな向日葵の存在に気づいた。
男は、その向日葵を踏まないように注意しながら立ち上がった。
「へぇ...貴方、優しいのね。」
女性が笑顔で言う。
男は、その笑顔にドキッとしてしまった。
「ああ、そういえば自己紹介が遅れたわね。私の名前は風見幽香よ。
貴方の名前は?」
「俺の名前は花澤っていいます。」
二人は互いに自己紹介を済ます。
「ねぇ...貴方、花は好きかしら?」
幽香が問う
「花...ですか?まぁまぁ好きですけど...」
花澤は答える。
「そう...なら、私の家に来ない?
貴方と話したい事もあるし。」
「え!?いいんですか?」
「いいのよ。一人暮らしだから。」
こうして、花澤は幽香の家でお茶をご馳走になりながら、花について語りあった。



「あら?もうこんな時間?」
幽香が時計を見ながらそう呟いた。
話に夢中になっていたせいか、時刻は午後六時半になっていた。
「それじゃあ、これ以上幽香さんに迷惑をかけたくないので、失礼しますね。」
花澤は、そう言いながら幽香の家から出ていこうとした。
その時、

突然、花澤の視界が真っ暗になった。

(あれ?)
花澤の体の異変は、それだけではなかった。
足に力が入らなくなり、まともに立っていられなくなってしまった。
「どうしたの!?」
玄関で倒れた花澤を見て、幽香が心配するような声で問いながら駆け寄る。
しかし、その質問に答える間もなく
花澤の意識は、眠りへと落ちていった。


ザクッ、ザクッ
「ふぅ。やっと埋め終わった。
あの睡眠薬がまさかあそこまで効果がでるのが早いとは思わなかったけど...
まぁいいわ。ちゃんと肥料として働いてね。花澤クン♪」





どうも。こちらではお久しぶり(?)です。ACE:Rを満喫している
只のバロス男です。
若干、日本語がおかしい所があるかもしれませんが、気にしないで下さいwww
この話のゆうかりんは少しキャラ崩壊してますねwww
これ以上は無理だった・・・orz(文字数が)(PS3のせい)
楽しんでいただけたら嬉しいです
只のバロス男
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.380簡易評価
4.10名前が無い程度の能力削除
あまりこういう話は好みでは無いのですが、勿論、それだけで辛い評価を付けはしません。
ですが、あまりにも短く、書き込みも少なく、単に理不尽なだけの作品にしか思えませんでした。

幽香に関しては、求聞史紀で「一般の人間には興味が無く」「特別な能力を持った人間しか相手にしない」などと書かれていますし、相当な力を持っているはずの幽香に、わざわざ睡眠薬を飲ませるという回りくどい方法をとらせている以上、花澤さんも何か特別な、幽香にそれをさせるだけの力を持っていると思いますが、残念ながらこの作品からはそれが一切見えてきませんでした。

少なくとも自分の感覚では、このような作品は少なくない読者に不快感を感じさせると思います、その不快感を作品の魅力に転じさせるには、何よりもそれを納得させるだけの書き込み、テーマが必要なのではないでしょうか? そして、私にはこの作品からそれを見いだすことは出来ませんでした。
11.10妖精削除
わざわざ眠らせる幽香さんの優しさに感動しました。
12.無評価山の賢者削除
花澤って誰?
13.20緩衝材削除
イ゙ゾノ゙グーン゙
14.無評価只のバロス男削除
花澤=オリキャラ