Coolier - 新生・東方創想話

夜鷹の夢

2010/08/16 16:54:53
最終更新
サイズ
2.13KB
ページ数
1
閲覧数
198
評価数
3/11
POINT
360
Rate
6.42

分類タグ

不意に、目が覚めた。

今まで眠っていたのだろうか。
それは違う。私は死んだはずだ。

ただ、歌を歌っている毎日。
たまに、屋台をやっていたりしていた、そんな生活。

そんな暮らしが、いつまでも続く思っていた自分が浅はかだった。

誰かが言っていたのを、耳にしたような気がする。

生きる者は、死ねば星になると。

そんな幻想を語る奴は、よっぽど頭がお花畑なのだろうと思った。
星になるなんて、ありえない。
それは、私も十分にわかっていた。

「死」という概念が、怖いから、そうやって誤魔化そうとするのだ。

それでは、あの不老不死の人間に問うたら、どのような返事が貰えるだろう。
蓬莱の人の形。
老いもせず、死を迎えることもない。

だが、私はただ、歌を歌うだけの存在。

不老不死じゃないから、いつか、朽ち果てる時が来るのはわかっていた。

死というのは、こんなにもあっけない。
だが、私の意識はこうやって存在している。

何かを、考えることも出来る。

何を、しようか。

やはり、歌うのだろうか。

なんにもない私に残されたことは、歌うこと。


思い出せ。
思い出すんだ。

ほら、見えるはずだ。

仲良く遊んでいた仲間達が、見える。


ここに見える?

ということは、そういうことか。



そうか、みんな、星になっちゃったんだね。



いつも蛙を凍らせて、悪戯ばかりしていたあの氷精も、
真っ暗闇を操って、あちこち木に激突していたあの妖怪も、
唯一思考回路がまともで、それ故にみんなからからかわれていたあの蛍も、

みんなみんな、いなくなったんだ。



それじゃあ、ここは何処なんだろう。

目を開くことはできるけれど、私の手足を見ることは出来ない。
それどころか、身体も見えない。

見えるのは、一面、真っ白の空間。
地上でも、宇宙でもない。

でも、星は宇宙に存在する。


それじゃあ、ここは何処なんだろう。



わからない。

いや、わかろうとしなくてもいいんだ。

私は、もう、歌を歌うことだけをすればいいから。


何かの奇跡が起きて、また夜雀として生まれ変わったとしても、
私は、ずっと歌い続けるんだ。

誰かに、この歌声が届けばいい。

悲しみとか、悔しいとか、そんなんじゃなくて。

優しさとか、嬉しさとか、そっちの方で。


出来れば、今度は夜雀じゃなくて、夜鷹として生まれ変わりたい。
もっと高く、空を飛びたい。
もっと強く、空を飛びたい。


そして、誰かに撃ち落されたとしても。





命がなくなるその寸前まで、私は歌い続けよう。
人は死んだら星になる
そんなことを言い出したのは誰だっけ?

「死」とは 
精神に先行して
まず肉体に依存する感覚から朽ち果てるものらしい

といっても 
抽象的すぎてよくわかんない
わかろうとしなくてもいい

自分が死ななければ 
そういうのはわからないのだから

きっとあの夜雀は
魂となっても
いつまでも歌い続けることでしょう

次に生きるとしたら夜鷹になりたいのかもしれないというのは
彼女のスペカにイルスタードダイブがあったから

それのルナの説明に

「夜の鷹 
 っていうとちょっとアレな意味」

と神主が言ってたけど

あれはF-117じゃなくて
売春婦のことを指していたのかーと知ったのはこれ書いてた最中

夜鷹といったらゾイドで
湾岸戦争で夜間爆撃に従事したあっちだろ

と 
思うわけであります



まあ
ありきたりなことを発言しても
僕ら人間はしっかりごはんを食べないと死んでしまうので
毎日おいしいごはんを食べて
がんばって生きていきましょう


あはは
少女カグヤ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.180簡易評価
6.無評価とくめーきぼー削除
死についいてよく書かれていい話だと思います。
 ところで、途中まで書いたものはどうすればセーブできるでしょうか?
9.60名前が無い程度の能力削除
みすちーが鳥として生まれたことに満足してたようでよかった、よかった。

気になったのは、夜鷹になりたいのは強く、高く飛びたいから。
でも、最期にやりたい事は歌う事という点に???と思いました。
もう歌しか歌えないから歌うのかな。
10.50山の賢者削除
そのうち歌声だけの妖怪になって化けて出るんですな。
11.70名前が無い程度の能力削除
さあ、謳おうぞ