Coolier - 新生・東方創想話

ある覚り妖怪の死

2010/04/27 00:39:26
最終更新
サイズ
2.99KB
ページ数
1
閲覧数
1083
評価数
18/43
POINT
2540
Rate
11.66

分類タグ


この物語を読む前に、笑顔になってください。
ここ最近で一番楽しかったこと、嬉しかったことを思い出して笑顔になってください。
上手に笑えましたか?
それでは、どうぞ。



あなたは、森の中を歩いていると一人の少女が地面に横たわっているのが目に飛び込んだ。
あわてて駆け寄ってみると、その少女はぜえぜえと荒く息を吐きひどく衰弱しているようだ。
あなたは、その少女に声を掛けて様態を確認してみる。

「あ、あなたは誰ですか?」

あなたは、少女に促されて自らの身分を述べた。
少女は、あなたの自己紹介に返事をしながら、息も絶え絶えに言葉を紡ぐ。

「そうですか。私は古明地さとり、只の覚り妖怪です」

あなたは、少女に軽く会釈するとどうしてここに倒れているのかを尋ねた。
さとりは、少し自嘲気味に笑って答える。

「ここで、死のうとしていたのですよ。誰にも悟られないように。
私には沢山の家族が居ました。だけど、誰一人として私の死期の事は伝えませんでした。
少し、馬鹿馬鹿しいプライドですけども、やはり私にとっては重要なことなのです」

そこまで言うと、彼女はその澄んだ瞳から涙を零し始めた。
あなたは、そっと懐より手ぬぐいを取り出して彼女の顔を拭いた。
彼女は、そんな涙など意に介さぬように話し続ける。

「ああ、皆は私の事を許してくれるかしら。散々心を読んでおきながら、
私の心は最後の最後まで向こうに伝えることは無かった、この傲慢なご主人様を。
ああ、空、燐、こいし……」

彼女は、うわ言の様にあなたの知らない名前を呟き始めた。
あなたは、彼女の罪悪感が胸に圧し掛かってくるような、そんな心地がした。

「ごめんなさいね、見ず知らずの貴方にこんな贖罪の真似事をして。
結局、わたしはどうのこうの言っても強くはなれなかった。寧ろ弱いからこそ逃げ出した」

あなたは、不意に堪えきれなくなって涙を流し始めた。あなたは、祈るように彼女の右手を握った。
さとりは、あなたの手を強く握り返しながら答えた。

「私のために泣いてくれているのですか?
こんな傲慢な私のために涙を流してくれているのですか?それとも自分のため?」

あなたは、何故だかわからないが君には生きていて欲しいということを懸命にさとりに伝えた。
しかし、彼女はゆっくりと横に首を振る。

「どうやら第三の目が寿命を迎えてしまったようで、もう貴方の心すら読めないのですよ。
今の私には、あなたがどんなつもりで涙を流しているのかわからない。
わからないからこそ、笑ってくれませんか。私は、心が読めない今だからこそ、人の笑顔をやっと純粋な気持ちで見れる。
人は、時に悪意で笑います。絶望で笑います。だけど、今なら……」

さとりは、ごほっと一つ嫌な咳をすると、口から黒い血を吐き出した。
あなたは、慌てて涙を拭いていた手ぬぐいで彼女の口元を拭った。

「もう、物を言う力すら無くなってきました。
少しずつ、五感が黒く塗りつぶされていくような感覚、これが死なのですね」

あなたは、今更ながら彼女を医者に連れて行こうと思い立ったが、既にそれが手遅れであることを悟った。
握っている手からも、少しづつ力が抜けていくのを感じる。
さとりが、不意に貴方の顔をじっと見つめた。そして、一つ何かを呟いた。
その呟きは声として発せられることは無かったが、口の動きで判った。

「笑って」

あなたは、この突然で残酷な死の手向けに必死で笑顔を作った。
それは、悲しみで歪んで涙で濡れてひどく歪なものに違いなかった。
さとりは、あなたのそんな笑顔を見ると、

「ありがとう」

と一つだけ呟いて、その命を遂に手放した。
はじめまして、らすねーると申します。
前書きなんか無視して真顔で読んでくれたあなたも、
前書きどおり笑顔で読んでくれたあなたも、
最後で笑ってくれれば、と思ってこのSSを書きました。

4/28
初投稿ながら、沢山のコメントありがとうございます。
中には手厳しいコメントもありますが、それらも参考にしながら頑張りたいと思います。
誤字を指摘してくれた方、修正しました。そちらもありがとうございます。
らすねーる
http://twitter.com/Lacenaire_ssw
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1100簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
なんだろう、こういうのもあるのかと素直に感心しました。
短いのが残念、もっと読んでいたかったです。
よい作品でした。作者様の今後の成長に期待します。

あと『始めまして』ではなく『初めまして』もしくは『はじめまして』ではないでしょうか
2.100名前が無い程度の能力削除
何かぐいぐい引き込まれていきました
凄いなあ、これ
5.100名前が無い程度の能力削除
短くとも心に残るものがありました。今後の活躍に期待します。
6.90名前が無い程度の能力削除
これはすごい、何かがきた。
7.100名前が無い程度の能力削除
これが二人称小説……!
面白かったです
この短さに詰め込まれたドラマを感じました
8.80名前が無い程度の能力削除
短いのに内容は凄いなあ
10.100名前が無い程度の能力削除
切ないなぁ、死なせたくないなぁ。
13.90名前が無い程度の能力削除
さとりの家族に対する想いと、覚り妖怪としてのプライド
彼女の懺悔を二人称の形で表すとは……凄い

あとこの作品の前後の話を作ってほしいです
良い作品だからこそ、もっと読みたい!
14.100v削除
自分の笑顔が、泣き笑いになって、今度は感涙ですよ……。

そそわに来た貴方を、笑顔で迎えますぞ!
15.90前が無い程度の能力削除
誤字は惜しいですが、おもしろいですね。
しかし、ペンネームがデビルサイダーを連想させて笑ってしまうま
18.80名前が無い程度の能力削除
二人称というのがしっくり来なくてうまく感情移入できませんでした
24.70名前が無い程度の能力削除
二人称とはまた珍しい。
29.50名前が無い程度の能力削除
メタ系小説にする上での
二人称というアイデアがシンプルで高度でしたが、僕は感動できませんでした
ああそうですね、となったので
31.無評価名前が無い程度の能力削除
味気なさすぎる。
32.30名前が無い程度の能力削除
形式は面白いと思います。
が、肝心の内容にあまり引き込まれませんでした。
キャラの死を扱うにしてはあまりにも中途半端な感が拭えません。
34.60コチドリ削除
この作品を創作、投稿する姿勢は買いだ。
しかし、何故か心理テストの設問に見えてくるんですよねぇ。
36.50名前が無い程度の能力削除
このアイデアはもっと昇華できる
39.60ずわいがに削除
ちょいと呆気無さ過ぎましたかね;

しかしなんだろう。俺は今、笑顔だ。
40.90名前が無い程度の能力削除
うっかり真顔で読んでたぜ