Coolier - 新生・東方創想話

水面の紅い月

2010/03/26 13:17:31
最終更新
サイズ
10.91KB
ページ数
1
閲覧数
817
評価数
5/37
POINT
1870
Rate
9.97

分類タグ

 星を眺めて楽しむのに、それはそれはふさわしい夜だった。
 見渡す限り、きらきらした宝石みたいな輝きが広がっている。
 邪魔してくれる群雲は無い。
 外の世界じゃあるまいに、幻想郷の町明かりは慎ましい。
 なにより、自己主張の激しすぎるお月様がいない。
「そもそも月は、地上に一つあれば十分ですよね。お嬢様」
 私……紅美鈴は、ゴマすり混じりにそう言った。
「へつらい台詞のセンスが古いわね」
 案の定と言うべきか、冷たい返事が返ってくる。
 声の主は、羽の生えた小柄な少女だ。私の主……名をレミリア・スカーレットと言う。
 称して曰く“永遠に紅い幼き月”。
 運命を操る程度の能力を持つ吸血鬼。
 地上に居るお月様。
「貸してあげるから、漫画でも読みな」
「それはどうも……って何処で手に入れたんです? そんな物」
「ん? 天狗からせしめた」
「あらまあ」
 なんとなく、妖怪の山方向に敬礼する。心の中で。
 実際に? 目の前で、そんな事出来るわけが無いのは言うまでも無いじゃありませんか。
 と言うか、あちらが嬉々として渡したと言う可能性もある。
 むしろそっちの可能性の方が高いか?
 幻想郷の常識は中々に量り難いし、とか思う。めんどうくさい。
 ので、話題を変える。
「それで、お出かけですか?」
 今の所在は、紅魔館の門前である。
 右の門柱前に私。まあ私は門番だから当然だ。
 そして、左の門柱を背もたれにして、レミリアお嬢様が居る。
 その構図の時点で、すぐに離れる気は無いと、なんとなく分かるんだけど、まあ念の為である。
「いいや」
 あっさり否定する吸血鬼。
 おそるおそるを装って、尋ねてみる。
「もしかして、私の勤務態度の点検ですか?」
「それもある」
「…………」
「…………」
「前、後、右、左。異常なーし!」
「わざとらしい!」
 怒られた。お気に召さなかったらしい。
 やれやれ。
 しょうがないので、真面目に仕事をすることにする。
 普段? 夜は手抜き気味である。何処の馬鹿が、夜中に吸血鬼の住まう館を強襲するというのでしょうか? 居たとしたら、それは不真面目にやってても気がつかざるを得ない手合いか、真面目にやっても気がつけない手合いだから問題は無い。大問題は、門番の問題では無い!
 そんなわけで、門番職の休み時間も、基本は夜にある。
 昼はしっかり仕事をし、夜はゆっくり休息する。
 ああ、なんと人間的な生活だろうか。
 私、妖怪だけど。
「あっはっはっはっは。上手いこと言った」
 自分でも、わけがわからない事を言ってしまったと思った。
 なんだか、左手側からやってくる視線が、冷たいのを通り越して、不安げなものに変わってきたような気がする。
 駄目だこの門番。早く何とかしないと、とか思われちゃってるような。
 不味い。
 大いに不味い。
 何とかしないと。
 何とか。
 まあ頃合か。
 私は、軽く溜息をついた。
 おもむろに口を開く。
「それで、何かあったんですか? お嬢様」
 言って、左手側に眼を向けた。
 白い顔の中の、紅い瞳がこちらを向いている。
「本当は、何かの相談でいらしたんでしょ? 分かりますよ。それくらい」
 眼を逸らさずに、言を継ぐ。
 お嬢様の表情は、むしろ静かだ。落ち着いていると言って良い。こうして見れば、可愛いより、綺麗と言う形容が似合うわね、とか思う。
 それだけに、敢えて言うなら、普段と違う。
 そもそも、普段なら、こんな何も無い……まあ私こと紅美鈴には別の意見があるのだが……門前に、退屈を持て余しているお嬢様が居座るわけが無い。
 何かがあったのだ。
 それが何かは、分からないが。
 見つめ合うことしばし。
 やがて眼を逸らしたのはレミリアお嬢様だった。
 星空を見ながら、口を開く。
「この前、咲夜に袖にされてね」
「へ?」
 失礼千万ではあるが、そんな声が口から漏れた。
 十六夜咲夜。紅魔館のメイド長……もとい完全で瀟洒なメイド長。悪魔の館に住まう唯一の人間にして、どこからどこをどう見ても、心の底から完璧に、レミリア・スカーレットお嬢様に忠誠を誓った従者の鑑。誰が言ったか悪魔の狗。
 その彼女がお嬢様を袖?
 馬鹿な。
 ありえない。
 あるはずがないわ。そんなこと。
 知らず疑問が声になる。
「どんな無理難題を申し付けられたんですか?」
 うん、それこそ失礼な事を言った。
 私は、即刻怒鳴られることを予想した。
 鉄拳の一つも飛んでくることを覚悟した。
 吸血鬼に殴られるのって痛いのよね。
 さあ来るか? もう来るか?
 待つことしばし。
 しかし、鉄拳は来なかった。怒鳴り声すら来なかった。
 来たのは静かな告白だけ。
「無理難題かは分からないね。咲夜も不老不死になってみない? って聞いただけ」
 へ?
 瞬間、空気の重さが数倍に、跳ね上がった。
 ような感じがした。
 ついでに胃の中のものの重みもだ。
 告白はつづく。
「私は一生死ぬ人間ですよ……だって。ああ残念」
 私は、視線を逸らした。湖の方へ眼を向けた。
 星明かりだけではささやか過ぎて、そこに見えるのは闇しかない。
 帽子を外して、頭をかく。
 さて、今の自分のご面相は……あまり想像したくは無い。さぞや間抜けな顔をしていることだろう。
 だって、不意打ちが過ぎるわよ。
 能力、忠誠ともに鉄板なのが十六夜咲夜と言う人間だ。主の覚えもめでたくて、近い将来に紅魔館三人目の吸血鬼になると……すぐに、でないのは、まずはお嬢様に少食を直していただかないといけないから……思っていた。信じていた。疑いもしなかった。
 なんと言う阿呆。
 すぐには思考がまとまらない。
 なんたる不覚。
 追い討ちの言葉がやってくる。
「ねえ、美鈴」
 返事を返す。
「は、はい。お嬢様」
「あなたは分かる? 咲夜の気持ち」
 うん。こんなに頭をつかったのは、えーと百年ぶりくらい?
 その割りに、返した返事はアレである。
「……面目ありません。分かりません」
「やっぱりそうよね」
 普通の人間の気持ちだったら概ね分かるんですけどね、と心の中で続ける。
 なにしろ、私……紅美鈴と言う妖怪は、素の力が弱すぎて、まるで人間みたいだから。だから、普通の人間が、何を欲し、何を願い、何を恐れるかなら、ごくごくあっさり理解できる。誰よりも理解している妖怪だと自信がある。
 しかし、十六夜咲夜と言う人間は、どの点から評しても普通ではない。
 だから、紅美鈴では理解は出来ない。出来ないままに、ただその普通で無い点を尊び、敬い続けてきた。
 理解しようとしないままに。
 そのツケが、回ってきたと言う事だろうか?
 まったく理由が分からない。
 主の憂いに手も足も出ないとは。
 だがしかし……
「……分かりません。分かりませんが、それでも……」
 思ったことを口にする。
「……それでも、私が同じ事を聞かれたら……」
 してしまう。
「……同じ返事をするかもしれません」
 してしまった。
 空気の重さが倍増した。
 重い。重すぎる。当たり前だと思うけれど。
 ええい。こうなったら毒を食らわば皿までだわ。
 今宵に限って、虫の声一つ、吹き抜ける風の音一つ無い沈黙の中を待つ。
 待つ。
 待ち続ける。
 やがて……
「理由」
 ……平板過ぎる声がした。
「聞かせてくれるんでしょ? 紅美鈴」
 そこでフルネームですか? お嬢様。
 ああ、これは真面目に怒っている。照れ隠しや癇癪ではなく怒っている。まったく当然だと思うけれど。
 でもこれは、嘘や繕いで凌ぐことではないと思うのだ。
「……あらかじめ言っておきますが、これは私の理由で、咲夜さんの理由とは多分、別物ですよ」
「かまわない。今はお前に聞いているんだ。我が門番」
 声に、圧倒的な威が篭る。
 知らず私の背筋が伸びる。
「重要なのは長さでは無く密度だと思うからですよ」
 私はこれでも武道家だ。
 そして、武道家と言う者は、ただ会心の一撃のために、何年も何十年も時間を蕩尽して悔いを持たない生き物だ。
 逆に言うなら、その会心の一戦を演じた一時は、何年何十年に等しい価値があると考える生き物である。
 時に刹那は、永遠を容れることが出来る。
 長さでは無く密度と言うのはその点に拠る。
 時間に区切りが無いとしたら、意思を濃くして当たれるだろうか? 当たれないとしたら、その時間の価値はどれほどだろうか?
「祖国に、朝に道を知らば、夕べに死すとも可なり、と言う言葉がありましてね、つまり一日一日、一瞬一瞬を、有意義に使えれば、時間の長さはそれ程の問題では無いかもしれないわけで……」
「なら死ぬか?」
 自分で言うのもなんだが、それほど油断していたわけではない。
 怒っている事は分かっていた。一言一言が、気分を逆撫でしていると感じていた。
 要は、それほど圧倒的だと言うことだ。半端な警戒など役に立たないほど強大と言うことだ。
 吸血鬼……レミリア・スカーレットとは。
「…………」
 気がつけば、私の首はお嬢様の手で掴まれて、私の足は地面と生き別れ。
 そこに宙吊りになっている自分を発見する。
 吹雪のように吹き付ける殺気。
 爛々と輝く紅い瞳に、戯言の気配は無い。
「それで構わないんだろ? 断るかもと言うことは。道を知った? 一日一日とやらを充足させた? 結構。なら死んでも良いんだな?」
「…………」
 うん。これは死ねるわね。
 私は、瞬きの、半分ほどの時間で考えた。
 死ぬ。抵抗しても確実に死ぬ。手持ちの札をどうつかっても死ぬ。
 理解する。
「…………」
 瞬き一つに必要な時間がもう半分。
 その間に、走馬灯を巡らせる。
 黄砂舞う故郷。下手すれば、普通の人間にも負けかねなかった当時の自分。
 省みて、いくらなんでも普通の人間には負けそうに無い今の自分。
 うん、思えば、強くなったものだわ。鍛錬は、無意味でなかった。
 彷徨う昔の私。誇るに足る主を戴く今の自分。
 うんうん。申し分無い。
 まあ出来れば、英雄的な死に方が希望なわけだけど、贅沢を言えば限が無いなんて分かりすぎるほど分かっている。汝、足ることを知れ。そう言う事だ。諫死か……悪くない。諌めてない? 細かいことは気にするな。
 さらに言えば、そもそもの話、欠片ほどでも己が命が惜しいなら、悪魔の館の臣になど、なるはずが無い。
 結論。
「ご随意に。お嬢様。門前を預かってからこの方、命は既に無きものと思っておりましたが故に、改めて覚悟を問われることこそ心外にございます」
 瞬間、天地が一転する。
 おお? 放り投げられた?
 理解したのは、次の一瞬。ただちに、四肢を振り回し、上下を整え着地する。
 同時に、胸に手を当て一礼する。冗談めかして礼を言う。
「ご寛恕、感謝の言葉もございません」
「代わりの門番探すのが面倒なだけよ」
 素っ気の無い返事。ただし、先刻までの平板さは、もはや何処にも残っていない。感情が垣間見えている。
 ええ、そうであってください。お嬢様。そう、それでこそ紅い悪魔。無感情など天使の業です。
 悪い従者の私は、そんなことを思うのだ。
 あ、一応、フォローしておくか。
「でもお嬢様、私の場合職責上、いつ死んでも構わないと言う気構えを固めているわけですけど、それって別に早死にしたいって意味じゃないんですよね」
「…………」
 いや、そこで説得力がねえ……と言う眼しないでください。本気ですってば。
「ですから、死なないために鍛えるし、戦術だって考える。健康にだって気を使いますし、口舌だって弄します。早い話一面では、長生きの努力は惜しまない。ですので、咲夜さんの心中は、先程も言ったとおり本当に分かりません」
 仮説はいくらでもたてれますけどね……ってこりゃ言わない方が良いな。
 素直に謝罪を口にする。
「不甲斐ない仕儀にて、お役に立てず申し訳なく……」
「……じゃあ代わりに聞くけれど……」
 またまた気がつけば……武道家の面目丸潰れだわ……目の前にいるお嬢様。
 のぞき込むように見上げるのは反則だと思う。
 次の言葉も反則だ。
「ずっと一緒に居てくれと、命令したら居てくれる?」
「…………」
 三歩下がる。両手を胸の前で組み合わせ、頭を下げる。
 拱手と言う奴だ。
 そして言う。
「畏れながら、申し上げます。君臣の別を曖昧にするは乱れの素。僭越ではありますが、ソレは、妹様かパチュリー様にお求めになるべきかと。なにとぞこの私には、一事あれば、先ず死ね、と御命じになってください」
 頭の先で溜息が聞こえた。
 続けて、飛び立つ音がする。
 間もなく着地の音。それは門柱の上からした。
 私は拱手を崩さない。
 上から下へ、どうにも苦笑混じりの声がする。
「うちの使用人どもは、どうしてこう我侭な奴ばっかりなんだろうね」
「畏れながら、再び申し上げます。上の成すところ、下これ倣うと申しまして……」
「ああ。諫言うるさい」
 また飛び立つ音がした。
 今度こそ、辺りから気配が消えて失せた。
 思うに、主君と言う存在は、近くに在っても手が届く存在ではいけないと思うのですよ。さながら、水面に写る月の様に。
 私は思った。
 昔、読んだ本に書いてあったから間違いありません。
 拱手を崩す。門前に戻る。
 門柱を背に夜空を見上げる。
 星を眺めて楽しむのに、それはそれはふさわしい夜だった。
 まあそう言う気分でなくなってはいたけれど。
はじめまして。三郎太と申します。
ここまで拙作にお付き合いくださいまして、まことにありがとうございます。
書き始めの主題は、妖怪っぽい美鈴です。
書き終わった時に、なにを思ったかは……兎も角書きあがってよかったわね、と。
失礼いたしました。
ではでは。
三郎太
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1400簡易評価
3.90名前が無い程度の能力削除
良いね~、こーゆーの大好きだ!
でも、美鈴ってそんな弱くないんじゃ?俺、彼女相手に何回もピチュったんだけどw
5.100名前が無い程度の能力削除
強くもなく弱くもなく、自分のイメージ通りの美鈴だなあ。
14.100名前が無い程度の能力削除
二人の関係が長く生きた妖怪同士っぽくて素敵です。
22.無評価三郎太削除
皆様。感想どうもありがとうございました。
やさしい美鈴でもなければ、実は強い美鈴でもない、受けるポイントを外した美鈴なんで、非難轟々を覚悟していたのですが、好意的なご意見いただけて恐縮です。
いや美鈴強いとは思うんです。ただ、お嬢様強過ぎ、と(マテ
後、先天的に強い美鈴さんよりも、努力と根性で強くなった美鈴さんが好きです(マテマテ
27.80ずわいがに削除
受けるポイントを外しただなんてとんでもない。これもまた確かに「紅美鈴」でした。
主を慕いつつも、自己の身分をわきまえてますね。レミさんはそれが嬉しくもあり、寂しくもあるでしょうけどね。
31.100名前が無い程度の能力削除
雰囲気が好きだなあ~
いいお話でした。