Coolier - 新生・東方創想話

海に還れ(妖々夢ネタバレなし)

2003/08/22 11:57:18
最終更新
サイズ
2.21KB
ページ数
1
閲覧数
536
評価数
2/10
POINT
280
Rate
5.55


レティとチルノが海へ寒中水泳に行った。
ところが折り悪く、海は干上がっていて水泳どころではない。
「きっと水を一人占めしてる奴がいるにちがいないわ」
浮き輪を振り回しながら憤慨するチルノ。「取り戻してやる!」
「それがいいわね」と売店で買ったかき氷を食べながらレティ。「海水のない海水浴は寒いから」
しかし手がかりがないので悩んでいると、売店でかき氷を売っている魔法使いがいうには
「紅魔館の主が、妖怪だらけの水泳大会をやるらしいぜ」
それだ、とレティとチルノは合点した。ふたりは水着姿のまま、まっしぐらに紅魔館へむかった。



紅魔館は水没していた。
「おや」書斎で泳いでいた小悪魔は、たいへんな勢いで水面を突き進んでくる影を見とがめた。「水泳大会の参加者ですか」
否、と答えたのはレティとチルノのうちのチルノ。「水を取り戻しにきたのよ」
それは困りますね、と小悪魔は小首を傾げた。ともに傾く頭の翼。
「まだ水泳大会が終わっていないのですよ。これが終わらないと、お嬢様は旗を振れないので」
「旗?」
「参加者は紅白組と黒組に分かれていて、どちらが勝ったかはお嬢様の挙げる旗で判断されるのです。お嬢様はたいへん旗を挙げたがっていまして、つまりは、そのためだけにこの水泳大会がもよおされたわけで」
とんでもない話だ、チルノは頭から凍気を吹き出した。「わがままにもほどがあるわ」
なんとしても、とレティもいった。「水を還してもらわないと」
やれやれ、と小悪魔は頭の翼をすくめた。「むこうみずな人たちですね」



小悪魔を撃退したレティとチルノは水泳大会の会場へやってきた。
大広間にはいちめんに水が張っており、水面じゅうに妖怪どもがひしめいている。
ちょうど歌謡ショウの時間で、メイド長がモップがわりにマイクを握っていた。

♪私はいいメイド 従えごこちのいいメイド
 とても気がつく 気がまわる まわるまわるの・ル・ラ・ラ(ハイ!)
 でもね哀しいときもある 時は止められても 涙は止められなくて
 勇気の呪文は 斬る切るキルKILL 「殺人ド~ル」

「さあ、その下手くそな歌をやめて、勝手に集めた水を還して頂戴」
レティの言葉にメイド長は大いに怒り、
「水泳大会の前に、あの冷凍食品どもを解凍しておしまい」
と集まっている妖怪どもに命じた。津波のように押し寄せてくる妖怪たち。
「数が多い!」チルノが狼狽気味にいった。「手間取りそうだ」
「しかし」とレティはあわてずさわがず、「水が戦場なら私たちが有利よ」
寒気一閃。
水が瞬時に凍結、妖怪どもは身動きできなくなった。
「紅白」
お嬢様が旗を挙げた。
黒よりは、紅白のほうが好きだったのである。
妖々夢プレイ中…なのにけっきょくレティチルネタというあたりがどうにも。
STR
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.220簡易評価
1.50nanasi削除
レティチル主人公の東方がプレイしたくなるー。
2.10菜梨削除
さりげなくもない4面中ボスの