Coolier - 新生・東方創想話ジェネリック

サンセット

2019/07/09 07:09:09
最終更新
サイズ
1.3KB
ページ数
1

分類タグ

 









 あたいは夕陽が大嫌い。
 だって、あたいの大好きな人を奪っちゃうから。

 あたいの大好きな人は、黒い翼が格好良くて、あたいなんかよりもずっと頭が良くて、なにより、あたいみたいな妖精なんかでも優しいの。
 その人のこと、いつ好きになったかなんて覚えてない。けど、あたいのことをちゃんと見てくれている人なんだなって、感じた時からなのは覚えてる。
 みんなが聞き流すようなお話も、興味を持って聞いてくれる。あたいが不機嫌なときも、いつもと変わらずに接してくれる。あたいが弾幕ごっこで勝ったときは、一緒に喜んでくれて頭を撫でてくれる。そんな人。


 今日も夕陽がやって来た。大好きな人の隣に、大嫌いな夕陽は居た。
 またね、と頭を撫でてくれた。あたいの大好きな人が、あたいに背を向けた。
 次はいつ会えるの、って聞いた。そしたら一週間は無理かもね、って言われたんだ。

 今日こそ「行かないで」って言う前に、大きく翼が広がって、大好きな人は空に飛んだ。
 待って、と手を伸ばしたけれど、夕陽が強く輝いて、捕まえたのは光だけだった。
 大好きな人の影を追ったけど、急に暗くなって、見えてたはずの影が見えなくなっちゃった。
 きっと、大嫌いな夕陽が、あたいの大好きな人を奪ったんだ。

 返して、と夕陽に言っても、言う通りに聞いてくれない。いつもそうだ。
 だから諦めて、お祈りするしかないって、知ってるの。


 ……ねぇ、お天道様。また日は昇るかな。









 ―
 
---

https://twitter.com/hatsuca79
はつかねずみ
コメント



1.奇声を発する程度の能力削除
雰囲気が良かったです